TOP > > 更年期にお勧めの食べ物はコレ!つらい症状を少しでも楽に乗り切ろう

更年期にお勧めの食べ物はコレ!つらい症状を少しでも楽に乗り切ろう

閉経前後の数年間は更年期と呼ばれます。この時期には女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンの分泌が低下してしまうことで、様々な症状が現れます。症状の種類やそのつらさには個人差もあります。我慢できる程度という人から、つらくて外出もできないという人までいます。

女性ならば誰もが経験することになる更年期ですが、この時期を少しでも楽に乗り切ることができればうれしいですよね。食品の中には、エストロゲンと似た構造の成分を含んでいるものがあります。これを摂ることで更年期の症状は少し楽になるとされています。

エストロゲンと似た構造の成分を含む食品とは?

大豆

エストロゲンと似た構造の成分といえば、一番有名なのは大豆イソフラボンでしょう。サプリメントにもなっています。エストロゲンと同じような働きをするため、大豆を食べることで不足したエストロゲンの働きを補えるとされます。

更年期障害のつらさを訴える日本人は、欧米人に比べるとだいぶ少ないと言われます。その理由は、日本人は豆腐や納豆などの大豆製品を普段から口にしているからではないかとされます。

ただし大豆イソフラボンが本当に更年期障害を改善するのかについては、今のところはっきりとはしていないようです。ほてりやのぼせといった症状がよくなったという調査結果がある一方、あまり効果がなかったという結果もあります。

大豆イソフラボンを過剰に摂り過ぎると、副作用もあるとされます。量を守って飲む分には心配いりませんが、できることならサプリメントで摂るよりも食品から摂るほうがよいかもしれません。食品からでしたら過剰になる心配はないでしょう。

大豆には大豆イソフラボン以外にもいろいろな栄養分が含まれていて、更年期の頃から発症しやすくなる動脈硬化を予防してくれる効果もあります。ダイエットや便秘にもよいとされます。ビタミンも豊富で美肌にも効果があります。

大豆製品は豆腐や納豆、味噌、きなこといろいろあります。種類が多いので口にする機会も多くでき、無理しないで続けられそうです。特に納豆には、閉経後から急にリスクが上がる骨粗鬆症を予防する効果もあるので、なるべく食べるようにしていきましょう。

黒豆

黒豆とは黒大豆のことで、栄養的には大豆とほぼ同じになります。そのためイソフラボンも豊富で、その他の栄養素も含まれています。

そして黒豆の良いところは、大豆にはないアントシアニンも含まれていることです。アントシアニンには抗酸化作用があり、活性酸素を消去することで老化防止や美肌効果もあります。

黒豆はお正月以外あまり口にする機会がないかもしれませんが、普段もたまに食べるとよいでしょう。ただし煮豆には砂糖もたくさん使われているので注意してください。

ゴマ

ゴマに含まれるゴマリグナンも、エストロゲンと似た構造をしています。CMなどでよく聞くセサミンはゴマリグナンの一種です。エストロゲンと似た働きをしてホルモンバランスを整えるとされます。抗酸化作用もあり、老化防止効果も期待できます。

ゴマにはビタミン、ミネラルも多く含まれ、栄養豊富です。コレステロールを減らしたり、動脈硬化を防ぐ働きもあります。血行を促進して肩こりや冷え性にもよいとされます。

ゴマは硬い殻に覆われているため、そのまま摂っても栄養素は吸収できません。必ず擦ってから食べるようにしましょう。お味噌汁にかけてみたりと工夫すれば、比較的摂りやすいでしょう。

エストロゲンと似た構造の成分を含む食品には、この他にもザクロなどがあります。

エストロゲンが不足して起こる更年期の症状は、これらの食品でエストロゲンの働きを補うことで改善が期待できます。しかし栄養分が偏ってしまっては良くありません。バランスのとれた食事を第一に心がけましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る