TOP > > 生理痛、ニキビに!ピルの意外な効果と知っておくべき副作用

生理痛、ニキビに!ピルの意外な効果と知っておくべき副作用

Fotolia_31328968_Subscription_XL

「ピル」と聞くとまず「避妊のため」と思いますよね。女性ホルモンの影響で服用中は絶対に妊娠しませんから、望まない妊娠を避ける為にも、服用されている方はいらっしゃると思います。

しかし日本ではまだあまり普及しているとはいい難く、

  • 副作用が強い
  • 太る
  • 自然じゃない
  • 面倒

などの理由から敬遠する女性が多いようです。

ピルを使うには婦人科受診が必要で、処方してもらわなければなりません。これも普及しない理由のひとつかもしれません。一般医薬品として売っていれば、今より手を出しやすそうですよね。

でも、特に今回注目する低用量ピルには様々な嬉しい効用があることが分かってきています。


低用量ピルとはどんなもの?服用方法や避妊効果について

一般的に低用量ピルと呼ばれる経口避妊薬には、女性ホルモンと黄体ホルモンと呼ばれる2種類のホルモンが含まれています。これによって排卵が抑制され避妊効果が起きます。

つまり毎日定量を飲み続けることで排卵を抑える効果をもたらすものなのです。そのために望まない妊娠を避けたい人にも使われています。ピルにはホルモンが含まれ、偽妊娠に近い状態に体を変化させるので、それ以上の排卵が抑えられるのです。

排卵後、女性の体内の血中では、黄体ホルモン濃度が上昇しています。ピル服用中の女性の体内では、この排卵後と同じように黄体ホルモン血中濃度が上昇するために、卵巣では排卵を中止するのです。

女性ホルモンであるエストロゲンは思春期に第二次性徴を促進させるホルモンであり、更年期以降に減少していくものです。また、黄体ホルモンと呼ばれるジェスタージェンと総称されるホルモンは、子宮内膜に着床をうながす作用を持ち、主に黄体から分泌されるものです。

ピルとは、このふたつのホルモンが作用することで避妊効果、その他月経困難症などへ効能を発揮する薬剤です。

はじめて飲みだされる際には、子宮関連のがんなど服用できない病気をお持ちの場合もあるため、医院の婦人科や女性外来で処方してもらうと安心できますね。

第一、第二世代製剤を知り、自分に合うピルを選ぼう

低用量ピルは、その薬剤に含有されている黄体ホルモンの種類で、それぞれ世代と呼ばれる品種が異なり、第一世代、第二世代、第三世代、第四世代の製剤に分かれます。

第一世代
アンドロゲン作用がマイルドなピルとして人気のある、オーソなどがこれにあたります。

この第一世代ピルはノルエチステロンという黄体ホルモンを使用したもので、この黄体ホルモンの使用率字体は高いものです。アメリカなどではこの第一世代が主流となり使用されているようですね。

第二世代
日本国内でもっとも主に用いられている、トリキュラーなどがこれにあたります。第二世代は、エストロゲンが低用量ですが効き目がよく、しかしアンドロゲン作用が副作用として現れやすい製剤です。

この副作用を軽減するために、28日間の服用サイクルのなかで、飲む時期により薬剤の黄体ホルモン量を3段階に変えた3相性の製剤が多いです。この世代の低用量ピルは、アンドロゲン作用が気になる方にはあまり向いていない製剤となります。

ピルの種類

服用方法

1シートは21錠で、毎日1回、21日間飲み続けたら7日間お休みします。この休薬期間の間に生理が来ます。そしてまた次のシートを飲み始める…

このようにして28日間周期で服薬を続けることになります。

低用量ピルには一相性、二相性、三相性の3タイプがあり、一錠のホルモン含有量が一定のものと、21日の間に少量ずつ変化させて、自然のホルモン分泌のリズムに近づけているものとがあります。

ピルは2種類の女性ホルモンを含んでおり、この含有量で種類が分けられています。注目したいのはその中の「低用量ピル」です。婦人科系の病気の治療の為に(子宮内膜症・月経困難症など)処方されていることも多く、それほど抵抗感のある薬ではありません。

避妊効果ってどのくらいなの?

