TOP > 更年期障害

更年期障害の症状と対処の仕方

更年期障害とは、女性の閉経頃に出てくる、女性特有の症状とされてきましたが、ここ数年、男性の更年期障害も認められてきました。

どちらも、加齢により、それぞれのホルモンの分泌量が減ることで、起きるとされています。女性の場合は、卵巣の働きが低下し、女性ホルモン(エストロゲン)が減り、脳の自律神経中枢がうまく働かなくなって、自律神経失調症を引き起こし、この年代の社会環境、生活環境による精神的ストレスと合わさって、ホットフラッシュ(のぼせ、ほてりなどの症状)、うつ症状が出てくるものです。

このカテゴリでは、更年期障害の症状、辛い症状の時期を乗り越える方法、男性の更年期障害について、をご紹介しています。

こんな人は要注意!更年期症状が重症化しやすい人の特徴とその予防法

更年期障害の症状

更年期障害の症状として、最も分かりやすいのは、「ホットフラッシュ」でしょう。運動も何もしていないのに、急に汗が出始め、顔がかーっと熱くなり、その症状が数分間続きます。

自律神経による症状とされており、規則正しい生活を送ることと、ホットフラッシュの症状が出ても、落ち着いて行動することが大切です。あまりに辛いようでしたら、婦人科などを受診し、エストロゲンを補充する治療を受ければ、症状が軽くなると言われています。

・ホットフラッシュ
更年期の急なほてりやのぼせ『ホットフラッシュ』のための5つの対策
更年期障害で起こるホットフラッシュの症状をやわらげる対策3つ

あまり知られていませんが、手足のしびれも、更年期障害の症状のひとつです。これらも、エストロゲンの量が減るために起きるもので、そう心配する症状ではないのですが、手足がこわばったり、マヒするような感覚がある場合は、早めに病院を受診された方がいいでしょう。

ビタミンやミネラルを多めに取る食事を心がけ、生活習慣の見直しをお勧めします。

・意外な症状も
若い年齢で急増中!若年性更年期障害の症状と主な原因
手足のしびれや皮膚のピリピリ感…実はこれも更年期の症状だった

更年期障害を乗り切る食事

更年期障害の発症年数は、人によって、数か月から10数年…と、大きく異なります。辛い更年期と向き合っていくためには、乗り切る方法を知っておくことです。

その乗り切り方として、重要視されているのが、「食事」です。更年期障害には、完治するための薬、更年期によく作用する薬というものはなく、諦めがちな更年期ですが、不足しているエストロゲンを、食事により補うことで、症状を楽にすることが出来ます。

・食事で体の中から闘おう
水とムコ多糖類が更年期障害の対策に!乗り切るための食事に是非!
更年期にお勧めの食べ物はコレ!つらい症状を少しでも楽に乗り切ろう

更年期障害の対処法

更年期障害というのは、「憂鬱」なもので、「やっかい」というイメージを持たれている方がほとんどだと思いますが、どれくらい続くか分からない更年期と付き合っていくためにも、更年期障害のことを知ることが大事です。

どういう症状で、どうして起きるのか?などの、基礎的な知識を学び、ホルモンが不足するのであれば、補う方法を考えていくことも、更年期と向き合う上で、大切なことです。

そして、憂鬱…と、落ち込むばかりでなく、生きていく上で「楽しみ」を見つけ、自分の人生を有意義に過ごそう!という意識を持つことが、更年期障害と向き合う上で、重要なことではないでしょうか?

・更年期と向き合うために
辛い更年期を楽に過ごす方法があった!?5つの方法で楽々更年期
更年期に備えたい!女性ホルモンを減らさない生活

女性の体は、初潮が始まって、約35年で閉経を迎えると言われています。つまり、その頃、大体50歳前後で、更年期の時期を迎えることになり、女性であれば、避けては通れない道です。

症状の出方は人それぞれなので、一概には言えませんが、全く不調を感じずに終わった…という方がいらっしゃる中で、不調を訴える方が多いのが現状です。

症状が出たときに、慌てることのないように、ある程度の覚悟はしておきたいものです。

・いつでも来い!という意識を
女性ならいつかはやってくる…知っておきたい閉経時の不調と対処法

男性の更年期障害

更年期障害と聞くと、女性の病気と思いがちですが、ここ数年、男性にも、更年期障害があるということが分かってきました。

女性は、女性ホルモンが減ることで起きますが、男性も、男性ホルモンが減ることで起きるとされています。また、女性の更年期は、閉経頃の50歳前後が圧倒的に多いのに対し、男性の更年期は、20代、30代の方でも発症します。

・男性にもある更年期障害
男性も更年期障害にかかる!男性更年期障害の4つの特徴
男性更年期障害の原因は何?4つの原因について

男性の更年期障害の原因である、男性ホルモンは、ストレスや疲労にとても弱く、働き盛りの20代、30代の男性が発症する場合は、これらが原因となって起きることが多いようです。

イライラ、不眠、頭痛、めまいなどの症状が続くようでしたら、内科や泌尿器科を受診されることをお勧めいたします。

・男性の更年期は、どうすればいい?
何科を受診すれば良い?」など、男性更年期障害に関する5つのQ&A
働き盛りの男性を襲う更年期障害、女性だけなんて思ったら大間違い

男性ホルモンは、ストレスや疲労に弱いことが分かっています。そこで、ストレスを上手に解消し、睡眠をしっかりとり、体にいい食事をすることで、男性の更年期障害は、予防することが出来ます。適度な運動も効果絶大です。

生活習慣病の予防と合わせて、気を付けられるといいでしょう。

・男性更年期障害の予防法
更年期障害は簡単に予防できる!?自宅で出来る4つの予防法

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る