TOP > > 喉の痛み改善に処方されるトローチのカロリーや正しい使用法

喉の痛み改善に処方されるトローチのカロリーや正しい使用法

トローチ

風邪のひきはじめなどで喉が痛い、イガイガするといったときには、うがい薬やトローチが処方されることも多いでしょう。これらの薬を使うことで症状が悪化してしまうのを抑えることができます。

ただトローチって結構甘いと思ったことはありませんか?ダイエット中や糖尿病などで普段なるべくカロリーを摂らないようにと頑張っている人にとっては、あの甘味でも気になってしまうのではないでしょうか。

実際のところトローチにもカロリーってあるのでしょうか。もしあるのだとすると、どのくらいの量のカロリーがあるのでしょうか。

トローチの効果といえば口の中の殺菌消毒

医療機関を受診し、風邪気味などで喉に炎症があると診断された際に処方される主なトローチには以下のようなものがあります。

  • SPトローチ
  • ノードマントローチ
  • オラドールトローチ
  • セチルピリジニウム塩化物トローチ(旧商品名:スプロールトローチ)

(このうちSPトローチとノードマントローチは同じ成分のトローチですが、発売している製薬会社が違うため名称は異なります。)

これらは殺菌消毒の効果があるトローチで、口の中にいる細菌を殺す働きをしてくれます。ただウイルスを殺す働きはありません。風邪やインフルエンザの原因はウイルスなのですが、トローチにはウイルスを殺す効果はないのです。

喉の粘膜が炎症を起こしてしまっていると、普段は問題にならないような口の中にいる細菌に二次感染し炎症が悪化してしまうことがあります。そのようなことを予防することを目的としてトローチが処方されます。

お薬の説明書には「菌を殺す」と書かれているかもしれません。しかし上記の4つのトローチは殺菌消毒薬であって、抗菌薬は含まれていません。そのため抗菌薬で下痢したことがあるといった人でも心配しないで使うことができます。

殺菌薬
病原性を持った微生物(ウイルスなど)を殺す、または増殖を抑止するための薬剤
抗菌薬
細菌の増殖を抑制したり殺したりする働きのある化学療法剤

しかし中には抗菌薬や抗真菌薬の含まれたトローチもあります。

  • 抗菌薬:アクロマイシントローチ
  • 抗真菌薬:エンペシドトローチ

アクロマイシントローチはテトラサイクリン系の抗生物質の入ったトローチです。もしも今までにテトラサイクリン系の抗生物質で副作用が出たことがあれば、必ず医師や薬剤師に伝えてください。

上4つは抗菌薬が含まれていない殺菌消毒薬で、ウイルスを殺すのではなく、無害な細菌による二次感染を防ぐためのものなのです。

トローチにもカロリーがある!多いと感じる?少ないと感じる?

では、トローチにカロリーはあるのでしょうか。

トローチは殺菌消毒の働きをする成分の他にも、口の中に入れて舐め続けやすくするために糖分も含まれています。そのため、トローチにもカロリーはあるのです。

<風邪をひいた際に処方される主なトローチのカロリー>

商品名 1錠のカロリー 1日の使用量 1日の摂取カロリー 5日使用時のカロリー
SPトローチ、ノードマントローチ 5.0kcal 6錠 30.0kcal 150.0kcal
オラドールトローチ 4.0kcal 3-6錠 12.0-24.0kcal 60.0-120.0kcal
セチルピリジニウム塩化物トローチ 2.7kcal 3-4錠 8.1-10.8kcal 40.5-54.0kcal

 

<市販のトローチ>

商品名 1錠のカロリー 1日の使用量(成人) 1日の摂取カロリー
龍角散ダイレクトトローチマンゴー 2.4kcal 3-6錠 7.2-14.4kcal
ルルメディカルドロップ 3kcal 10-12錠 30.0-36.0kcal
パブロントローチAZ 5kcal 4-6錠 20.0-30.0kcal
明治Gトローチ 5.6kcal 6錠 33.6kcal

このうち龍角散ダイレクトトローチとルルメディカルトローチは、喉の殺菌消毒の薬ではなく咳を止めたり痰を切る働きをする薬になります。使い方を間違えないようにしてください。

これを見て、思っていたよりもカロリーが多いと感じられたでしょうか?それとも少ないと感じられたでしょうか?

