TOP > > え?こんなに早く?若い女性でも症状が出る若年性更年期障害とは

え?こんなに早く?若い女性でも症状が出る若年性更年期障害とは

更年期障害の症状が、若い女性に現れることがあります。これを若年性更年期障害といいます。早めに気づいて改善、治療をしなければ、回復が難しくなることも!生理不順、生理が飛ぶ、という人は、若年性更年期障害を疑ってみる必要があります。

若年性更年期障害の症状とは

20代~30代の若い女性でも、更年期障害と同じ症状が出れば若年性更年期障害といえます。生理不順や、生理が飛ぶ、などといった症状を放置しておくと、治療が長引いてしまったり、本当に更年期が来た時にさらに悪化してしまうおそれがあります。

では、具体的に若年性更年期障害になると、どんな症状が現れるのでしょうか?まずは自分が若年性更年期障害になっていないか、下記の項目でチェックしてみましょう。

  • 原因が思い当たらないのにイライラする
  • 気分がすぐに落ち込んでしまう
  • 寝つきが悪く眠りも浅い
  • 頭痛やめまいがある
  • 暑くもないのに顔がほてる
  • 爪がもろい
  • 肌のコンディションが悪い
  • 身体がだるく疲れやすい
  • 息が切れる、動悸がする
  • 手足の感覚が鈍感
  • たまに吐き気がする
  • 食欲がない
  • 性交の時に痛みがある
  • お腹の調子が悪い(便秘・下痢など)
  • 生理が来るサイクルが乱れる
  • 生理が来ない月がある
  • 生理の血量が増えて日数が短くなった
  • 排卵がない

20代~30代の方で、これらの症状が複数あるようなら要注意です。特に生理関係での異常は、若年性更年期障害の可能性があります。

そもそも更年期障害ってなに?

20代~30代の若い女性では、まだ実感がなくピンとこない更年期障害。言葉としては聞いたことはあるし、40代~50代の生理が終わる女性に起こる症状、というイメージがあると思います。そもそも更年期障害とは何なのでしょうか?

女性として生まれた以上、避けて通れないのが生理が終わる閉経です。この時期を迎えると、個人差はありますが身体に何らかの不調が現れ始めます。しかしこれは誰もがあることで、障害とはこれがさらに悪化した状態のことです。

女性の身体と精神のバランスをとっているのは、エストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンです。この2つのホルモンの分泌が少なくなり、バランスが崩れることで更年期障害は起こります。

脳の指令が届かない

女性ホルモンのエストロゲンは、女性の身体の美しさを保つ働きがあります。またプロゲステロンは妊娠を促し、維持していくホルモンです。女性の身体は28日周期で、この2つのホルモンが分泌量を増加させたり減少させたりしています。

そして、その大切な命令をしているのは脳です。脳から指令がいくと、卵巣は女性ホルモンを作り出し、各器官の機能が働き出します。しかし更年期になり卵巣の機能が劣ってしまうと、脳の命令に卵巣が応えることができなくなってしまうのです。

すると脳は命令が通りませんから誤作動をしてしまい、それが自律神経の乱れにつながっていきます。自律神経は人間の身体を自動調整していく操縦桿のようなもの。この操縦桿が狂うことで、更年期のさまざまな不調が現れてきます。

本物の更年期障害と若年性更年期障害の違い

加齢による卵巣の衰えが通常の更年期障害の原因なのに、なぜ若い女性にもそれと同じ症状が出てしまうのでしょうか?本物の更年期障害と若年性更年期障害の違いをみていきましょう。

加齢以外の原因でも卵巣の機能は低下する

加齢だけが卵巣の機能を低下させてしまうわけではありません。ストレスや不規則な生活、食生活の乱れなどでも、卵巣の機能は低下してしまうのです。これが本物の加齢による更年期障害との大きな違いです。

女性の身体はとてもデリケート。少しの身体の負担と心の悩みなどで、バランスを簡単に崩してしまいます。そしてそれは卵巣機能を低下させ、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの分泌量にも影響を与えてしまいます。

ですから原因を見直していけば、卵巣は再び元気に働くようになります。卵巣が元気になれば、脳の指令通りにホルモンがきちんと分泌されるようになり、若年性更年期障害の症状も改善させることができます。

しかし症状がきつい場合は、更年期障害と同じように病院での治療が必要となってきます。我慢しすぎて放置してしまうと、卵巣の機能はますます低下してしまい、治療がとても困難となってしまいます。

卵巣を疲れさせる原因と予防方法

若い女性が、加齢でもないのに卵巣の機能を低下させてしまう原因を、詳しく探ってみましょう。普段の何気ない生活習慣が、卵巣の機能を低下させてしまっているかもしれません。

そこには、最近の若い女性ならではの原因が随所に考えられます。それらの原因からどうすれば若年性更年期障害の症状を予防できるのかを、具体的にみていきましょう。

ファッションによる冷え

ファッションを優先して、身体を冷やしていませんか?冷えは女性の身体にとって大敵です。もともと男性よりも女性は冷えやすい身体の構造をしているため、普段から気をつけなければいけません。

特に下半身は子宮や卵巣などがある大切な場所ですから、冷えてしまうと卵巣だけでなく、さまざまな婦人系の不調が現れる原因となります。最近では薄手でも暖かい下着などがありますよね。

それらを着るなどして工夫をすれば、好きなファッションを楽しみつつ、身体を冷やさないようにすることができます。

ストレス

女性の社会進出が活発になった現代。女性は男性と同じように働き、家庭以外でも多くのストレスを受けるようになりました。無理な残業、職場の付き合い、そして家に帰れば家事に育児。ほっと息つく間もありません。

