TOP > > 帯状疱疹の痛みはどうする?3つの方法で痛み対策!

帯状疱疹の痛みはどうする?3つの方法で痛み対策!

帯状疱疹にかかると、皮膚の痛みを強く訴える人が多いです。皮膚の痛みが強いと、何も手につかなくなりますし、何よりとってもしんどいですよね。そこで、帯状疱疹の痛みを緩和する方法を3つご紹介します!

幹部を圧迫する!

帯状疱疹は、水泡性の発疹が出来る病気です。発疹は、時間の経過とともに必ず治ると言われています。しかし、問題なのは帯状疱疹による痛みです。帯状疱疹による痛みは、人によって異なります。

ひどい人は、起き上るのもつらいくらい痛むことがあります。こういった時の応急処置として、「患部を圧迫する」と言う方法があります。痛みを感じる部位を指で圧迫する事で、痛みが和らぐことがあります。帯状疱疹によって、痛みを感じた時には、圧迫してみましょう。もしかしたら、痛みが和らぐかもしれません。

温めて痛みを緩和しましょう!

帯状疱疹の痛み緩和法に、温めると言う方法があります。43℃前後で患部を温める事で、痛みが緩和されることが多いです。では、どのように温めたらよいのでしょうか?それは、お風呂に入ってもいいですし、蒸しタオルで温めても同様の効果が得られます。

ただし、患部にほてりがある場合は、この温めるという方法はよくありません。ほてりを伴う発疹の場合は、まずは患部を冷やした方が、痛みが早く和らぎます。ですから、発疹の状態をみて温めるか、冷やすのかを決めてください。

薬で痛みを緩和!

帯状疱疹の痛みは、とても強いと言われています。ですから、冷やしたり温めたりいろいろしても、それほど効果を感じられない場合もあります。そうなると、やはり病院で薬をもらう事が、痛みを緩和させる最も近道と言えます。

病院に行くと、一人ひとりの症状に合った薬が処方されます。ドクターに強い痛みがある事を訴えて、痛みを和らげる薬を処方してもらいましょう。病院の薬は即効性が高いものが多いので、早めに痛みが緩和される可能性が高いです。

このように、帯状疱疹で痛みが出た場合は、患部の圧迫、温める、病院で薬をもらうと言う方法で痛みを和らげて下さい。ただ、帯状疱疹は合併症のリスクもありますので、とりあえず早めに病院に行くことがお勧めですよ!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る