TOP > > 更年期障害の恐怖!更年期が原因で起こる病気と予防法について

更年期障害の恐怖!更年期が原因で起こる病気と予防法について

更年期障害は、女性の多くがかかる症状です。ホルモンバランスが急激に崩れる事が原因となり、めまい、イライラ、腹痛、焦燥感など多くの不定愁訴(ふていしゅうそ)が現れます。

症状は人それぞれで、軽度な人もいますし、日常生活を送るのが困難になるほど重症化する人もいます。たしかにイライラやめまいなどは本当にしんどい症状ですよね。ただ、更年期障害の本当の恐怖は、こういった不定愁訴だけではありません。

実は、もっと重篤な病気の引き金になる事が知られているのです。そこで今回は、更年期障害がきっかけで発症のリスクが高まる病気についてご紹介していきます。

こんなにあった!?更年期障害が原因でリスクが高まる病気

更年期障害は、原因不明の体調不良に見舞われることが多く、かかった人にしかわからないつらさがあります。しかしそういった辛さよりも更に恐ろしいのが、重篤な病気の引き金になる事です。

ではいったいどんな病気の引き金となるのでしょうか?実は、高血圧、動脈硬化、高脂血症、骨粗しょう症などです。高血圧、動脈硬化、高脂血症は、脳卒中や脳梗塞、心筋梗塞などのリスクを高める症状です。

そして骨粗しょう症は、骨が弱くなり重症化すると、くしゃみをするだけでも骨が折れてしまいます。現代の日本では、寝たきりになる原因№1が骨粗しょう症だと言われています。ですから、どれも本当に恐ろしい病気ばかりですよね。

こういった深刻な病気の引き金になる事がある更年期障害。本当に恐ろしいです。ですから、更年期障害を予防して、こういった恐怖の病にかからないようにしましょう。

更年期障害の予防方法について

更年期障害は、本当に恐ろしいです。そこで更年期障害をしっかり予防しておくことが大切になります。でもどうすれば更年期障害の予防が出来るのでしょうか?主に3つの方法があります。

まず1つ目は、食生活の改善です。仕事や子育てで忙しい毎日を送っていると、どうしても食生活が乱れてしまいがちです。加工食品や外食が中心になってしまう事もありますよね。

しかし、更年期障害予防には食生活の改善が欠かせません。鉄分、ビタミン、カルシウム、大豆食品などを積極的に摂取してください。そうする事で、更年期を予防する事ができます!

続いて2つ目の更年期予防法は、ストレスを溜めない事です。ストレスは万病の元と言われていますよね。実は更年期障害にとっても、ストレスは大敵です。ストレスがかかると、ホルモンバランスが乱れてしまいます。

ホルモンバランスの乱れは、更年期障害を重症化させてしまいます。ですから、なるべくストレスを溜めないよう、うまく発散させるすべを見つけてください!

最後に3つ目は、エストロゲンの補充です。エストロゲンとは、女性ホルモンの一種です。このエストロゲンが減少する事が原因で、更年期障害がおこると言われています。ですから、エストロゲンを補充する事は、とっても大切なんですよ。

でもどうすればエストロゲンを補う事が出来るのでしょうか?エストロゲンは、病院のホルモン補充治療などで補充する事ができます。ただし、ホルモン治療にはそれなりのリスクも伴うと言われています。

そこでお勧めしたいのが大豆イソフラボンです。大豆イソフラボンとは、大豆に含まれている成分でエストロゲンに良く似た働きをします。つまり大豆イソフラボンを摂取する事で、更年期障害の予防につながるのです。

大豆イソフラボンは、大豆製品に多く含まれています。ですから、大豆製品を積極的に摂取してください。またサプリメントも販売されており人気を集めています。ただサプリメントの場合は、飲みすぎて過剰摂取になる危険性もありますので、1日の摂取量を守って服用してくださいね!

更年期障害は、高血圧、動脈硬化、高脂血症、骨粗しょう症など恐ろしい病気の引き金になる事があります。ですから、しっかり予防をしておくことが大切なのです!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る