TOP > > 市販の目薬が逆に目を傷めることがあるのをご存知ですか?

市販の目薬が逆に目を傷めることがあるのをご存知ですか?

市販の目薬は防腐剤入りが多く目に刺激が強すぎる

市販の目薬は、ある程度長期間使用することが前提になっているので、長期間、1日に何度も繰り返し使うことになります。

そのため、使用中に皮膚に先端が触れたり、空気中の微生物や細菌が目薬の中に入り込んだりする機会が増加し、品質劣化を起こしやすくなります。それを防止し、品質劣化しないようにするため止むを得ず多くの製品に防腐剤が添加されています。

涙が多い目であれば、多少の防腐剤も涙で薄められ涙と一緒に目から洗い流されるので大きな問題にまでなりませんが、ドライアイでは少量の防腐剤でも1日に数回、目薬をさすと防腐剤が目を刺激し、目の周囲が赤くただれしまうアレルギー性接触皮膚炎などの炎症を起こすほか、角膜上皮にダメージを与える可能性があります。

市販の目薬でも防腐剤の入らない目薬あり

市販の目薬でも防腐剤フリーの目薬があります。塩化ベンザルコニウムやソルビン酸カリウムなどの防腐剤を配合しないで、他の目的の成分を組み合わせることで防腐力を実現しています。

市販の目薬を購入するときは防腐剤フリーを謳っている目薬を利用するようにしましょう。また、使い切りタイプの目薬がありますが、細菌などに触れる機会が少ないので、これにも防腐剤は添加されていません。

尚、防腐剤が入っていなければ、無条件に何回でも使っても問題ないように感じますが、最低でも1時間以上は間隔を空けから使用するようにしないと、少ない涙を洗い流してしまう危険性があります。

眼科医が使用を勧めない目薬を知っていますか?

眼科医が使用を勧めない目薬は、「血管収縮剤」の配合された目薬です。「血管収縮剤」の配合された目薬には、「充血をなくす・とる」という表現がしてあります。

血管収縮剤はその名の通り、血管を収縮させるので、血液によって運ばれる酸素の量が減少し、目は酸素不足になってしまいます。また、涙の分泌を抑えるのでドライアイの症状を悪化させます。

血管収縮剤は、末尾に「ゾリン」という言葉が付くので、この名前の成分が含まれていれば使用をさけるようにしなければなりません。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る