TOP > > 間違えないで!「プレ更年期障害」と「更年期障害」はここが違う

間違えないで!「プレ更年期障害」と「更年期障害」はここが違う

あなたは、「更年期って、早い人だと20代でも始まる病気なんだって」なんて聞いた事ないですか?でもそれはちょっと違います。「更年期障害」はよく聞く病名ですが、今それに似た症状を訴える女性が増えています。

更年期とは主に閉経前後40代過ぎの女性の病気ですが、最近になって、男性でも発症する事がわかってきました。でも、更年期にほど遠い20代から30代でも、同じ症状で悩む女性がいます。これがプレ更年期障害です。

プレ更年期障害ってどんな病気なの?

この病気は、症状など更年期障害とほとんど変わらないのですが、更年期障害とは違います。ただ、あまりにも症状が似ているため、こう呼ばれています。しかしながら、これは正式な病名ではありません。

更年期障害は、卵巣機能が年と共に低下して、ホルモンの分泌が減ることでおこるのですが、プレ更年期障害は、20代から30代の、ホルモン分泌の量がまだまだ多い時期におこります。

主な症状と原因は?

頭痛・慢性疲労・顔のほてり・めまい・不眠・イライラ・怒りっぽくなる など更年期障害と同じです。20代から30代と言えば、結婚・出産・育児など女性にとって重要なイベントがある時期でもあります。

それによって、生活習慣や環境などに変化があるので、ストレスも多くなります。このストレスなどが大きな原因の1つと言えます。また、不規則な生活や偏った食生活にも原因があります。

どうしたら治るの?

若い女性に多い、食生活の偏り・生活習慣を改善する事でかなり良くなる場合もあります。インスタント食品にばかり頼ったり、外食が多いと、ビタミン・ミネラル・食物繊維が不足し、自律神経に不調が出てきます。

自律神経の不調は、更年期障害の代表的な症状ですが、外部から受けるストレスによっても起こります。ストレスは現代社会において完全に排除できない物なので、なるべくため込まないように、適度に発散するよう心がけましょう。

中でも、育児によるストレスは、長期にわたって続くものですから、時には知人や家族に任せて、自由な時間を持ち、気分転換しましょう。

また、過労も原因の1つなので、疲れをため込まない事も重要です。赤ちゃんの夜泣きなどで、十分な睡眠がとれない時などは、手の空いた時間になるべく休むようにします。

薬は効果があるの?

更年期障害のように、女性ホルモンの減少によるものでないため、不足したホルモンを補うといった治療をしても、効果は期待できません。ただ、過剰なストレスが長期にわたって続くと、自律神経に不調が出ます。場合によっては、ホルモンの分泌機能に影響が出た場合のみ、薬や漢方薬を使用する事もあります。

漢方薬の中には、様々な症状を改善するものがあるので、試してみるのもいいでしょう。漢方薬は、薬局で購入する事も出来ますが、今は保険の対象になるので、かかりつけの医師と相談して処方してもらうといいでしょう。

独身の若い女性の場合、生活習慣や食生活の改善によって良くなったという人も多くいるので、薬に頼る前に、まず自分の生活のパターンを見直し、問題点を改善すると事から始めましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る