最も有名な避妊については、排卵が起こりませんので、受精しません。毎日忘れずに飲み続けていれば、避妊率はほぼ100%です。

もう子供はつくらないと考えているご夫婦や信頼関係の確立したパートナーとの間には向いているのではないでしょうか。

排卵を起こさせないメカニズムですが、これは脳に「すでに妊娠している」と錯覚させるものです。ピルにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という二つの女性ホルモンに似た成分が入っています。

ピルを服用することでこの二つの成分がすでに分泌されている状態にし、妊娠時と同様のホルモンバランスにしてしまうのです。これにより排卵が止まります。

排卵が止まることで生理は一時的にストップしますが、服用を中断すると再び排卵が行われ生理がはじまります。

生理の時期をコントロールする作用ってほんと?

旅行や海などのレジャー…女性には生理のタイミングをずらしたい時というものがありますよね。

そんなときに役立つのがピルです。前もってずらしたい予定に合わせて服用、服用を中止することで、生理の時期をコントロールすることができるのです。

生理を早めたいとき
中用量ピル 生理が始まる日の5日前から服用
低用量ピル 生理の初日から服用

このあと生理が来てほしい日の2日前くらいに服用をやめると出血が起こります。この場合、一般的には中低用ピルが使用されます。

生理を遅らせたいとき
中用量ピル 排卵後高温期に入ってから服用
低用量ピル 飲み続けている期間生理を遅らせる

どちらの場合も予定の2~3か月前から服用のリズムを把握しておく必要がありますので、婦人科などの専門家に相談しておきましょう。

ピルの効果:ホルモンを安定させ経困難症・PMSを改善する

生理前になると

  • イライラする
  • 憂うつ
  • 下腹部の張り、痛み
  • 腰痛
  • 胸の張り
  • めまい
  • 不正出血
  • 吐き気、嘔吐

などの症状が現れることが多いです。

思い当たるという程度ではなく、生活に支障が出るくらい症状が出て、生理が来ると軽減するため、月経前症候群(PMS)という病名がついています。

また月経困難症といわれる、

  • 生理中の強い下腹痛の持続
  • 強い腰痛
  • 強い頭痛

がある場合は、下腹痛は子宮を収縮させ内膜を出そうとするホルモンが関係しています。

他にも生理時の出血量が多い場合と、内膜が厚かったり、子宮筋腫があって血のかたまりがごろごろ出るような場合。また、生理が1ヶ月に2回以上来る、1週間以上続く場合など…。すべての症状はホルモンの影響なのです。

ピルは必要最低限の量しかホルモンが含まれていません。これを一定量飲むことで、「妊娠した」と脳が認識し、排卵は起こらず、ホルモンを出す必要がないと認識するのです。

ホルモンが少ない(適量)ので、内膜も薄くなり、出血も少なくなります。だから生理前の症状も、生理痛も出血多量も軽くなったり、なくなったりするのです。

日本で月経困難症、PMSに効能のある漢方薬と低用量ピルとの服用実験をしたところ、月経困難症・PMSの緩和に対する調査結果は漢方薬にくらべて、ピル服用被験者には大きく改善数が増加して現れました。

PMSを身体症状とメンタルでの症状による悩みに分けたところ、低用量ピルはメンタルよりも身体症状への効果がより高いということが判明しています。他、月経困難症の悩みにおいては、低用量ピルを使用している際には生理などの痛みに対する鎮痛剤の使用者が減ることも調査されています。

しかし、低用量ピル製剤には多くの種類別の製薬がありますが、ピルの日常的な使用者の方は使用しているピル製剤特有の副作用が気になっても、月経困難症とPMS改善効果が極めて高いために、同種類のピル薬を使用し続ける場合が多いそうです。

