TOP > > 頭痛や肩こりの原因は日常生活にあった!大丈夫ですか貴方の枕は

頭痛や肩こりの原因は日常生活にあった!大丈夫ですか貴方の枕は

「頭がズキズキ痛い」「首が固まって動かない」

朝起きたらこの様な症状になっていた、と言うことありませんか?ほとんどの方がこの様な経験をされていると思います。一概には原因は推測できませんが、疲れ、寝不足、低血圧、寝違いなどが考えられ、自分に合わない枕を使用していることも大きな要因なのです。

頭痛にはどのようなタイプがあるのでしょうか

頭痛は片頭痛や緊張頭痛、群発頭痛など様々な症状がありますが、大きく分けて血管性頭痛と筋肉緊張性頭痛があります。

血管性の頭痛はこめかみや頭の片側が「ドクンドクン」と脈打つ感じで痛むのが特徴で、筋肉緊張性の頭痛は首や肩のコリを伴う痛みで目の奥の痛みも特徴の一つです。この中で筋肉緊張性の頭痛は私達の睡眠と深く関わりがあります。

睡眠と頭痛の因果関係を探る

筋肉緊張性の頭痛は、首や肩の筋肉組織が緊張状態から開放されないために発症すると思われています。筋肉は緊張状態にある時、その血管は収縮しており血流は減る要因になります。

首の中には脳につながる重要な血管や神経が詰まっており、筋肉の緊張により脳への血流が悪くなります。さらに、神経も圧迫されるために、頭痛や疲労、めまいなどの症状が現れてきます。

本来、睡眠時には副交感神経が優位であり筋肉の緩和がされている状態ですが、睡眠の仕方によっては筋肉の緊張状態を一晩中させてしまうこともあり、それが起床時の体調不良へとつながるのです。

枕により首の筋肉が緊張する原因

人間の身体は本来大切な部分を自然に守る機能が備わっており、睡眠中も無意識に行うことがあります。寝返りなどはその例で、一定の姿勢で寝ていると血液の循環が悪くなったりします。それを無意識に予防しているのです。

自分に合わない枕を使用していると、睡眠時の姿勢が一定せずに寝返りが多くなります。これも圧迫された首を守るための防御反応とも考えられます。この結果、睡眠時においても首の筋肉の緊張状態が続き、首コリや肩コリの原因に発展してしまいます。

自律神経と睡眠の影響について

睡眠は私達の身体にある自律神経が大きく関わっています。自律神経は交感神経と副交感神経が切り替わる形で、バランスが保たれており、交感神経は人間の活動時や怒り、不安などのストレス時に優位に立ち、リラックス時には副交感神経に切り替わります。

交感神経が優位にある身体は緊張状態にあるために血管や筋肉の収縮が見られ、反対に副交感神経が優位の場合は筋肉の緩みが見られます。本来、睡眠は副交感神経が優位であり、筋肉は緩和状態になければいけません。誤った枕の選択により、自律神経の働きにも悪影響が出てくるのです。

高さのある枕が問題なのはなぜでしょうか

高さがある枕を使用した場合、頭が上がってしまい首が前に伸ばされます。ある意味ストレッチのようで、気持ち良いと感じるかもしれません。しかし、この状態は首や一部の肩の筋肉を緊張させている姿勢になり、長時間この姿勢では様々な悪影響が出てきます。

曲げられた首は神経をも圧迫してしまう可能性がありますので、身体は緊張状態から抜けることはないでしょう。結局、身体の防御反応により寝返りなどで安眠出来ないだけではなく、首の筋肉損傷から頭痛へと発展してしまいます。

柔らかい枕が問題なのはどこに原因があるのですか

柔らかい枕は高級感があって気持ちの良いものです。しかし、柔らかい枕は本来の役目を果たすことは出来ていません。枕には睡眠時に頭を保護する役目があり、それは頭を固定すると言うことです。柔らかい枕で睡眠に入った場合、頭はゆらゆらして一定の位置で固定されません。

その状態では首や肩の筋肉は緊張状態にあり、頭を支え続けようとします。そのために寝返りを行ったり、寝付けない状況が生まれます。筋肉を緩和させる睡眠を得るためには、頭をある程度の固定が出来る枕を使用する必要があります。そのためには必要以上に柔らかい枕はオススメできません。

肩コリ、頭痛のない身体に優しい枕を考えてみる

睡眠時に理想的な姿勢は、立ってまっすぐ前を向いた状態をそのまま仰向けにした姿勢と言えます。つまり寝ている姿勢において、横から見た時に立っている姿勢を再現できればベストなのです。

そのためには、頚椎(首の骨)の後ろの窪みを埋める枕が適当だと思います。枕は頭にするのではなく首を中心とした枕が身体に優しい枕と言えるのです。あまり高さのない薄い枕では寝つきが悪いこともありますが、その上にバスタオルを巻いて作ったタオル棒を首の窪み部分入れると効果的と思います。

自分に合った枕を探すのは難しいと思います。しかし、せっかくの睡眠、頭痛や肩コリで起床するのはもったいないです。色々と考えてみたらいかがでしょうか。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る