TOP > > 40代男性の不調はLOH症候群かも!男性更年期障害の治し方

40代男性の不調はLOH症候群かも!男性更年期障害の治し方

shutterstock_711380502

40代の疲れやすい、のぼせる、なんだかイライラする…は女性の更年期障害だけではありません。実は男性にも更年期のこんな症状が出てくるということをご存知でしたか?

「仕事疲れ」「年のせい」で片付けられがちな働き盛りの不調「男性更年期」について、その特徴や治療法について説明していきます。

40~50代の男性は要チェック!こんな症状は男性更年期かも

40~50代の男性が「特に思い当たる病気がないのに全体的に体調が悪い」と感じる場合は、更年期障害が原因かもしれません。

あまり知られていませんが、男性も40代~50代に更年期障害にかかることがあるのです。これは男性更年期(LOH症候群)と呼ばれています。

原因はテストステロンという男性ホルモンの低下です。いわば、女性の更年期障害が女性ホルモン(エストロゲン)の低下で起こるのと同じです。

テストステロンが低下すると、攻撃性や男性らしさが弱くなったり、男性機能の低下がみられたりするほか、

  • うつ症状
  • 認知症
  • メタボリックシンドローム(肥満・高血圧・糖尿病・脂質異常症)
  • 骨粗しょう症

といった、心身のさまざまな病気まで起こりやすくなってしまいます。

また、次のような不定愁訴の症状が複数見られる場合は男性更年期の可能性が考えられます。

【性機能の低下】

  • 性欲減少
  • ED
【体の症状】

  • 汗をかきやすくなった
  • 暑くないのに顔や身体がほてる
  • 疲れやすくなった
  • 階段の昇り降りがきつい
  • 体のあちこちに痛みを感じる
  • 息切れしやすくなった
  • 耳鳴りやめまいが起こりやすい
  • 夕食後にうたた寝をすることが増えた
  • 身長が低くなった
  • ひげの伸びが遅くなった
  • 食欲が落ちてきた
【心の症状】

  • 仕事の効率が低下したように感じる
  • もの忘れが増えた
  • 以前よりやる気が起こらなくなってきた
  • イライラしやすくなった
  • 怒りっぽくなった
  • 悲しい気分になることが増えた
  • 自分は価値がない人間だと感じることがある

これらは「仕事が忙しいせい」「年のせい」で片づけられることも多い症状です。いつもより多めに休養をとって体調が回復するなら問題ありません。

しかし休養しても体調がすぐれない場合には、男性ホルモンが原因かもしれないと考えて一度専門科に相談してみることをおすすめします。男性更年期を見過ごしてメタボや認知症にかかるのは避けたいですからね。

働き盛りは辛いよ!加齢とストレスが男性ホルモンを低下させる

shutterstock_73290586

では、なぜ40~50代の男性はテストステロンが低下して男性更年期が起こりやすくなってしまうのでしょう。

テストステロンは20代をピークに加齢と共に分泌量が低下していき、70歳代では20代のおよそ半量くらいにまで減ってしまいます。

テストステロンは筋肉を増強させる作用があるため、分泌量が低下すると筋肉量が減って内臓脂肪が増えやすくなるのです。だからメタボを引き起こしやすいのですね。また筋力が低下するため、疲れやすくなります。

またテストステロンには抗うつ剤のような作用があるため、テストステロンの分泌が十分な人は気力が充実し精神的ストレスに負けにくくなるのですが、分泌量が低下している人は心の不調が起こりやすくなるのです。

さらに、働き盛りの男性を襲うさまざまな強いストレスも、テストステロンの分泌を抑えてしまうのです。

精神的なストレスがかかっている時は、知的活動を司る大脳新皮質のはたらきが強くなります。すると、そのバランスを取るように性ホルモンに関与する大脳辺縁系のはたらきが弱くなり、テストステロンの分泌量が低下してしまうのです。

まさに40~50代は、仕事の責任や家庭の悩み、親の介護、ローン…など、ストレスの要素となる問題だらけの世代ともいえるでしょう。

それらの問題を精力的にクリアしていくためにも、体と心の不調に気づいたら早めに適切な対処を始めたいですね。

男性更年期の受診はどこへ?どんな治療をするのか? 

shutterstock_164476766

更年期障害と思われる症状が辛い男性は、男性更年期の治療を専門としている医療機関を受診してください。

  • 男性更年期専門外来
  • メンズヘルス外来
  • 泌尿器科

などを受診すると良いでしょう。

医療機関では、血液検査でテストステロン値を測定します。テストステロン値が低ければ(8.5pg/ml未満)男性更年期の治療が必要となります。

ホルモン補充療法が中心で、テストステロンの注射が用いられます。テストステロンを定期的に注射することで症状の改善が期待されます。

またホルモン治療は、体質や病歴によって不可能な場合副作用が見られる場合があり、ホルモン軟膏や漢方薬が用いられる場合もあります。

治療に即効性はありません。早ければ1か月くらいで症状が改善され始める人もいますが、効果には個人差があり、治療は少なくとも半年くらい継続するのがのぞましいとされています。

費用は、医療機関や治療内容によって保険適応となる場合とならない場合があるので、医療機関とよくカウンセリングをして治療プランを考えてください。

また男性更年期かどうかは、テストステロン値を測定しない限り判別が難しく、うつ病と誤診されてしまう場合もあるのです。もちろん男性更年期の人がうつ病の治療を受けても、テストステロンを補充しない限りは改善されません。

こういった誤診を避けるためにも、40~50代の男性に不調があれば、やはり男性ホルモンの影響を一度は疑うようにしたいところです。

運動がおすすめ!男性更年期の治療に併せて意識したいこと

shutterstock_789371022

また男性更年期の治療はホルモンを補充するだけでなく、日頃から男性更年期が改善されるよう意識して過ごすことが大切です。

ストレスは大敵なので、ストレス発散法を見つけてストレスが溜まらないようにしましょう。ホルモンの分泌を安定させるためには、十分な睡眠や栄養バランスのとれた食事も必要です。

また、内臓脂肪が少なく筋肉量の多い男性ほどテストステロンの分泌が多いのです。

筋トレで筋肉の増強 + 有酸素運動で内臓脂肪の燃焼」でテストステロンが分泌しやすい体を作りましょう!

運動すればストレスの解消にもなり、一石二鳥ですよ。

女性の更年期障害より厄介かも?30代の男性も油断しないで

女性更年期も辛いですが、男性更年期もなかなか大変だということがお分かりいただけたかと思います。

しかも閉経を迎えるまでの10年間ほどで自然におさまる女性更年期と異なり、男性更年期は30代から始まる場合もあれば、60代で急に発症することもあり、女性の更年期よりも症状が長期化しやすいのも厄介なのです。

男性更年期の辛い症状に悩まされることのないよう、若いうちから規則正しい生活を心がけテストステロンが低下するのを防ぐことも大切ですね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る