ちなみに同じくらいのカロリーを食品から摂るとすると、どのくらいの量になるのでしょう。(重さやカロリーはメーカーによっても違います。)

  • チョコレート1片(4.5g):約25kcal(メーカーにより1片の大きさが違います)
  • ポテトチップス3枚くらい(5g):約28kcal
  • バタークッキー1枚(9g):約47kcal
  • 塩せんべい1枚(15g):約56kcal
  • ようかん1切れ(10g):約30kcal
  • ガム「クロレッツ」1パック(14粒入り):31.4kcal
  • 「FRISK」1パック(50粒入り):21kcal

お菓子類のカロリーと比べたとき、トローチのカロリーについてはどう思われますか?

消費カロリーでいうと、50kgの人が普通の速度で30分歩いたときはだいたい80kcalです。

ちなみに私が大好きなバターサンドのカロリーは一つで165kcalです…

できればカロリーの低いトローチを使いたい!そんな時は相談して

一般的な成人の摂取カロリーの目安は1日1800~2200kcal前後とされています。ただこれは性別によっても違いますし、年代、生活環境(職業)などによっても違ってきます。

糖尿病の方の摂取カロリーの目安は1日1600Kcalとされます。(もちろん、性別・年齢・生活環境によって違ってきます。)

一日の摂取カロリーの目安からすると、トローチのカロリーはそれほど気にすることはないでしょう。風邪気味の数日だけトローチを使うくらいなら、カロリーについて神経質になることはありません。

それでもやっぱり、カロリーが気になるという人もいるでしょう。ダイエットや糖尿病のために頑張ってお菓子を我慢しているのに、トローチでカロリーを摂取してしまうのは嫌だと思われるかもしれません。

トローチの種類によってカロリーにはばらつきがあります。5日間使うとSPトローチだと150kcal、それに対しセチルピリジニウム塩化物トローチなら40.5kcalです。

できればカロリーの低いトローチに変更してほしい、もしくはトローチでなくうがい薬のほうがいいと思われたときにはどうすればよいのでしょうか?

そのようなときには診察の際にその希望を医師に伝えるか、処方せんを持って行った薬局で相談してみてください。薬局では医師に連絡をとり、了承を得られれば変更することができます。

ただし医師に確認をとってからでなくては変更することができないため、多少時間がかかってしまいます。

またどの薬局でも全てのトローチを在庫しているというわけではないため(全てのトローチを在庫している薬局はほぼないと思います。)、変更されたトローチの取り寄せにも時間がかかるかもしれません。

それでも、何か希望があるようでしたら一度相談されてみるとよいでしょう。

さほど神経質になることもないカロリーですが、どうしても!という方は医師や薬局に相談してください。

取り寄せに時間がかかってしまうかもしれませんが、対応してくれるでしょう。

トローチは飴ではありません!ゆっくり舐めて溶かして使って

ところで、あなたはトローチを正しく使えていますか?ほとんどの人はトローチを使ったことがあるでしょう。ただ、飴のように途中で噛んでしまったりしていませんか。

トローチはゆっくり舐めて、口の中で少しずつ溶かしていくことで殺菌消毒の効果を発揮してくれます。口に入れてすぐに噛み砕いて飲み込んでしまっては、効果を発揮することなく終わってしまいます。

トローチを使うときには次の点について再確認してみてください。

  • 口の中でゆっくり溶かして舐める、噛み砕いて飲み込んでしまったりしない
  • 使用後30分くらいは、飲み物を飲んだり何か食べたりしないようにする
  • 指示された使用量を守る
  • 続けて使ったりしないで、少なくとも2時間以上はあける

トローチは飴ではなくあくまでお薬です。喉が痛いからといっていくつも舐めてしまったり、飴を舐めているときの癖で噛み砕いてしまったりしないようにしてください。

また寝る前にトローチを舐めたりしたら、虫歯になってしまわないかと心配になることもあるかもしれません。でもこれは心配しなくて大丈夫です。

トローチには殺菌消毒の働きがあるため、口の中にいる細菌を殺していってくれます。それによって虫歯の原因になるような細菌も減ってきます。ですから虫歯になりやすくなることはないのです。

もちろんのど飴は「飴」ですから、舐めたまま寝てしまっては虫歯になってしまいます。

のど飴を舐めたまま寝ることはしないようにしましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る