TOP > > 更年期障害と言えば「ほてり」!でも軽減する技はご存じですか?

更年期障害と言えば「ほてり」!でも軽減する技はご存じですか?

更年期障害の症状と言えば「ほてり」と、すぐ答えられるほど、この「ほてり」は更年期障害のポピュラーな症状だと言えます。実際、ほとんどの人が症状に差はあるものの、「ほてり」は経験しているようです。

顔や身体と、発汗する場所は様々ですが、ハンカチが絞れるほどの発汗のために人前に出られないような状態に陥ってしまうこともあり、決して楽観視をしていてはいけない症状の一つであることを貴女はご存じでしたでしょうか?

女性は40代も後半になってくると、女性ホルモンの減少から、様々な不快な症状に悩まされ人が増えてきます。これが更年期障害なのですが、最近は、もっと若い年代からも始まってしまう人が結構いるようです。

自分には、まだ早いと思っていても実はすでに始まりつつあるかもしれません。実際、20代で更年期障害と診断されてしまった女性もいるようです。

更年期障害と「ほてり」

女性ホルモンの減少に伴い、女性の身体には様々な変化が現れます。40代後半から始まることが多く、仕事を続ける上で、思いもしない障害になってしまうこともあるようです。

「ほてり」はホットフラッシュとも言い、自分の意思に関係なく突然大量の汗が湧き出てきてしまう症状です。顔や身体、首の後ろと人によって場所は様々ですが、ハンカチで対応できないほどの汗が出ることもあり、うかつに外出ができなくなってしまう人もいるようです。

あまりにひどい場合は、自立神経失調症を疑い速やかに病院にかかることをおススメするのですが、その際は、婦人科にかかることを忘れないでください。

「ほてり」の軽減

「ほてり」はいつもあるわけではなく、突然起こります。数秒から数分間続くことが多く、起きてしまっている時は自分ではどうしようもない状態です(コントロールができない)。そこで、軽減のために幾つかポイントをご紹介したいと思います。

まず、「ほてり」が起きたと感じたら、大きく息を吸って腹式呼吸に変えましょう。精神の安定にとても良く効きます。

次に、可能なら身体を温めてください。上半身がほてる場合、下半身は冷えていることがあります。温かい飲み物を飲み、全身の血流の流れを良くすることが大切です。

顔が熱いからと言って氷などで冷やす事は、気持ちはいいですが、あまりおススメはしません。基本のポイントは、全身の血流の流れを良くしてあげる事なのです。

また、ストレスは大敵です。日ごろからストレスを溜めない生活を心かけるようにしたいものです。

まだ更年期を迎えていない年代の人にも心がけて欲しいのが、食生活へのこだわりです。三食バランス良く食べるのは勿論ですが、ビタミンEや大豆製品は意識して摂取していくことが望ましいと思われます。サプリメントで補えるのであればBESTです。

さらに、発汗力を鍛えることも大切です。日ごろから汗をかく程度の運動を行うことが重要になります。ウオーキングなどがおススメです。

日焼けは「ほてり」を促進させる効果があります。外出時の、日焼け防止を忘れずに。

意外な原因

「ほてり」を引き起こす病気があることを知るのも大切です。更年期の年代では、全て更年期のせいにしてしまいがちですが、怖い病気もありますので、医師の診察を受けることも大切です。

「ほてり」を引き起こす病気として怖いのは、心疾患や甲状腺の病気です。特に甲状腺の病気は罹患率が高いので、注意してください。代表的なものにパセドー病があるようです。

女性は必ず更年期を迎えます。年齢的にいつごろくるのか、それは個人差があり予測できません。ただ、生理が不規則になってきて、それに合わせて体調不良が続くようなら、更年期を迎える心構えを持った方がいいかもしれません。

あまり意識してしまうことは避けたい事ですが、「備えあれば憂いなし」と昔から言われているように、正しい知識を持つことは決してマイナスにはなりませんので、是非心がけてみてください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る