月経困難症とPMSを抑えられた時に得られるQOLの改善のほうが有益であるのだと、みなさん考えていらっしゃるようですね。

また不妊症の治療の一つに考えられている事も分かってきました。服用する事により排卵を止めて、卵巣を休ませる。という考え方です。質の良い卵子を排卵させる為に行う治療の一つになっています。

ピルの効果:生理痛に効く!生理痛のメカニズム

生理痛の原因は子宮内膜の中にあるプロスタグランジンという物質です。不要になった経血を排出するために、この物質が子宮を収縮させているのですが、収縮が痛みに繋がってしまうのです。

若い頃に全く痛みがなかったのに年を取ってから辛い症状が出始める人もいれば、以前は辛かったのに、出産を境に軽くなったという人もいます。これはホルモンの分泌量が変化するためです。

服薬後の変化

飲み続けることで生理痛が軽くなり、経血の量もぐっと減ってきます。何よりも周期がきっちり28日で安定するので、早まったり遅れたりするストレスから解放されます。

低用量ピルは子宮内膜が増えることそのものを抑えてくれるので、当然経血の量が減り、それにともなって収縮の回数も減るのです。

鎮痛剤を多用するリスクを防げる

ピルはよく分からないから怖い、鎮痛剤なら市販薬もあって手軽に買えるから楽、という人もいますが、鎮痛剤のリスクは軽視できないものがあります。

ずっと飲んでいた鎮痛剤が効きにくくなってきたことはありませんか?「最近、慣れて効きにくくなった」という声はよく聞かれます。

だからと言って量を増やしたりするのは絶対にいけません。痛み止めを飲み過ぎると、胃を痛めて他の病気を誘発したり、頭痛を引き起こしてさらに痛み止めが必要になるという悪循環に陥ることすらあるのです。

その点、低容量ピルであれば、痛みのもとそのものの動きを緩和するので、無理な鎮痛は必要なくなります。鎮痛剤には解熱作用もあって体温を必要以上に下げてしまう場合もありますが、そのリスクもありません。

ピルの効果:子宮内膜症の予防改善に!酷い生理痛は放置しないで

生理痛が酷い事を人に相談するというのも、なかなか話しにくい事なので自分1人で抱え込んでしまいがちですが、意外にも月経困難症で悩んでいる人は多く、それは年齢と共に増えていることも確認されています。

特に40代に差し掛かると、個人差もありますが近い将来迎える事になる閉経という問題が出てきます。閉経により卵巣の機能は大きく低下しますので、これに伴い女性ホルモンの分泌も徐々に減っていきます。

この影響で生理不順や月経過多、子宮内膜症といった問題も出てきます。もともと生理が順調で規則正しく来ていた人も、加齢と共に生理不順が起きた場合、それを年齢のせいだと考えてしまいがちです。

生理痛が酷くなるのも、女性ホルモンの分泌が減っているから仕方ないと思い込んではいませんか?確かにこれも原因になり得る事ですが、酷くなる生理痛を放置しておくと、子宮内膜症になるリスクも高めてしまうのです。

更に放置してしまうと、子宮内膜症から子宮内膜症性卵巣嚢胞に発展してしまうリスクもありますし、何より生理痛がどんどん酷くなり、起きていられず寝込んでしまう人もいます。こうなると日常生活や仕事にも影響が出てしまうので、対策が必要です。

子宮内膜症性卵巣嚢胞に発展してしまうことの予防ができる事、更にはホルモンが関係している、子宮がんや卵巣がんの予防効果も確認されています。

ピルを服用することで、子宮内膜症の症状を改善できるということがわかっています。

子宮内膜は生理により剥がれ落ちますが、そこに炎症が起こることで酷い生理痛や腰痛を感じるようになります。

女性ホルモンのひとつエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が、子宮内膜症の悪化に影響することがわかってきています。ですのでピルを服用することで、炎症する細胞の増加を抑えられるのです。

特に妊娠前にこの子宮内膜症を発症するととても危険なのですが、ピルを服用すると妊娠はできなくなってしまいますので、医師としっかり相談して治療方法を選択するようにしましょうね。

