TOP > > 抜いた方が良いの?親知らずを放っておくことでもたらす体への影響

抜いた方が良いの?親知らずを放っておくことでもたらす体への影響

忘れた頃に生えてくる親知らず

歯医者に行って虫歯を治療している時に、「親知らずが生えていますね。抜きましょうか。」と言われて「エッ?!親知らず?」と思ったことはありませんか?人間の歯は通常だと上下合わせて28本です。

二十歳を過ぎた頃に、一番奥から無理矢理出てきた歯があり、自分の歯がもし上下数えて29本以上あったら、間違いなく親知らずが生えています。チンパンジーやゴリラは、歯が上下合わせて32本あります。

その仲間である人間の歯も32本が本来の姿なのだそうですが、元々噛むのにあまり必要な歯ではなかったらしく、現代人では退化してしまって生えない人も多いのですが、逆に若い人でも上下左右ともに合計4本、しっかり生えてくる人もいます。

親知らずの何がいけないのか

親知らずは前述したように、永久歯が生え揃ってから無理矢理生えてくるので、ほとんどの場合、まっすぐ生えてきません。曲がって生えたり、真横になっていたり、上の部分がほんの少し出ているだけ、なんていう生え方もあります。

こういう生え方をするため、すぐに虫歯にやりやすく、また隣接する歯肉にも影響を及ぼして腫れたりします。ひどくなると口が開かなくなったりして、炎症があごの部分にまでいってしまい、さらには内臓や心臓へと感染が進んでしまうことがあるそうです。

また、急に生えた親知らずのために、噛み合わせが悪くなり、顎関節症や肩こりを起こす人もいます。さらに親知らずは食べ物を良く噛む奥歯のさらに奥にあるので、歯ブラシも届きにくく不衛生になりがちです。そのために口臭の原因になることもあるのです。

やっぱり抜いてしまった方が良い?

もしあなたの親知らずが、きちんと他の歯と同じように生えていて機能しており、歯磨きも申し分無く常に口の中が清潔に保たれていれば、抜く必要はありませんが、ほとんど100%近くそんなに素晴らしい親知らずは無いと思って良いでしょう。

ただし、親知らずを抜く時は、口の中のダメージが大きいのも事実です。上の親知らずよりも、下の親知らずを抜いた時の方が抜歯後しばらくはつらく、喉まで痛くなったりします。

しかも多くの場合切開しなくてはならず、そういったこともあり親知らずを抜くことを躊躇してしまっている人は多いようです。親知らずが気になる人は、一度口腔内の健康診断も兼ねて歯科医に相談してみてはどうでしょうか。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る