TOP > > 40代男性の不調やイライラは男性更年期障害!LOH症候群の治し方

40代男性の不調やイライラは男性更年期障害!LOH症候群の治し方

shutterstock_711380502

40代の疲れやすい、のぼせる、なんだかイライラする。こんな症状は女性の更年期障害だけではありません。

実は男性にも更年期のこんな症状が出てくるということをご存知でしたか?

「仕事疲れ」「年のせい」で片付けられがちな働き盛りの不調「男性更年期」について、その特徴や治療法について説明していきます。

40~50代の男性は要チェック!こんな症状は男性更年期かも

40~50代の男性が「特に思い当たる病気がないのに全体的に体調が悪い」と感じる場合は、更年期障害が原因かもしれません。

あまり知られていませんが、男性も40代~50代に更年期障害にかかることがあるのです。これは男性更年期(LOH症候群)と呼ばれています。

原因はテストステロンという男性ホルモンの低下です。いわば、女性の更年期障害が女性ホルモン(エストロゲン)の低下で起こるのと同じです。

男性ホルモンは20代前半をピークに歳を重ねるごとに減少していきます。妊娠や出産という明確な目的と適齢期を自覚して生きている女性に比べて、男性は更年期という時期をそれほど気にせず生きているといえます。

しかし女性が年齢とともに女性ホルモンが減少し更年期を迎えるように、男性も歳を重ねるとともに男性ホルモンの分泌は減少していきます。ただ女性のようにはっきりと自覚することが難しいだけです。

本来、男性も女性と同じように妊娠や出産に対する適齢期があり、それを過ぎればやがて更年期を迎えるということは必然です。そして男性ホルモンの減少に伴って、体のあちらこちらに不調が起こることも、当然のことだといえます。

テストステロンが低下すると、攻撃性や男性らしさが弱くなったり、男性機能の低下がみられたりするほか、

  • うつ症状
  • 認知症
  • メタボリックシンドローム(肥満・高血圧・糖尿病・脂質異常症)
  • 骨粗しょう症

といった、心身のさまざまな病気まで起こりやすくなってしまいます。

また、次のような不定愁訴の症状が複数見られる場合は男性更年期の可能性が考えられます。

性機能の低下

  • 性欲減少
  • ED
体の症状

  • 汗をかきやすくなった
  • 暑くないのに顔や身体がほてる
  • 疲れやすくなった
  • 階段の昇り降りがきつい
  • 体のあちこちに痛みを感じる
  • 息切れしやすくなった
  • 耳鳴りやめまいが起こりやすい
  • 夕食後にうたた寝をすることが増えた
  • 身長が低くなった
  • ひげの伸びが遅くなった
  • 食欲が落ちてきた
心の症状

  • 仕事の効率が低下したように感じる
  • もの忘れが増えた
  • 以前よりやる気が起こらなくなってきた
  • イライラしやすくなった
  • 怒りっぽくなった
  • 悲しい気分になることが増えた
  • 自分は価値がない人間だと感じることがある

これらは「仕事が忙しいせい」「年のせい」で片づけられることも多い症状です。いつもより多めに休養をとって体調が回復するなら問題ありません。

しかし休養しても体調がすぐれない場合には、男性ホルモンが原因かもしれないと考えて一度専門科に相談してみることをおすすめします。男性更年期を見過ごしてメタボや認知症にかかるのは避けたいですからね。

男性更年期障害が起こる年齢

女性の場合はだいたい50歳前後で閉経を迎え、女性ホルモンの量が急激に減少し不定愁訴が起こるため更年期障害かと想像しやすいのですが、男性の場合は男性の場合は40~50代の中で、徐々に男性ホルモンの分泌が減少していきます。

症状が現れるタイミングが分かりにくいので、40歳を過ぎた頃から用心し45歳前後から50代にかけて先ほどあげた「体の不調」や「心の不調」など不定愁訴を感じたら、男性更年期障害かもしれないと考えることが大事です。

