TOP > > 良い汗と悪い汗の違いとは?夏の汗を上手にコントロールする方法

良い汗と悪い汗の違いとは?夏の汗を上手にコントロールする方法

発汗のメカニズム

私達は1日に1リットル近くの汗をかきます。さらに運動などをするともっと多くの汗をかきます。なぜ私達は汗をかくのでしょうか。汗は私達が生きていく上でとても重要な役割を持っています。

汗というのは皮膚にある汗腺から分泌される液体です。血液中の血漿から濾過されたものが汗になります。その成分は99%が水で微量のミネラル、乳酸塩、尿素などが含まれます。舐めるとしょっぱいことで分かるようにナトリウムが含まれています。

汗の役割は体温調節です。体温は上昇しすぎると高熱によって脳に障害を起こし危険な状態になるので、私達恒温動物には体温を調節して体温を一定に保つ機能が備わっています。

ヒトの場合は、脳の視床下部にある体温調節中枢によって体温が36~37度くらいに保たれています。寒いと体温調節中枢が体温を上げるように指令を出し、震えによって体温を作り出します。

逆に暑いと皮膚の血管を拡張させて皮膚から熱を発散させたり、汗を出して蒸散させることで体温を下げようとします。気温や体温が高くなるほど発汗量が増えます。

「汗=におう」ではない?

汗をかくことはとても大切なことですが、発汗は私達の生活にとって厄介な存在になる場合もあります。汗のにおい、衣類の汗ジミ、化粧崩れ、ベタつきなどです。特に汗のにおいは多くの人がエチケットとして気にしているものです。

汗はクサい、というイメージがありますが、実は全ての汗がにおうわけではありません。汗がにおう原因は繁殖した雑菌です。汗自体は悪臭はありませんが汗に含まれるミネラルが多い場合に雑菌が繁殖しやすくにおいが発生してしまうのです。

理想的な汗はミネラルが少なくサラッとした小粒の汗です。においが出にくく皮膚から蒸散しやすいので効率良く体温を下げるメリットがあります。逆に悪い汗は、ミネラルが多く含まれベタベタしています。

においが出やすいだけでなく、ベタベタして汗が蒸散しにくい、体に必要なミネラルが過剰に奪われてしまう、といったデメリットもあります。大粒の汗がダラダラ出るのが特徴です。ではなぜこのように「良い汗」と「悪い汗」の違いがあるのでしょうか。

良い汗をかく人と悪い汗をかく人の違い

良い汗がかける人というのは発汗がスムーズに行われている状態です。悪い汗をかく人は汗腺が衰えているために濾過したミネラルを血液中に戻すことができずミネラルが多い汗をかいてしまうのです。

汗腺の衰えの原因は普段汗をかかない生活です。汗というのは血管から取り込んだ水分からミネラルを再び血液に戻して作られますが、汗腺が衰えているとミネラルを血液にスムーズに戻すことができず汗に含まれてしまうのです。

良い汗がかける人は日ごろから運動などで汗をかいている人に多いです。悪い汗をかく人も、もっと汗をかくように心がけると良い汗がかけるようになります。

良い汗をかくためには

悪い汗を改善することは比較的容易です。意識して汗をかく機会を増やし、継続していくことで汗腺の機能が高まります。それには運動、入浴、岩盤浴が効果的です。

中でも運動が効果的で、1日30分のジョギングを1週間行うとかなり改善の効果があります。運動以外では膝から下と肘から先をぬるめのお湯に漬ける半身浴がおすすめです。

汗をかく時の注意

梅雨~夏は暑さにより熱中症にかかりやすいです。熱中症は発汗による水分やミネラル不足が原因です。また体温調節の機能が低下している高齢者もかかりやすいです。

汗をダラダラかくのが差し支えるからと言って水分を控えることは禁物です。また水分を多く摂っても控えても発汗量には影響しません。運動時は特に水分摂取は重要です。激しい運動をすると1時間に1~2リットルもの汗をかくとされているからです。

熱中症対策といっても夏にエアコンの効いた部屋にずっといると、汗をかく機会が減るので汗腺の機能が低下してしまいます。このような人が急に炎天下など猛暑にさらされると、悪い汗をだらだらかくことによって大量の水分とミネラルが失われやすくなり熱中症にかかりやすくなります。

高温高湿、炎天下の環境での運動は熱中症予防のために控えなければなりませんが、適度な汗をかくためにエアコンの使用は適温で必要な時だけ、朝夕の涼しい時に無理をしない程度に運動を行うのがおすすめです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る