TOP > > OTC医薬品って何!?3つの種類とそれぞれの特徴について

OTC医薬品って何!?3つの種類とそれぞれの特徴について

最近、「OTC医薬品」という言葉を良く耳にするようになりました。でも、「OTC医薬品って何?」と言う方も、まだまだ大勢いらっしゃるのではないでしょうか?OTC医薬品とは、ドクターからの処方箋が無くても、購入できる薬の事です。

つまり、ドラッグストアやネット通販で手に入る薬と言う事になります。でも、OTC薬品は、商品によって種類が分類されているのですよ。そこで今回は、OTC医薬品の3つの種類と、それぞれの特徴についてご紹介していきます!

OTC医薬品分類の第1類医薬品について

まず1つ目のOTC医薬品分類は、「第1類医薬品」です。第1類医薬品の最大の特徴は、薬剤師がいないと、販売できないという点です。比較的副作用が心配な薬が多い、第1類医薬品は、薬剤師しか販売する事が出来ないのです。

また、第1類のOTC医薬品を購入する際は、現在飲んでいる薬の有無や、病気の症状などを詳しく薬剤師さんに伝えましょう。第1類医薬品は、他の薬との飲み合わせが難しい商品もあります。また、妊娠中や他の病気をお持ちの方も、あらかじめ薬剤師さんに伝えておいた方が良いですよ。

薬剤師さんとしっかり相談してから購入することで、安全性を確保できるだけでなく、最適な薬を選んでもらう事が出来ます。また、第1類医薬品を購入するときには、薬剤師からの文章による薬の情報提供が義務付けられています。ですから、しっかり薬の商品説明を聞いてから、ご購入下さい!

OTC医薬品分類の第2類医薬品について

続いて2つ目のOTC医薬品分類は、「第2類医薬品」です。第2類医薬品は、薬剤師だけではなく、登録販売者でも販売する事が出来る商品です。登録販売師者って、ご存知ですか?登録販売者の資格を取得すると、医薬品の販売が可能になります。

ドラッグストアでは、すでに多くの登録販売者が活躍しています。第2類医薬品は、風邪薬、漢方薬、解熱鎮痛剤などの商品が多いです。私たちが良く購入する薬が多いのが特徴ですよね。

こういった第2類の医薬品を購入する際は、薬剤師さんもしくは登録販売者の方に、症状などを相談して、より良い薬を提供してもらいましょう!

OTC 医薬品分類の第3類医薬品について

第3類医薬品医薬品は、第2類医薬品同様で、薬剤師だけでなく登録販売者でも販売が可能です。2類医薬品と比較すると、若干副作用が少なく安全性の高い商品が多いです。その為、販売者からお客様への商品説明義務は、法律で定められてはいません。

第3類医薬品は、ビタミン剤や整腸剤などの商品がほとんどです。しかし、アレルギーがある方や、他の薬を飲んでいる方などは、あらかじめ薬剤師さんか登録販売者の方にご相談ください!

このようにOTC医薬品は、第1類・第2類・第3類に分けられています。そして、それぞれ販売できる人が異なるのです。いずれにしても、薬の飲み合わせや副作用など気になる事がある場合は、薬剤師さんなどにご相談ください!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る