TOP > > 女性も油断すればメタボになる!ストレスなくメタボを解消する方法

女性も油断すればメタボになる!ストレスなくメタボを解消する方法

メタボリックシンドロームが注目され始めた当初、それを紹介したり実際の状態と比較するとき男性が登場する事が多かったので、どうしてもメタボと聞くと男性に多いものだと考えてしまいます。

しかし女性もメタボには注意が必要です。個人差もありますが体の構造上、女性は男性と比べると脂肪がつきやすいので、自分は大丈夫と思っていたのに調べてみたらメタボだったという事も珍しくなくなっています。

メタボの見分け方

メタボはただお腹がぽっこりするだけではなく、健康にも影響を与え様々な病気の原因になる事もあります。さらにメタボは中年がなりやすいと思われていますが、今は食生活の欧米化などの影響で、子供や若い世代でもメタボは存在していると言われています。

見分け方についてですが、ウエストサイズである程度判断できます。

サイズを測るときはおヘソのラインで測りますが、男性は85センチ以上、女性は90センチ以上の場合メタボのボーダーラインとされているので、一度測ってみてください。ただし身長や体格などもあるので数字だけですべて判断できるものではありません。

他にも中性脂肪の高い人、血圧や血糖値が高い人はメタボのリスクも高くなるので、一度病院で検査する事をおすすめします。

女性のための簡単メタボ解消法

メタボを解消するには運動が一番です。でも今までほとんど体を動かしていなかった人に、今日から運動を始めなさいといってもそう簡単ではありません。体もそれなりに重くなっているので、急に運動をしたとしても筋や筋肉や関節を痛めてしまうので、運動をする場合は十分に注意しましょう。

こういうときダイエットも効果的ですが、食事制限はストレスがたまりますし、栄養バランスも悪くなったりと自己流ではかえって逆効果になる事もあります。だたし今の生活を続けている以上、メタボは解消できませんので、ちょっとだけ食事内容の見直しと、生活の中に工夫を取り入れてみましょう。

食事にはこんにゃくや寒天やお麩を取り入れる事で、お腹いっぱい食べているのに摂取カロリーを大幅に減らす事ができます。

料理に使う油もオリーブオイルや亜麻仁油に変えるだけでカロリーを減らす事ができますし、脂肪の吸収を抑える事もできるからストレスなくダイエットできます。

ただし食べた以上は多少なりともカロリーを摂取しているので、ちょっとだけ消費カロリーを増やす工夫も取り入れましょう。

例えばリラクゼーションの時間、ソファに寝転がりながらテレビや読書もいいものですが、これを背もたれのないスツールやバランスボールに変えるだけでOKです。これだけでもソファに寝転がっているときよりも消費カロリーは増えています。

息をするときも1分だけでいいから、お腹を大きく凹ませ息を吸い、吐くときはお腹をめいっぱい使ってみましょう。空気をいっぱい吸い込めば体内に酸素を取り込めますので、代謝アップにもつながります。深呼吸をするだけで頭もスッキリするので気分も良くなります。

腹式呼吸をする事で辛い腹筋運動やエクササイズをしなくとも、少しずつ内側の筋肉を鍛える事ができますので、わざわざヨガやピラティスに通わなくても自宅で簡単にできてしまいますね。

ここまで紹介した方法なら早速今からでも実践できますし、ストレスを感じる事なく取り入れる事ができるはずです。最初から無理をするとほぼ長続きせず、途中で挫折してしまいます。

健康になるためのダイエットも、ストレスを感じる方法では効果も出ずリバウンドの原因となり、メタボのリスクも高めてしまいますので、最初から無理をせず自分のできる範囲でスタートしてみてください。

慣れて来たら時間を少しずつ延長してもいいし、毎日続けて習慣にできればいつの間にかメタボも解消されているかもしれませんね。定期的にサイズや体重を計っていけばモチベーションも保てるのでオススメですよ。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る