痛みが改善され、その他の女性特有の病気の予防にもつながるなら、取り入れてみる価値はありますよね。

ピルの効果:ニキビ治療薬としての第三世代ピルの勧め

最近では低用量ピルの認知度の上昇とともに、ピルの避妊効果以外の効果、副効能の研究がなされています。

成人性のニキビに悩む被験者27人に第三世代低用量ピルであるマーベロン製薬を三か月使用してもらった研究では、成人の難治性ニキビの個数が半分に減少したという調査結果がでました。

服用をした被験者には、アクネ菌の上昇例も見られなかったそうです。

このように、低用量ピルのホルモン作用は、成人の難治性ニキビ治療に有効であるという研究がなされているのです。

第三世代ピルは、第二世代のものに比べて血栓症を引き起こしやすいと勘違いされる方が多いようですが、第二世代と第三世代製剤に差はありません。

第一世代、第二世代ピルの弱点を克服した製剤であるのが第三世代ピルであり、デソゲストレルやゲストデンといったアンドロゲン作用の男性化症状を抑える黄体ホルモンを使用しています。

ニキビ改善などに副効能があるマーベロンやジネラがこの第三世代ピルにあたり、20年弱使用され続けてきています。血栓を心配し、ニキビの改善をしたい方は、この第三世代ピルを選ばれることが多いようです。

太らない!第四世代ピルの注意点と利点を知ろう

第四世代低用量ピルには、ヤーズやヤスミンなどの製剤が該当します。これらは、第三世代以前のピルと比べると、体重の変化やニキビの発生率がホルモンバランスの変化によって少ないといわれています。

これらは、ドレスピレノンと呼ばれる黄体ホルモンを使用しており、この黄体ホルモンは超低用量ピルに多く使われているものであるため、これまでのピルが身体に合わなかった方や太ることを心配している方に向いている製剤です。

ですが、ヤーズやヤスミンは、海外で血栓症により死亡者が少数ですが出ているピルでもあるため、使用する際には禁忌の方は避けなければならないリスクに関する注意と、自己責任が伴います。

低用量ピルの副作用と気を付けるべきこと

ピルには深刻な副作用があります。そのため、処方して貰う為にはいくつかの条件をクリアしなければなりません。(病院によって異なることも事実です)

  • 血圧
  • 喫煙
  • 年齢

など幾つかありますので、処方を望むのならその前に下調べしておくと良いかもしれません。

低用量ピルを服用の際にまず気になるのは、ピルの種類によっては副作用として現れることのある、アンドロゲン作用の活性度合いですね。アンドロゲンとは男性ホルモンと呼ばれるホルモンですが、アンドロゲン作用とは男性化作用の一種でありながらも、男性ホルモンが働いたものではありません。

男性ホルモンとは、女性ホルモンと拮抗して働くホルモンであるために、女性の体内にも含まれていますが、普段は女性ホルモンによってその作用は隠されています。

生理前後にニキビができやすくなるのは、女性ホルモンであるエストロゲンが低下するために、体内で黄体が作ってしまう男性ホルモンであるアンドロゲンが優勢になり、食欲などの増進や男性化が起こるためです。

低用量ピルに含まれている黄体ホルモンは、このアンドロゲンと似た構造を持っています。そのために、黄体ホルモン剤であるピル製剤は、種類によってはアンドロゲン作用を身体が示してしまうことがあります。

しかし、アンドロゲン作用のまったくない黄体ホルモンを使用した低用量ピル製剤などがあるため、副作用の鍵は自分に合ったピル製剤の選び方として現れてくることになるでしょう。

ピルの副作用:血栓症のリスクが上がる

特にタバコを吸う人は血管が収縮しやすく、血管の中に血や不要物のかたまりができて危険な状態に陥ってしまう血栓症のリスクが高くなります。

低用量ピルを取り入れる場合は禁煙するか、血液の流れを良くするような食事や生活習慣を送ることが欠かせません。

低用量ピルで血栓症が起きてしまうのはごくまれだということですが、喫煙者には低用量ピルを処方しないという病院もあります。

低用量ピルを服用する際に、もっとも注意したい副作用は血栓症の問題ですね。この後の項目で触れる、黄体ホルモンによるアンドロゲン作用のまったくない低用量ピル製剤についてで触れます。

