TOP > > 女性ならいつかはやってくる…知っておきたい閉経時の不調と対処法

女性ならいつかはやってくる…知っておきたい閉経時の不調と対処法

いつかは来る!知っておきたい閉経時の体のこと

女性ならいつかはやってくる”閉経”の問題。若い方は閉経について漠然と知ってはいても、実感がわかないかもしれませんね。しかし閉経というのは女性の体にとっては一大事!体内のホルモンバランスが大きく変化する時期なのです。

閉経は早くて30代~40代前半、通常であれば40代後半~5、60代にかけてやってきます。早くやってくる閉経のことは”早期閉経”と呼びます。早期閉経の原因はまだ全ては分かっておらず、染色体や免疫系に問題がある人もいるそうです。

閉経というと突然パッと生理が止まることのように思うかもしれませんが、そのようなことはほぼありません。段々と生理が不順になり、血の量が減ったり、増えたりと安定しなくなり、そして最終的に閉経を迎えます。

生理不順が閉経の序章だと仮定すると、序章が始まったあたりから体内の女性ホルモン(エストロゲン)の量が段々と減少していきます。すると、今までずっと保たれてきたホルモンバランスが崩れ、女性ホルモンが放出されなくなることで体に異変が起きてきます。

女性ホルモンが減少すれば、個人差もありますが、多少体調に異変が起こります。軽いほてり・発汗・冷え等は誰しもがなりやすい症状で、これが酷くなると更年期障害へと発展します。そして次第に骨密度も低くなり、骨粗しょう症になりやすくなったり、皮膚にハリがなくなったりもします。

骨粗しょう症については、中高年がなりやすい症状と思われがちですが、女性の場合は実は女性ホルモンが密接に関係しているんですね。そのため、年齢が若くても閉経を迎えた女性は骨粗しょう症リスクが上がります。若い方は運動量も多いので特に気をつけなくてはなりません。

また、皮膚のハリについては顔だけでなく全身に起こります。乾燥で掻痒感が伴うこともあります。陰部が萎縮して炎症を起こし、婦人科を受診される方も多いようです。

自然に生理が止まれば一番良いのですが、閉経と同時にホルモンの変化が起こるので、どうしても何かしらの体調変化が起こることが多数。閉経を迎えても、いつもの生活に適応できるように準備しておくと良いでしょう。

閉経を迎えたらどうすればいい?体調不良への対処法

いざ閉経を迎えて体調不良が起きたらどうすればいいのか?閉経に伴う症状を予防するにはどうしたらいいのか?ここではそんな疑問にお答えします。簡単に下記にまとめてみましたので、ご参考頂ければ幸いです。

<体調不良時の対処方法>

?症状が酷いときはどうする?

症状が酷い時は婦人科へ行きましょう。不眠、イライラ、不安などの精神症状が酷い場合は心療内科への受診も視野に入れます。今は様々な治療法が出来ています。治療の種類はざっと以下の通りです。

・ホルモン補充療法
・精神科領域での投薬治療
・医療用漢方の服薬
・定期的な健康診断(骨密度検査、一般的な健康診断、婦人科系検診)

閉経の年齢になると癌のリスクも高まります。特に不正出血には気をつけて、閉経だからもういいやと思わずに、定期的な婦人科検診も行ってください。

?症状が軽いときの対処法は?

症状が軽ければ、普段の生活の見直し・市販の薬・ストレス発散法を見つけるといった方法でも改善が見られることがあります。閉経時に不調が出た際はとにかく無理はせず、バランスの良い食事と軽い運動を心がけましょう。運動は有酸素運動がオススメです。食事はカルシウムをとることと、エストロゲン様の働きをする大豆の摂取が良いです。

?早期閉経を迎えたときは…?

30~40代前半で閉経を迎えた場合、まずは出産の問題があると思います。閉経を迎えると出産は難しくなりますが、今は治療により出産の可能性が見えています。生理不順が続いているようであれば、不妊外来や婦人科で早めの受診を行ってください。診察が早い段階であれば専門医も治療法の提案がしやすくなります。

また、若いうちに閉経を迎えると、同年代の方よりも老化や骨粗しょう症、心筋梗塞といったリスクが高まります。そのリスクを減らすために、ホルモン補充療法が勧められることもあります。何れにせよ、まずは病院へ受診することをオススメします。

<体調不良を予防するには>

?まだ閉経を迎えていない場合は?

今問題がなければ特にすることはないですが、日頃の生活習慣に気をつけて健康を保つことが大切です。あまり考えすぎるのも精神に良くありません。

?既に閉経を迎えた場合は?

骨粗しょう症対策に乳製品を積極的にとってください。肌の乾燥が気になるようであれば、ワセリンや化粧水で油分と水分を補いましょう。症状が起きていないならば特に問題視することはありませんが、念のため豆乳などで女性ホルモンの対策をしたり、規則正しい生活を送ると健康のためになります。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る