TOP > > もう一度、ちゃんと知っておきたい目薬の基本

もう一度、ちゃんと知っておきたい目薬の基本

『目薬の使い方』なんて、今さら言われなくてもわかっているという方も多いのではないでしょうか?でも、2種類の目薬を処方されたらどちらが先か迷うことはないですか?1滴では効かない気がして、つい何滴もさしたりしたことはないですか?

まずは使い方の基本から

手はよく洗ってから使います。容器の先端がまぶたに触れないようにさしましょう。さした後はまばたきはせず、しばらく(1分間くらい)眼を閉じ、さらに目頭を少し押さえてください。その後、あふれた液は必ずティッシュなどで拭き取ってください。

自分では気付かなくても、容器の先端がまぶたに触れていることがまれにあります。もう一度気をつけてみてください。そして注意していただきたいことは、さした後はまばたきをせずに1分間くらい眼を閉じておくということです。まばたきをしてしまっている方が多いのではないでしょうか?

まばたきをしないで目頭を軽く押さえておくのは、薬が鼻などの方へ流れ出るのを防ぎ、効果を高めるためです。さした後に鼻や喉に薬の味を感じる方は、薬が流れ出てしまっています。眼を閉じ、目頭を押さえるようにしてみてください。

使用後のあふれた液は必ず拭き取りましょう。あふれた液が原因でまぶたに炎症を起こしてしまうこともあるので注意してください。特に緑内障の目薬には色素沈着などを起こすものもあるので、拭き取ることが重要です。

1回の点眼量は1滴で十分

症状が早く良くなるようにと、ついつい多めにさしてしまう方もいるかもしれません。しかし、1滴の量と、さした薬が眼に留まれる量を比べると1滴で十分。2滴さしても眼からあふれたり、鼻などの方へ流れていってしまうだけで、効果に変わりはありません。

一般的な5ml入りの目薬の場合、約100滴分入っています。1日4回両眼に使った場合は2週間弱くらい使える量になります。

2種類以上使う時には5分以上間隔をあける

すぐに次の目薬を使ってしまうと、先にさした目薬は後の目薬によって洗い流され、効果がなくなってしまいます。必ず5分以上はあけて次を使ってください。5分くらい間をあけることによって、どちらの薬もきちんと効果をあげられるようになります。

目薬を使う順番よりは『5分以上あける』ということを守ってください。あえて順番をつけるなら、より効かせたい目薬を後にしましょう。(一緒に処方されている目薬にもよりますが)抗生剤の目薬などは後がよいでしょう。

懸濁性の目薬(リボスチン・フルメトロンなど)は後がよいです。またゲル化する目薬(眼の表面にうすい膜を形成してしばらく留まるもの、チモプトールXE・リズモンTGなど)はその後にし、投与前も10分間以上あけてください。眼軟膏も同時に処方された場合には、全ての目薬の最後にしてください。

コンタクトレンズをしている時はどうすればいいの?

一般的に目薬をするときにはコンタクトレンズは外してください。目薬後、レンズを装着するまでは5〜10分あけるようにしましょう。ただドライアイの方の場合は涙が少ないため、できれば15分くらいあけたほうがよいです。

目薬によっては防腐剤が入ってない使いきりタイプで、コンタクトレンズをしたまま点眼が可能なものもあります(ザジテン点眼UD)。ただし、コンタクトレンズの種類によっては点眼不可の場合もありますので、目薬をもらったときに確認した方がよいでしょう。

また防腐剤が入ってない目薬でも、メーカーからコンタクトレンズをしたまま点眼しないように指示があるものもあるので、自己判断で使わないようにしましょう。市販のコンタクトレンズ専用の目薬はもちろん問題ありません。

目薬の使用期限は?

目薬の使用期限は、病院でもらう5ml入りのものは開封後1ヶ月くらいを目安にしてください。市販の15ml入りのものも3ヶ月を過ぎたら処分しましょう。

ものによっては1週間までの期限という目薬もあるので、薬をもらった時に指示があればそれに従ってください。未開封のものはきちんと保存できていれば、容器に書かれた使用期限まで大丈夫です。

保存は直射日光の当たらない、涼しい所へ。遮光と言われたものは、必ず添付の袋に入れてください。冷所保存と言われたものは、冷蔵庫に入れましょう。その場合、凍らせないようにしてください。湿布薬と一緒に保存すると匂いが移ることもあるので別々の場所に保存するほうがよいでしょう。

昔の目薬では、添加剤の関係で寝る前には使用を控えるようにと言われたそうです。しかし、現在その添加剤は使われていないため、先生から特に指示がない限り寝る前に点眼しても問題はありません。目薬の貸し借りをしたり、指示の回数以上に何度も使ったりすることは絶対にやめましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る