TOP > > 女性が知っておくべき更年期障害のタイプ別症状とその見分け方

女性が知っておくべき更年期障害のタイプ別症状とその見分け方

更年期障害は、女性なら誰もが経験する事になると言っていいでしょう。更年期障害の症状にも種類がありますし、人によってどのような症状が出るのかも違います。原因は、閉経する事によるホルモンバランスの変化ですが、このホルモンバランスの変化だけは、自分の意思ではコントロールが難しいので、症状が出た時に自分自身でも戸惑う人が多いのです。

更年期障害について

更年期障害には驚く程多くの症状があります。しかし多くの場合、意味もなくイライラしたと思えば次の瞬間には落ち込む、体がだるくて動きたくなくなる、といったように身体的なものや、精神的心理的な症状など幅広く、それがいくつも複合するという特徴があります。

何歳頃に更年期障害が起こるのか?

なんとなく、更年期というのが漠然と分かっているつもりでも、実際に何歳になったら更年期障害が出始めるのかも人によって違いますので、何歳からという決まりもありません。一般的には40代~50代にかけてが一番多いのですが、若年性更年期障害などもある事から、人によっては20代や30代という比較的若い年齢でも発症する事はあります。

更年期障害はどのくらい続くのか?

どのくらいの期間続くかについても個人差はありますが、40代~50代までの約10年間が更年期に当たるので、その間に様々な症状が出ます。更年期障害の原因となるホルモンバランスの乱れが落ち着けば、症状も収まっていくと言われていますので、2年~3年で改善する人もいれば、10年間くらい症状が続く人もいます。

更年期障害の治療について

更年期障害の原因は、閉経を迎えたことにより、卵巣の機能が低下して、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が大幅に減少する事です。この場合、病院でのホルモン剤投与という治療法もありますが、これには副作用なども伴い、効果も個人差が大きいので万能ではありません。

副作用が少ない方法としては、漢方を取り入れたり、女性ホルモンのエストロゲンによく似ている大豆イソフラボンを摂取するといった方法もあります。薬に比べて副作用は少ないものの、効果を実感するのに時間がかかるので、メリットもあればデメリットもあります。

更年期障害にもタイプがある

更年期障害の症状には、タイプがある事も分かっています。原因はホルモンバランスの変化という根本的な事の他に、体調や体質といった身体的な事、家庭環境や家族構成など、環境が原因にプラスされる場合、元々メンタル面が弱い人など、タイプによってある程度症状を予測する事もできます。

あくまでも目安ですが、これから先、いつかは経験する事になる更年期障害について、自分がどのタイプなのかを知っておけば、症状なども予測できますし、対処法も見つけやすくなると思います。

メンタル面が弱い人

このタイプは自分自身を追い込みやすいので、無意識に更年期障害の症状を重くしてしまう事があると考えられます。更年期障害の治療は、症状を緩和させる事も大切ですが、この場合はメンタル面のサポートやケアも必要です。

体質や体が弱い人

虚弱体質の人は、元々体調不良などの問題を抱えやすいと言えます。ここに更年期障害の様々な症状がプラスされるので、ダメージが大きくなる傾向があります。症状が重くなりやすい傾向があるので、更年期になる前に体質改善や体調管理をしっかりと行いましょう。

家庭環境や家族構成に問題を抱えている人

更年期を迎える年齢は40代~50代となっているので、家庭環境や家族も関係してきます。例えば子供の受験や就職、冠婚葬祭や介護問題など、自分自身のことでも精一杯なのに、他にも負担を強いられるので、ストレスが大きくなります。

ホルモンバランスはストレスによっても乱れる事があるので、更年期障害が重くなり、ストレスが長引く事で症状も長引く事があると言われています。難しい問題もありますが、ストレスを軽減する、家族の理解や協力を得られるように前もって話をしておくことも大切です。

このように、更年期障害にもタイプによって症状の出方が変わる事もあるのです。大きく分けて3つのタイプがありますが、中にはタイプが複合する人もいます。この場合は、症状が重篤化しやすく、うつ病を併発する事もあるので、自分だけでなんとかしようとせず、専門家に相談するなど対処法も考えておきましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る