ですがその製剤にあたるヤーズやヤスミンといったピル製剤では、海外で血栓症により死亡者が出ています。そのために、新種の低用量ピル製剤を選ぶ際には自己責任となってしまうために、輸入代行機関などを通して購入し服用する際にはもっとも注意すべき点となってきます。

ここでは、低用量ピルの静脈血栓症の発症リスクが高くなってしまう傾向のなかでは、喫煙、高年齢、肥満の方が特に該当しています。ここでは、絶対的、相対的な禁忌にあたる項目を挙げておきますので、該当する方は医師に相談して処方された製剤の服用を考えていきましょう。

  • 子宮筋腫、子宮がん、子宮頸がん、およびその疑いがある
  • 40歳以上
  • 乳がん既往歴、およびその疑いがある
  • 喫煙者(1日15本以上)
  • 肥満者
  • 血栓症、高血圧およびその疑いがある
  • 肝臓疾患、または肝障害、およびその疑いがある
  • 妊娠中または妊産婦 など

    ピルの副作用:乳がんや子宮頸がんのリスクが上がる?

    長期の服用によって、乳がん・子宮頸がんの発症率が上がるという事が報告されていますが、逆に卵巣がん・子宮体がんの発症率が下がるという事も報告されているようです。

    今処方されているピルそのものには発がん性は認められていません。それでも薬にはリスクは付き物ですから、必ず説明をよく聞き納得した上で服用してください。

    種類が合わないと現れる不正出血などの副作用症状

    もしも含まれているホルモンの種類が体に合わない場合、飲みはじめには

    • 頭痛
    • 吐き気
    • 不正出血

    などが起こる方も時々いらっしゃいます。

    不正出血は子宮内膜をしっかりすべて出し切る前にホルモンバランスがかわったことにより、子宮内膜がゆっくり少しずつ出てしまっている状態ですので、特に心配はいりません。

    服用中に不正出血が起きたという場合も、上記のように子宮内膜がすべて出てきている状態なので、妊娠の可能性はありません。

    どの副作用も2~3シートを飲み続けているうちに慣れてきますので、軽い副作用なら慌てずに様子を見て、どうしても続けられないなら他のピルを試してみることをオススメします。

    体に合ったピルを飲み続けると、そのうちに生理痛があったことを忘れるほど楽になる人もいます。

    海外では閉経するまでずっと飲み続けて体調をコントロールする人もいるほどですから、歯を食いしばって痛みを耐えているよりは、根本的な改善を目指してみてはいかがですか?

    大事なことが一つ。医師にピルの処方を頼む時、必ず「低用量ピル」が欲しいと伝えてください。

    中用量のものなど種類は様々ですので、医師には初めてであることや不安な気持ちなどはすべて相談することが絶対です。きっと一番いいと思われるものを処方してくれたり、他の手段を提案してくれるでしょう。

    毎月繰り返す症状をメモしてチェックしてみよう

    メモを取る女性

    特に持病があるわけでもなく、生理日でもないのに毎月1度は必ず具合が悪くなって困る、という話をする女性は、意外と少なくありません。しかしその原因を追及している人はどれだけいるでしょう?

