TOP > > 冬に増えるイタ~い指のささくれを防ぐケアしよう

冬に増えるイタ~い指のささくれを防ぐケアしよう

冬になるとなぜか指のささくれが増える、という人が多いのですが、小さなささくれでも気になるし、服に引っかかったり、気になってさわったりしてむけてしまうと、とってもイタ~い思いをしますよね。にっくきささくれ、一体どうすれば防げるのでしょう。

ささくれが冬に増える原因を知ろう

冬に増える原因は、ズバリ「乾燥」です。普段から水仕事をよくする人に多いささくれですが、食器洗剤やシャンプー、ハンドソープなどは汚れと一緒に肌の脂も一緒に落としてしまうのです。

皮脂が洗い落とされたところに冬の乾燥した空気が当たったら、デリケートな皮膚はひとたまりもありません。常に外気にさらされている指先は、空気の影響をもろに受けてしまうのですね。

ささくれを増やしてしまうその他の原因

1.栄養不足

普段からダイエットをしていたり偏食がちだったりすると、指先のような末端まできちんと届く栄養が不足してしまいます。

2.過度なネイルや爪の手入れ

はがれにくいネイルが流行ると、落とすのにもそれだけ強いリムーバーを使うことになります。ネイルやリムーバーは、使いすぎると爪だけでなく、爪の周りの皮膚にも影響を与えてしまうのです。特に甘皮を頻繁に取ってしまうのはトラブルの元です。

3.体調の不良

体調を崩すと、体内のビタミンやミネラルのバランスも崩れます。それがささくれという形であらわれることもあります。

これらの要因と乾燥のダブル攻撃を受ければ、指先はあっという間にささくれを起こします。

たかがささくれ、されどささくれ

ささくれをむいて血がにじんでしまうくらい痛い思いをしても、そんなの大したことじゃないと思っていませんか?

たかがささくれと思ってしまいがちですが、放置したがために炎症などの皮膚疾患を引き起こすケースが多いのです。

悪化して皮膚炎を起こしてしまう場合も

ささくれをむいて傷になったのに正しい処置をしないでいると、傷口が化膿してばい菌が入ったり、ブツブツができる手湿疹を引き起こしてしまったりします。こうなると塗り薬では治らず、抗生物質などを飲まないとならなくなり、完治にも時間がかかります。

ではむかないで放置すれば良いのかと言うと、それも違います。ささくれができるということは、指先が極度に乾燥しているサインでもあります。その状態では爪も健康には生み出されず、2枚爪になってしまったり、折れやすく弱い爪になってしまったりするのです。

ささくれを防いで指先の健康を保つコツ

一番のコツはやはり、乾燥を防ぐことです。ハンドクリームを常備してこまめに塗ると良いでしょう。それだけでは改善しないという頑固なささくれ持ちの人は

手を洗ったり拭いたりする時にゴシゴシとこすりすぎない

泡タイプのハンドソープを使って、泡で包み込むように優しく洗うよう気をつけましょう。水気はしっかり取るべきですが、ゴシゴシこすると皮膚には強いストレスになります。ガーゼタオルなど吸水性の高いもので、押さえるように拭き取りましょう。

ゴム手袋や手袋を使う

水仕事をする時にはゴム手袋、外出時には手袋を使って、水や空気から受けるダメージを減らすとずいぶん違います。

見栄えを優先しない

美しいネイルに憧れる女性も多いのですが、残念ながらネイルケアが原因で起きるトラブルもかなりあります。甘皮を取ると、そこからばい菌が侵入してしまうケースが見られるので、爪のためには見栄えよりも保湿を優先させましょう。

美しい指先は、その人そのものを表現することも出来る大切なポイントです。人は意外と相手の手を見るものですから、どんなシーンで、どんな相手に会っても恥ずかしくない美しさと健康さを保ちたいものですね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る