男性更年期障害は起こる症状やタイミングは人それぞれですが、誰にでも必ず起こると考えてよい症状です。

いつまでも若くありたいと思う気持ちは分かりますが、現実に目をそむけて何もしないよりも、真摯に受け止め症状を乗り越えようとするほうが、結局は健康的で若々しい自分を保つことにつながります。

働き盛りは辛いよ!加齢とストレスが男性ホルモンを低下させる

では、なぜ40~50代の男性はテストステロンが低下して男性更年期が起こりやすくなってしまうのでしょう。

テストステロンは20代をピークに加齢と共に分泌量が低下していき、70歳代では20代のおよそ半量くらいにまで減ってしまいます。

テストステロンは筋肉を増強させる作用があるため、分泌量が低下すると筋肉量が減って内臓脂肪が増えやすくなるのです。だからメタボを引き起こしやすいのですね。また筋力が低下するため、疲れやすくなります。

またテストステロンには抗うつ剤のような作用があるため、テストステロンの分泌が十分な人は気力が充実し精神的ストレスに負けにくくなるのですが、分泌量が低下している人は心の不調が起こりやすくなるのです。

さらに、働き盛りの男性を襲うさまざまな強いストレスも、テストステロンの分泌を抑えてしまうのです。

精神的なストレスがかかっている時は、知的活動を司る大脳新皮質のはたらきが強くなります。すると、そのバランスを取るように性ホルモンに関与する大脳辺縁系のはたらきが弱くなり、テストステロンの分泌量が低下してしまうのです。

まさに40~50代は、仕事の責任や家庭の悩み、親の介護、ローン…など、ストレスの要素となる問題だらけの世代ともいえるでしょう。

それらの問題を精力的にクリアしていくためにも、体と心の不調に気づいたら早めに適切な対処を始めたいですね。

男性ホルモン「テストステロン」の重要性

男性ホルモンはテストステロンやDHEAなどがあり、これらをアンドロゲンといいます。男性らしい体格や生殖機能、論理的に考える思考など体や心を男性的にする働きをします。

中でもテストステロンは筋肉や骨の増強や体毛の増加等に関わりの有るホルモンで、男性は睾丸から、女性は卵巣から分泌されます。人が成長するうえで不可欠なホルモンです。

テストステロンと言うと男性ホルモンの代表格で、この分泌が多いと暴力的であるとか、攻撃的であると言う印象が有るかもしれません。

テストステロン値が高いと積極的になる為、そのように思われやすいのですが、それが暴力に直結するとは言えません。むしろこの値が高い人は公正さを重んじ、正義感が強いという報告もあります。

男女を問わず成長に重要なホルモンであり、これが減少する事はメンタルの面でも悪影響が有り、うつ病などの原因になると言われています。

テストステロンは副交感神経の支配下に有ります。その為ストレスにさらされ続けると、交感神経が優位な状態が続きテストステロンの分泌が減ってしまいます。

ストレス社会の現代は確実に個人のテストステロン値を下げています。

例えば職場で営業をバリバリやっていた人が出世して管理職についたとします。今までとは違った仕事でストレスがかかってきます。またこの年代は家庭でも、例えば子供の受験、親の介護など今までに無いストレスがかかってくる頃です。

現代社会は様々なストレスにより、テストステロン値を下げやすい傾向に有るのです。今はまさにテストステロンにとって受難の時代と言えます。

男性更年期の受診は何科?どんな治療をするのか?

更年期障害と思われる症状が辛い男性は、男性更年期の治療を専門としている医療機関を受診してください。

  • 男性更年期専門外来
  • メンズヘルス外来
  • 泌尿器科

などを受診すると良いでしょう。

医療機関では、血液検査でテストステロン値を測定します。テストステロン値が低ければ(8.5pg/ml未満)男性更年期の治療が必要となります。

ホルモン補充療法が中心で、テストステロンの注射が用いられます。テストステロンを定期的に注射することで症状の改善が期待されます。

またホルモン治療は、体質や病歴によって不可能な場合副作用が見られる場合があり、ホルモン軟膏や漢方薬が用いられる場合もあります。

治療に即効性はありません。早ければ1か月くらいで症状が改善され始める人もいますが、効果には個人差があり、治療は少なくとも半年くらい継続するのがのぞましいとされています。

