TOP > > 気になる喉の異物感!案外知らない原因に更年期障害がある!?

気になる喉の異物感!案外知らない原因に更年期障害がある!?

喉に感じる異物感が気になって仕方がない。こんな状態に悩んでいる人が結構いらっしゃるみたいです。中年以降の人に多くみられ、とりわけ女性に多いようです。

初めは違和感だけでも、人によっては唾を飲み込むことさえ辛い状態になる場合もあり、喉が狭くなったような感覚を覚えることもあるようです。

ここまで来くるとさすがに、病院へかかる人もいるのですが、「検査結果は異状なし」ということが多くあり、じゃあいったいなんで?とさらに悩んでしまう女性がいることも事実なのです。

違和感は、「喉が渇く」という感覚となって襲ってくることもあります。咳が出やすくなり、乾いた咳が続いてしまう。

咳は突然始まるので、外出するのをためらってしまう。そんな女性も多く、ストレスの素になってしまっていることがあります。この喉の違和感の原因を知って、上手に対処できるようになりましょう。

喉の違和感

おおむね、40代後半ぐらいからこの症状を訴える女性が増えてきます。その症状は、喉の渇き・異物感・喉の奥が狭くなった感じ などが主なもので、大抵は、痛みにまで発展しないのですが、まれに唾を飲み込むのにも辛い状態になってしまう人がいます。

喉が渇く感覚は、糖尿病からも起きてきますが、いずれにしても放置して置きたく無い症状です。違和感の解消のためにひっきりなしに水を飲んでいると、水中毒になりかねませんし、何より健康に害を及ぼす確率も上がります。

もし、喉の違和感から水分の摂取量が増えてしまっていると感じているのなら、このまま放置はせずに病院(内科・耳鼻咽喉科)へ行くことをおススメします。

なんとなく、食べたものが引っ掛かる感じがしたり、ちょっとしたことで気管に入ってしまう感じがしたり、唾を飲み込むと異物感があるのなら、ひどくならないうちに是非対処されることをおススメします。

原因とは?

40代後半からの時期と言えば、女性が避けて通れない「更年期」にあたる時期と重なります。そうです。この喉の違和感は「更年期障害」の症状なのです。

口での呼吸が増えてくると、喉の粘膜が乾燥しやすくなることはご存じだと思います。更年期になると知らず知らずのうちに、口呼吸をしてしまう回数が増えてくるらしく、喉の粘膜を自分で乾燥させてしまうようです。

口呼吸をしてしまう原因が、首回りや肩にかけての筋肉の衰え・こわばりだと言われていますので、自分が口呼吸をしていることに気が付いたなら、そのあたりの筋肉を鍛えることも症状を軽減する大切なポイントになると思われます。

さあ対処しよう

喉の違和感は、ストレスからくる場合もあります。「気になって仕方がない」という感情が、さらに症状を悪化させてしまうこともあるのです。特に、男性の喉の違和感は、ストレスが原因になっていることが多いようです。

唾を飲み込むことが痛みを引き起こす場合、無意識に水を摂取していると思います。前述もしましたが、水分の過剰摂取はおススメできません。喉の乾燥が痛みを引き起こしているのならば、思い切って唾をたくさん分泌させてみましょう。喉に刺激を与えない程度に、梅干しやレモンを摂ってみてはいかがでしょうか?

勿論、医師の処方を受けていないのなら、市販のサプリで対処するのも一つの方法です。大豆イソフラボンやビタミンEなどをサプリから摂取することは効果的だと思われます。ローヤルゼリーもおススメの一つです。

漢方薬にも効果がうたわれているものがありますが、漢方薬は合う・合わないがはっきりしてくるので効果が無いこともまれにあるようです。自分に合った方法を早く見つけることが、軽減のための大切なポイントです。

最後に、注意して欲しいことが一つあります。この喉の違和感は「食道がん」という病気でも起きてくる場合があるのです。自己判断はせずに、少しでも気になったなら、診察を受けてくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る