TOP > > 水とムコ多糖類が更年期障害の対策に!乗り切るための食事に是非!

水とムコ多糖類が更年期障害の対策に!乗り切るための食事に是非!

更年期障害に悩まれる方、多いと思います。病院へ行っても身体上の異常は発見されず、治療法もないまま悩み続けているのではないでしょうか?更年期障害では様々な症状が出る様ですが、肌荒れ、肌のかゆみ、喉や目の違和感などもあると思います。

そのような症状は、細胞間で水分を保つ働きをするムコ多糖類の減少が原因です。加齢とともに体内におけるムコ多糖類の合成力が衰え、不足しがちになります。その為日々の食事で補給していく必要があるのです。

ムコ多糖類と水の関係

更年期障害の対策として必要な事は、様々な老化現象を抑える為に細胞を活性化させる事です。その為に良質な水分を摂る必要があります。アルカリイオン水等が非常に効果的な様です。

そしてその水分を細胞から逃がさない様に、ムコ多糖類の摂取が必要になります。

ムコ多糖類はどのような食品に含まれるのか・・・

ムコ多糖類を多く含む食品は、牛・豚・鳥の軟骨、ウナギ、カレイ、魚のヒレ。野菜では山芋、サトイモ、ジュンサイ、納豆などです。日ごろから積極的に摂る必要がありますが、軟骨にしてもウナギにしても比較的高カロリーな物が多い事が悩みの種です。

またムコ多糖類は熱に弱い特徴があり、その部分も問題です。カロリーや熱に弱い部分を考えると、山芋やジュンサイ、納豆など植物系から摂取する事が理想かもしれません。またサプリメントを上手く活用する事も一つの方法です。

水はどのように摂るのが理想か・・・

さて、ムコ多糖類同様重要な水ですが、どのように摂る事が良いでしょう・・・。やはり水はいっぺんに飲むのより、少しずつゆっくり飲んでいく事がより吸収に良い様です。一気に飲む事は体への負担にもなります。

水を一日何リッター摂らなければいけない・・・そう思うとプレッシャーになりますよね・・・。目安は1.5リットルと言われています。それを目安にボチボチ飲んでいただければ良いと思います。

食事からも水分は補給できます。今日水を飲んでいない!とあまり強迫観念にとらわれず、余裕を持っていただきたいと思います。

水に関しては、やはり通常の水道水よりもアルカリイオン水や水素水等の方が効果は高いです。水道水は残留塩素やトリハロメタンの問題もあり、やはり出来る事ならより良い水を一日10回ぐらいに分けて摂取する事をお勧めします。

あきらめないで!!

更年期・・・年齢だからとあきらめず、言い方は悪いのですが、あがいてみましょう。ムコ多糖類と水分を摂り、皮膚や粘膜の乾燥を防ぐ事は単に老化を防ぐだけでなく、ガンや生活習慣病の予防にもなります。あきらめないで頑張りましょうね!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る