費用は、医療機関や治療内容によって保険適応となる場合とならない場合があるので、医療機関とよくカウンセリングをして治療プランを考えてください。

また男性更年期かどうかは、テストステロン値を測定しない限り判別が難しく、うつ病と誤診されてしまう場合もあるのです。もちろん男性更年期の人がうつ病の治療を受けても、テストステロンを補充しない限りは改善されません。

こういった誤診を避けるためにも、40~50代の男性に不調があれば、やはり男性ホルモンの影響を一度は疑うようにしたいところです。

男性更年期を乗り越えるためには男性ホルモンを減らさないこと!

男性更年期の症状を改善し乗り越えるために40歳を過ぎることから始まる男性ホルモンの減少を最小限にくいとめ、男性ホルモンが減少するペースをできるだけ緩やかにすることです。

女性ホルモンは閉経を境に急激に減少しますが、男性ホルモンは比較的ゆっくりとしたペースで減少していきます。それが男性更年期を分かりにくくしている要因でもありますが、減少幅を緩やかにすることも比較的簡単に行なえるともいえます。

つまり、男性更年期障害の原因は男性ホルモンの減少に他ならないので、男性ホルモンの分泌低下を抑え、男性ホルモンの分泌を促進することができれば、男性更年期障害の症状も緩やかですみ更年期が起こる年齢を遅らせることも可能になります。

男性ホルモンの分泌量は年齢や体質によってある程度決まっていますが、日常生活の送りかたによっては男性ホルモンの分泌量を増やすことができます。男性ホルモンの分泌を促進するには次のような方法があります。

男性ホルモンの分泌を促す方法1.運動する

男性ホルモンの分泌量を最も簡単に増やす方法は運動することです。どんな運動でも構いません。男性ホルモンは筋肉量が増えるほど分泌が多くなることが分かっています。逆に筋肉量が減少すると男性ホルモンの分泌も少なくなります。

また適度な運動を1ヶ月間、毎日行なうことで、誰でも男性ホルモンが劇的に回復するといわれています。この場合の適度な運動というのは、本格的なスポーツというわけではなく、日常でできるちょっとした運動で十分です。

例えば、できるだけ階段を使うようにしたり、通勤時に1駅前の駅で降りて歩くようにしたり、近所を散歩したりと簡単にできることを毎日続けることが大事です。もちろん、本格的なスポーツを行なうことができれば、効果はさらに高まります。

そして、運動したり体を動かすという意識を持つこと自体が男性ホルモンの分泌が促進します。そもそも男性ホルモンは動物が狩りをするときのように闘争心や縄張りを守るという戦闘的な意識が高いほど男性ホルモンの分泌も多くなっていきます。

獲物をとる、縄張りを守る、子孫を残すというような、いわゆる肉食系と呼ばれるような心と体を作ることに男性ホルモンの働きが相関しているので、運動して体を鍛えるという意識と行動は男性ホルモンの分泌を高めることにつながるのです。

男性ホルモンの分泌を促す方法2.睡眠を取る

男性ホルモンは寝ている間に作られています。年齢に関わらず、十分な睡眠をとることで男性ホルモンを作る機能が高まり分泌量が多くなります。

適切な睡眠時間は個人差があるので難しいところですが、睡眠時間は7~8時間程度にして自分でしっかり眠れたと実感できる良質な睡眠をとるという意識が大切です。

また夜しっかり眠ることで昼の活動が活発になり、それがまた夜の良質な睡眠につながるという好循環を作るようにすると、さらに男性ホルモンの分泌が促進されます。

男性ホルモンの分泌を促す方法3.ストレスを解消する

男性ホルモンは脳の視床下部から指令がだされ主に精巣で作られますが、脳の視床下部はストレスが多いと正常に機能しなくなります。男性ホルモンを正常に分泌させるためには、できるだけストレスを溜めないことも大切です。

