TOP > > 更年期のホルモンアンバランス緩和に必要なもの、答えはマカ

更年期のホルモンアンバランス緩和に必要なもの、答えはマカ

男女、年齢問わず更年期対策

男女を問わずホルモン分泌量は年齢と共に変化をします。閉経前後の女性に共通した特有の状態が現れる一時期があり、それを指して更年期と言います。卵巣機能の低下によりエストロゲンを作り出す能力が低くなることに起因し、閉経前は卵巣が分泌する女性ホルモン、エストロゲンが減少します。

脳は卵巣機能の低下でエストロゲン分泌が不足することで発生する体調不良を改善すべく、卵胞刺激ホルモンを分泌します。しかし卵巣はその分泌量に対して十分に働くことができず、脳からの指令と臓器機能に乖離が生じます。

その乖離が卵胞刺激ホルモンの増加に対する、エストロゲン分泌減少というホルモンバランスの崩れであり、自律神経失調症症状と似ている、或いは自律神経失調症の一つとしてみなされる更年期症状を招きます。

火照りやのぼせ、動悸、頭痛、耳鳴り、無気力や脱力感、不安感、焦燥感、短気になる等多くの症状があります。人によって発現する種類や程度は異なりますが、最近では男性や30代という若年齢でも、更年期症状が出現することが分かりました。

男性も50歳前後から、男性ホルモンであるテストステロンの分泌が減少し始めてくると、疲労感や脱力感を強く感じたり、短気になったりと、明らかにこれまでは自分でコントロールできた心理的なバランスが取れなくなります。

30代で性別を問わず係る症状を自覚する場合、若年性更年期障害と診断されることがあります。30代で係る不随意症状を感じる場合、鬱病と混同されることがあります。

若年性更年期障害は若い時の無理なダイエットやジャンクフード依存、昼夜逆転をはじめとした、不健康な生活と、複数の要因が引き金になっている場合が多く、鬱のように引き金になる外的要因が影響していることは少ない点で、異なります。

これだけでも知っていれば、不随意の係る複数の症状を自覚した時の心理的負担は軽減されます。「噂には聞いていたが。」という予定調和のような感じで、不随意症状を理解し、受容することが出来ます。

一時的に自分自身をコントロールできなくなったことを受け入れられないことが更年期障害を深刻化させるのですから、40にして惑わなくなったと思い出し、嫌な時期を乗り切りたいものです。

マカの成分

ホルモン分泌がアンバランスになったことに起因して、更年期症状がおこるのであれば、ホルモンの量を調整出来れば、更年期を乗り切るのは楽なのではないか、と考えるのは当然です。マカは南米産の根菜でハーブの一種ですが、成長ホルモンの分泌を促進する必須アミノ酸を多く含みます。

更にアルギニンを代表とする必須アミノ酸を始めとした多く含有するだけでなく、必須脂肪酸、必須ミネラルも多く含む為、若々しい体にめぐっている栄養分を取り入れて、ホルモン不足による不随意症状に気づかせないほどの、やる気や活気を得ることが出来ます。
新陳代謝が活発になることもあり、体そのものも外見から変わります。

マカは他植物と比較し含有量が顕著に豊富な必須アミノ酸の一つであるアルギニンだけではなく、豆類でないにも拘らず,タンパク質が総量の10%以上を占めており(インゲン豆で総量の20%、ジャガイモは総量の2%)、根菜類の中では若々しい肉体づくりに貢献するのです。

木の実以外ではさほど期待できない必須脂肪酸も豊富で、マカを継続的に飲食するだけで水をはじく若さも目指せるのでは、と言うほどの栄養価です。

更年期障害と若年性更年期障害のホルモン補充療法にマカが有効であるという、大学の研究室の論文で発表されていますので、実証例が多く、どの人にもその効果が期待できると理解できます。

マカ投入ビフォーアフター

全てのサプリメントに関してそうですが、飲み始めてすぐに効果を実感できるケースは多くありません。マカに関しても、体調の変化を自覚するのは、通常通りの食生活にマカを飲み始めた場合であれば、数週間後です。

マカサプリメントの中でもアルギニン量が明記されている製品、或いはマカとしての含有量を明記している製品であれば信頼が置けます。疲れが取れやすくなり、又身体を動かすことに億劫さが少なくなり、漠然と疲れることが少なくなります。

目覚めが良くなる事に起因して生活のサイクルが整い、これまでの漠然としんどい生活とは明らかに違う、規則正しい日常が取り戻せると、マカが効果を発揮し始めた自覚することが出来ます。

マカの効果を実感することで、自分に不足していた成分や栄養分を自覚すると、ホルモンのアンバランスに起因した不随意症状が、そうした栄養不足に増長されていたことも理解できます。

自分の体を客観視することが出来るようになると、様々なトラブルを解消しやすくなります。更年期を乗り越えると、老化と向き合う時期が来ます。自分を客観視する習慣がつくことにより、自分自身に合った無理のない老化を食い止める方法、或いは受容する方法も見つけやすくなります。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る