    もしかしたらその不調は、排卵による不快症状かもしれません。

    生理があるということは、異常がなければ必ず毎月排卵が起きるということです。まずは体調が崩れたら日付と詳しい体調をメモして残してみましょう。そして、それが生理後何日目くらいに起こっているのかをチェックする必要があります。

    排卵期を意識して生活したのは結婚して子供が欲しいと思った時から…という意見を多く聞きますが、排卵期こそもっと早くから意識するべきものです。

    女性の体はリズムで生きているので、生理のあとには、妊娠が可能になるように毎月毎月、胎内の環境を整えているのですから。

    排卵期は生理が来た初日から数えて11~22日の間にやってきます。周期が何日間なのかによって大きく異なるので、まずは基礎体温や生理日をきちんとつけて、自分のリズムを知っておきましょう。

    不調が起こる日が排卵期のリズムと同じかを確認する

    不調は、排卵期内だけでなく前後に感じる人もいます。ポイントは排卵のリズムに合わせて体調が崩れるかどうかです。

    ちなみに私自身は、毎月必ず嘔吐していました。それも、朝目が覚めていきなり吐いたりするのです。胃腸が弱いせいだと思って放置したために症状が悪化した末のことでした。

    人によって不調の表れ方は本当に様々です。まさか自分は違うだろうと決めつけないで原因の確認をきちんとすることが大事ですね。

    そしてその不調などを細かく医師に相談することで、より自分に合ったピルを処方してもらえることにつながるのです。

    ハーブティー、サプリメントで副作用の心配に備える

    お勧めしたいのが、西洋タンポポと呼ばれるヨーロッパ原産の帰化植物である、ダンデライオンを用いたダンデライオンティーです。ハーブティーのなかでも香ばしく飲みやすい風味のこのダンデライオンティーはデトックスに優れ、血流や身体のサイクルの巡りを良好にします。

    「おねしょのハーブ」と言われているほどの利尿効果、デトックス効果の高いこのダンデライオンティは、根部を焙煎したタンポポ珈琲として市場にたくさん出回っています。このハーブは母乳育児をこころざす妊産婦に向いたハーブとされていますが、実はこの巡りに効くデトックス効果で、血液がサラサラになります。

    次に紹介したいのは銀杏の葉であるギンコウを用いたお茶やサプリメントです。ギンコウには器官の血液循環を促進させる効能が高くあり、脳の血行を促進させることからアルツハイマーや認知症への研究がなされているハーブです。街路樹で生えている銀杏、意外な効能があるお香のような香りのハーブティーになるのです。

    最後に、普段の食生活で簡単に取り入れられる、血液の濁りをなくしサラサラにする効果のある栄養素です。

    もっとも注目すべきなのは納豆で、納豆に含まれているナットウキナーゼという成分は、血液中に含まれる血栓の主成分であるフィブリンに直接働きかけ分解、溶解する作用があります。

    さらに血中の血栓溶解酵素を活性化させ、その量を増やす作用があります。

    何気なく食べている納豆、何よりも高血圧や血栓症の対策に敵う栄養素だったのですね。

    自分に合った製剤を選び、ピルとうまく付き合っていこう

    ピルを服用している女性にアンケートを取ると、その結果は以下のようになっています。

    • 確実な避妊をするため
    • 月経周期を安定させるため
    • 生理痛を軽減するため

    現在では低用量ピルの認知度は上がり使用者も増えていますが、嬉しい副効能の反面、どのように副作用への心配と付き合っていくかが問題になるでしょう。

    この記事の最後に、低用量ピルを使用することについて何よりもの特徴であることは、女性が主体となり避妊することのできる、極めて効果の高い避妊方法であるということを再度踏まえておきましょう。

    このピルをみずから選択した女性というのは、アンケート調査では自身の人生のQOLを高めていこうという意志の強い女性であることがわかります。

    その服用のなかでも、気になることや心配、副作用がある薬剤ならその副作用と付き合っていくことが気がかりとなっていきますよね。

    ハーブやサプリメントでの副作用対策の他には、普段から日常で運動を心がけることや、栄養素としては血液をサラサラにするものへの注目も、良いことでしょう。

    オイル美容で話題になっていたオメガ3不飽和脂肪酸などのDHAやEPA、またレモンなど含まれるクエン酸のサプリメントなども効果的と言えるでしょう。みなさんが医院で、もしくはみずから選んで服用を決めたピルとのお付き合いがうまくいくように、簡単なことから始めてみましょう。

    キャラクター紹介
    ページ上部に戻る