男性ホルモンの分泌を促す方法4.男性ホルモンに効果的な栄養を摂る

昔からネバネバした食品を摂ると精がつくといわれます。それはネバネバ食材に多く含まれるムチンが高い滋養強壮効果を持つためです。

  • 山芋
  • オクラ
  • なめこ
  • 納豆

などネバネバ食品を多く摂ることで、男性ホルモンの分泌が促進されます。

また男性ホルモンが分泌される前立腺や睾丸には亜鉛が多く含まれており、亜鉛を多く摂ることによって男性ホルモンの分泌が活発になります。そのため亜鉛は性のミネラルとも呼ばれます。

亜鉛が多く含まれる食べ物には、

  • 牡蠣
  • しじみ
  • レバー
  • うなぎの蒲焼

などがあります。確かにどれも精がつきそうなイメージがある食べ物ですね。

またコレステロール値が高い事は悪いとされていますが、コレステロールは男性ホルモンの原料になります。あまりコレステロール値を下げる食事を考えるよりも、増やしても大丈夫なように運動を心がける事の方が大切です。

男性ホルモンの分泌を促す方法5.新しいことにチャレンジしたり男性同士で集まる

男性ホルモンは新しいことに挑戦する気持ちがあると分泌がさかんになります。これは好奇心や冒険心、競争心を高めるのが男性ホルモンの役割なので、こうした気持ちを常に持ち続けることが男性ホルモンの分泌を活性化することができます。

また男性同士で集まり会話や食事をすると、無意識のうちに男性同士の縄張り意識が覚醒し自然に男性ホルモンの分泌が高まることも明らかになっています。

女性ばかりの職場にいると男性ホルモンの分泌が抑制され、男性が多くいる職場では男性ホルモンの分泌が多くなります。時々男性だけで集まる機会を作るようにするのも良い方法です。

内臓脂肪が少なく筋肉量の多い男性ほどテストステロンの分泌が多いです。

「筋トレで筋肉の増強 + 有酸素運動で内臓脂肪の燃焼」

でテストステロンが分泌しやすい体を作りましょう。運動すればストレスの解消にもなり、一石二鳥ですよ。

女性の更年期障害より厄介かも?30代の男性も油断しないで

女性更年期も辛いですが、男性更年期もなかなか大変だということがお分かりいただけたかと思います。

しかも閉経を迎えるまでの10年間ほどで自然におさまる女性更年期と異なり、男性更年期は30代から始まる場合もあれば、60代で急に発症することもあり、女性の更年期よりも症状が長期化しやすいのも厄介なのです。

男性更年期の辛い症状に悩まされることのないよう、若いうちから規則正しい生活を心がけテストステロンが低下するのを防ぐことも大切ですね。

さて、今まで記事を読んでみて少しでも気になった方は、下記の17のチェック項目のうち、いくつ該当するか自己診断してみましょう。

【自己診断のためのチェック項目】

各項目について下記の5段階で採点してください。

非常に重い 5 重い 4 中程度 3 軽い 2 なし 1
  1. 関節や筋肉に痛みを感じる
  2. 頻繁に疲れを感じ、眠くなる
  3. 睡眠の悩みを抱えている
  4. 不安感がある
  5. 汗が酷い
  6. イライラする
  7. 最近、神経質になった
  8. 疲れやすく行動するのが億劫だ
  9. 筋力が低下した
  10. 気分が憂うつである
  11. もう、力尽きたと感じる
  12. 自分のピークは過ぎたと感じる
  13. 全体的に調子が悪いと感じる
  14. 最近、ひげの伸びが遅い
  15. 性的能力の衰えを感じる
  16. 早朝勃起の回数が減少した
  17. 性欲が減った

17項目の合計点

軽度 27点~36点
中度 37点~49点
重度 50点以上

いかがでしたか?50点以上になってしまった人は、真剣に今の身体と向き合ってくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る