TOP > > 女性が悩む更年期障害、性格で重度に影響が?気を楽に持つコツとは

女性が悩む更年期障害、性格で重度に影響が?気を楽に持つコツとは

更年期障害というとほとんどの方は女性をイメージするのではないでしょうか。男性にももちろんありますが、その症状の重さや辛さは、やはり女性が多く自覚しているようです。

何も無かったと言う人もいるほど個人差が大きいので、誰にも相談できずに一人で悩んでいる人も多いものですが、なぜそんなに差が出てしまうのでしょう?

更年期障害は閉経の前後10年で起こる

更年期障害の原因は、加齢によるホルモンの減少

ホルモンの減少自体は男性女性に関わらず全ての人に起こるのですが、特に女性の場合は閉経が関わって来るので男性よりもはっきりと症状が出やすいのです。

閉経の時期は、早ければ40代前半、遅いと50代の後半にもなり、なんと10年もの開きがあります。

若いうちに閉経する「早期閉経」は注意が必要

  • 喫煙の習慣
  • 菜食主義やダイエットによる栄養バランスの崩れ
  • 卵巣の摘出や機能不全

このような原因が早期閉経を招きます。将来のホルモンを整えるために禁煙や食事の見直しをしましょう。卵巣の機能に問題がある場合は医師とよく相談して対策を練りましょう。

更年期の症状はホルモンの減少とともに少しずつ現れ、閉経した後も5年ほど続き、約10年ほどの長い期間に更年期を体験することになります。

いつ症状が出始めるか、始まる年代や体力、健康力などが個人差が出る理由のひとつでもあります。

閉経のサインってどんな症状?

いきなり生理が止まるわけではない

  • 来るべき日に来ないまましばらく間が空いてしまった
  • 狭い間隔で来るようになった
  • はっきり終わらずダラダラと何日も続く・・・

こんな症状が繰り返されるようならホルモンバランスが崩れ始めているサインです。若いから大丈夫と思わず、早めに病院を受診することをおすすめします。

更年期障害の重さに性格が関係している?

ここまで読むと、「更年期障害はホルモンの減少のせいでしょ?」と思われるかもしれません。もちろんそれが一番の理由ですが、症状が悪化する度合いにはそれだけでない原因があるのです。それが「性格」です。

実はホルモンが減り始めると、普段の性格によって症状が深まる傾向があることが分かって来ているのです。

  • 几帳面で責任感が強い
  • 忍耐力があり、一人で問題を抱え込みがち
  • 人に相談したり助けてもらうのが苦手
  • 細かなことにもうるさく神経質である
  • 完璧主義者で、他人にもそれを望む
  • 融通がきかない
  • 後ろ向きで、すぐ落ち込む

こんな性格に思い当たったら注意が必要です。

日常ではいい加減な人は信頼を得られにくいものですが、更年期障害を抱えている間は、意識して「いい加減」を目指してちょうどよいくらいなのです。

イライラして職場や家庭で思わず声を荒げた経験があるなら、今すぐ心のメンテナンスを始めるべきです。

気を楽に持って過ごすコツ

普段から「しっかりした奥さん」「夫を不快にさせまいと努力している奥さん」は、体が少々辛くても、家事や仕事を休まずに頑張り、一人で不調に耐える傾向があります。

協力者・理解者を増やす

まずは家族に自分の状態を話して、協力を求めてみましょう。家事を家族で分担して、週に1~2日はゆっくりと体と心を休める日を作るためです。

家族に話しづらければ、同じ悩みを抱えている友人と話し合うのも良い方法です。話してスッキリしたと感じるなら、時々はそのような時間を持って、互いに発散し合える機会を持ちましょう。味方は一人でも多い方が気持ちが楽に保てます。

一人で考え込まない

更年期が悪化する一因に「考え過ぎ」があげられます。心は、考え過ぎると大体にして悪い方へ想像を進めてしまい、自然と落ち込みがちになりますから、まずは「考えない時間」を作ると気が少し楽になります。

本を読んだり音楽を聞いたり、美しい風景の場所へ出掛けてみたりして、「自分の考え」から手を離してみましょう。明るい空の下で光を浴び、空っぽにした心に新鮮な空気をいっぱいに満たしてみましょう。

「やりすぎない」を心がける

時々家事を休むことで死ぬようなことはありません。ホコリが人を殺すことはないのです。そしてこう唱えましょう。「完璧でなくても、死にはしない」と。

完璧を求めてヒステリックになる方が周囲との関係は悪化します。何よりも人との繋がりと信頼を大事にした方が皆が幸せになれるのです。

仕事や家事で評価を得にくいと感じた時は、自分で自分を「よくやってる」とほめてあげましょう。出来なかったことよりも、出来たことの方が何倍も多いことに毎日気付いて暮らすのが、気を楽に持つ一番のコツなのです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る