TOP > > 入院してボケた?薬が原因?認知症とも似た、『せん妄』の原因とは

入院してボケた?薬が原因?認知症とも似た、『せん妄』の原因とは

「骨折で入院してたおじいちゃんが、骨折は治ったのに急にボケちゃって」

高齢者が入院した場合、こういった状況が起こることがあります。この認知症と似た症状はせん妄かもしれません。入院経験のある高齢者の10~30%が、入院中にこのせん妄を経験すると言われます。

せん妄とは意識レベルが低下し、急に興奮したり、幻覚や妄想を伴った異常な行動をとったりする症状です。軽症なら独り言を認める程度ですが、ひどくなると徘徊したり暴言、暴力を認めることもあります。

症状としては認知症と似ていますが、時間的経過などに大きな違いがあります。

せん妄は数時間から数日の間に急に起こります。1日のうちでも状態の変動があり、特に夕方から夜間にかけて悪化する傾向があります。翌朝には前日のことを全く覚えてなかったりします。

認知症の発症は緩やかで、数ヶ月から数年くらいかけて症状が出てきます。1日の中で状態の変動はなく、徐々に進行していきます。意識障害や幻覚はあまり起こりません。

せん妄は急性の脳機能障害とされ、発症のメカニズムは完全には解明されていませんが、神経伝達のバランスが崩れたことが一因とされています。一過性のもので適切な処置をすればほとんどが治まっていきます。

せん妄の原因とは?

せん妄を引き起こす原因は様々なことが考えられ、それらの原因が重なりあうことで発症します。

その原因として考えられるものは脳梗塞などによる脳機能の低下、呼吸器疾患や心疾患による低酸素状態、脱水などによる電解質異常、糖尿病、ビタミン不足、重度の感染症などがあります。また心理的ストレスも大きく関係していて、入院や手術、激しい痛みや環境の変化なども原因となります。

入院、特にICUに入った時にはせん妄を起こしやすくなります。また高齢者介護施設などへの入所もせん妄を起こしやすくなります。高齢者は加齢によって脳が変化しているため、せん妄になる危険性は増加しています。何かのきっかけが加わることでせん妄を発症しやすくなっているのです。

薬の副作用によってせん妄を起こすことも少なくありません。若年者と同じ量でも高齢者にとっては過量の状態となっていることもあります。

せん妄を引き起こす薬とは?

せん妄を引き起こす薬は、実はいろいろとあります。薬剤性のせん妄は初期のうちに原因薬剤を見つけて中止することが一番です。しかし、薬剤性せん妄だと診断されずに認知症と診断され、認知症の治療薬によってさらにせん妄を起こしてしまうこともあります。

具体的には以下のような薬でせん妄を引き起こすことがあります。

  • バルビツール酸系、ベンゾジアゼピン系などの睡眠薬、抗不安薬
  • 三環系抗うつ薬(トリプタノール、アモキサンなど)
  • フェノチアジン系(コントミンなど)などの抗精神病薬
  • 抗コリン薬(アーテン、アキネトンなど)、レボドパ製剤などの抗パーキンソン病薬
  • プロプラノロール(インデラル)、ベラパミル(ワソラン)、スピロノラクトンなどの抗不整脈薬、降圧薬、利尿薬
  • シメチジン、ファモチジン(ガスター)、ラニチジンなどのH2ブロッカー
  • アスピリン、インドメタシンなどの解熱鎮痛薬
  • その他テオフィリンや抗生剤、抗ウイルス薬など

ここにあげたものはほんの一例で、他にもせん妄を引き起こす薬剤はいろいろとあります。

家族が突然認知症のようになってしまったという時には、医師に普段飲んでいる薬(特に最近追加された薬)を伝えて、まず薬の副作用を確認してもらうとよいでしょう。ガスターのような、一般的によく使われている薬でもせん妄を起こすことがあるので注意してください。

また、環境の変化なども引き金になります。今までと違うこと、何か不安になるようなことはなかったか見直してみてください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る