TOP > > 若い年齢で急増中!若年性更年期障害の症状と主な原因

若い年齢で急増中!若年性更年期障害の症状と主な原因

20代、30代の女性の方。最近訳もなくイライラしませんか?頭痛やめまい、ほてりのような症状が長く続いていたりしませんか。あなたのその症状、もしかしたら更年期障害かもしれません。

更年期障害といえば閉経を迎える50歳前後の女性を苦しめる症候群の1つ。しかし最近では20代、30代の若い女性の中で更年期障害に似た症状で苦しんでいる人が増えているそうです。それを「若年性更年期障害」と言います。

若い年齢で発症する若年性更年期障害の症状と主な原因について紹介します。

若年性更年期障害の症状

最近、自分の体が以前と違うような違和感や不定愁訴を感じたりはしていませんか?自分の体が発しているサインに目を向けてみてください。

若年性更年期障害を疑う一番の基準となるのは生理に関すること。生理が定期的にこない、生理が止まっている、経血量が異常に少ないという方は若年性更年期障害の疑いが高くなります。

更年期障害の代表的な症状といえば、のぼせと冷え、異常なほどに汗をかく、イライラ、動悸、頭痛、肩こり、めまいなどがあります。その他にも食欲や性欲の減退、寝付けない、のどがかわく、疲れやすいなどの症状もおこる場合があります。

若年性更年期障害に自分で気づけるという人はとても少ないのです。なぜなら更年期障害は50代で迎えるものであって、20代、30代でおこるはずがないと思い込んでしまっているためです。

更年期障害はなぜおきる?

そもそも更年期障害とはなぜおきるのでしょうか。

年齢を重ねれば重ねるほど、見た目だけでなく体の内部も着実に老化が進んでいます。それは女性が持つ臓器も例外ではありません。

毎月1つずつ定期的に卵子を作り続けてきた卵巣では、女性ホルモンが作られ分泌されていますが、ホルモンを作って分泌せよと指令をするのは脳の視床下部という部分です。ホルモンが減ると脳から卵巣へ「ホルモンを作って分泌しなさい」と指令が下るのですが、年とともに卵巣の機能は落ちてきます。

卵巣の機能は落ちているのに、脳からは「ホルモンを分泌せよ」と指令が下る。結果ホルモンのバランスが崩れ、頭痛や動悸などをはじめとする更年期障害がおこるのです。

若年性更年期障害の主な原因

若年性更年期障害の最大の理由はストレスです。女性ホルモンを分泌するのは卵巣ですが、分泌させるための働きをするのは脳の視床下部です。視床下部は自律神経の中枢でもあり、自律神経はストレスにとても弱いのです。

ストレスによって自律神経が正常に機能しなくなり、その影響を受け卵巣への指令を上手く出せなくなるということなのです。

若年性更年期障害を引き起こすその他の原因としては過度なダイエットがあげられます。急激に体重を落とすようなダイエットをすると生理が止まることがあります。それは、体が急激なダイエットのせいで栄養失調状態になり、生命活動以外の活動を体がストップさせるようになるためです。

そうすると一番最初に影響を受けるのが生殖器です。生理がこないだけでなく、排卵もされなくなります。結果更年期障害のような症状が引き起こされるのです。

女性の体はとてもデリケート。女性らしく、そして美しく若々しくいるためには、女性だけが持つ「命の臓器」を大切にしなければいけません。強いストレスや過度なダイエットはさけ、心穏やかな毎日を過ごしましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る