そのような暮らしをしていると、ストレスはドンドン溜まる一方になってしまいます。そうなると自律神経のバランスを崩し、卵巣と女性ホルモンの働きを低下させてしまいます。

ショッピングや、友達とのおしゃべり…何でも良いのです。忙しい毎日の中でも、自分なりの方法でできるだけストレスを発散し、溜めないようにしていきましょう。

砂糖の摂りすぎ

若い女性は甘いお菓子が大好きですね。しかし甘いお菓子は一時的に気分を良くしてくれますが、身体には良い働きはしてくれません。砂糖は別名「白い悪魔」と呼ばれているほど中毒性があり、摂取はできるだけ控えたい食材です。

砂糖を摂りすぎると身体が冷えてしまいます。日々のストレスや疲れから、甘いお菓子に手を延ばしすぎていないでしょうか?もちろん我慢のしすぎはストレスが溜まりますから、ほどほどの量で楽しむようにしましょう。

不規則な生活

女性の身体は月の満ち欠けと同じ、28日周期の生理サイクルをとっています。月と同じということは、それだけ自然と密着した体内リズムを持っているということです。しかし不規則な生活は、自然の体内リズムを狂わせてしまいます。

最近はスマートフォンなどの普及で、ついつい寝る間も惜しんで夢中になりがちです。寝不足にならないよう、夜寝る時間になったら止めて、きちんと睡眠はとるようにしましょう。そして食事は同じ時間にきちんと3食とりましょう。

カタカナ食が好き

カタカナ食というのを聞いたことがあるでしょうか?パン、パスタ、カレー、ハンバーグなどのカタカナの食事のことです。カタカナ食事は身体に負担をかけるものが多くあり、控え目にしたほう方が無難です。

また婦人病を発症する患者さんの多くが、ご飯よりもパン食を好むというデータがあります。実際パンには子宮内膜症や不妊の原因として注目されている、トランス脂肪酸がたくさん含まれています。

パンはご飯に、パスタはそばに、コーヒーは紅茶に。カタカナからひらがなの食事に変えてみましょう。こうすれば自然と身体に優しい和食系の食事がとれるようになります。

運動不足

毎日しっかり歩いていますか?人間の身体は適度な運動をして、初めて健康が維持できるようになっています。運動不足になると身体の機能は弱り、またストレスも発散できにくくなります。無理なく毎日できる運動として、ウォーキングなどから始めてみると良いでしょう。

ウォーキングなんておじさんおばさん達がするもの!なんて思わないください。ニコニコ運動という良い例えがあります。ニコニコと笑える程度の運動レベルが、長く続けるには最適だということです。適度な運動は身体だけでなく、精神も強くしてくれる最高の手段なのです。

無理なダイエット

太ることを気にしすぎて、無理なダイエットをしていませんか?多くの若い女性が、実際にはそんなに太っていないのに「痩せ願望」を持っている傾向があります。無理なダイエットによる食事制限は、身体にも精神にも良くありません。

また先にも述べましたが、女性の身体は冷えることが大敵です。ですから脂肪が多くつくようになっています。つまり下半身を脂肪で包み、冷えないように守っているわけです。少しくらい太めの方が健康であるという意識を持ちましょう。

タバコ

最近では若い女性も、タバコを吸っている姿をよく見かけます。タバコは血流を悪くしてしまうので、卵巣の機能の低下につながります。ですから極力控えた方が良いでしょう。

若年性更年期障害の治療方法

若年性更年期障害の症状が出始めた場合は、かなり卵巣の機能が低下している可能性があります。症状がひどい場合や気になる場合は、速やかに近くの婦人科病院に行って診てもらいましょう。

病院では、まず症状の原因が、卵巣機能の低下やホルモンバランスの崩れが原因なのか、それとも早期の閉経が近づいてきているのが原因なのかを、血液検査で調べます。(若い人の早発閉経はごく少数です)

血液検査でエストロゲンなどのホルモンの量を調べます。これにより、もし早発閉経と診断された時は骨粗しょう症や高脂血症などの病気につながる可能性があるため、積極的にホルモン補充による治療が行われます。

卵巣機能が低下した若年性更年期障害の場合でも、症状によってはホルモンを補充したり、ホルモンの分泌を多くする薬などで治療することがあります。

基礎体温計を活用

病院に行くことも大切ですが、自分でもホルモンの動きを把握できるのが基礎体温です。基礎体温計は、何も妊娠したい時だけに使うものではありません。若年性更年期障害の症状を改善させるために、ぜひ活用してみてください。

基礎体温をつけていけば、女性ホルモンの変動に合わせて、自分の体調や気分がどのように変わっていくのかも把握することができます。若年性更年期障害は、自分の身体の状況を見失ってしまったことにより起こります。

基礎体温を利用して、常に自分の身体で何が起こっているのかを確認するようにしましょう。また基礎体温のデータを残しておき、病院に行く時などにプリントアウトして持参すれば、診断と治療にとても役立てることができます。

まとめ

今、20代~30代の女性は、とても疲れやすい生活をしているのだと思います。それもファッションや無理なダイエットなどで、知らず知らず身体に負担をかけてしまっている人が多いような気がします。

増加している若年性更年期障害は、今の若い女性に生活を見直しなさいと警鐘を鳴らしているのではないでしょうか?特に若い女性は、これから妊娠、出産を控えている大切な身体です。

自分のためにも、そして将来生まれてくる赤ちゃんのためにも、自己管理をしっかりとして下さい。また決して我慢や無理はしすぎないように、症状が出た場合は早めに病院で受診するようにしましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る