TOP > > これも薬の副作用?意外な薬の副作用と強く副作用を起こすNG行為

これも薬の副作用?意外な薬の副作用と強く副作用を起こすNG行為

shutterstock_2246353092

薬というのは病気にかかったり具合が悪い時、またどこかに痛みを感じたときなどに飲むものですが、治療以外にも予防のために使われる事があります。もちろん私たちの生活で薬は欠かせない物となっていますが、どの薬にも必ず副作用があるのです。

副作用と聞くと”良くない事が起きる”というぼんやりとしたイメージを持ってしまいがちですが、ほとんどの薬は正しく服用すれば、副作用が起きたとしてもそれほど深刻な状態にはなりません。

当たり前のように思っていた症状も実は薬の副作用だった、という事は意外と多いのです。ここでは身近な副作用から、注意すべき副作用までを紹介します。

薬の副作用が起きるのは成分の種類とその作用する場所に違いがあるから

薬イラスト4

例えば頭が痛い時に飲む鎮痛剤や頭痛薬と呼ばれる薬を飲んだ後、痛みが消えると同時に少し眠くなる事があります。鎮痛剤や頭痛薬を飲み痛みが解消されるのは薬の主作用といい、眠くなるのが副作用です。

風邪薬やアレルギーの薬も同様の副作用が起こるものが多いですが、これは炎症を抑える成分が配合されていて、この成分の副作用が眠けを起こすものだからなのです。

しかし風邪で体調が優れないとき、頭が痛くて動きたくないとき、アレルギー症状で苦しんでいるときは、体力を消耗するので眠ることで体力を温存できる、これもある意味いい副作用と言えます。

しかし機械を扱ったり車の運転をする場合は眠気があると困るので、薬の注意書きにはそういった行為は控えるよう記載されています。

副作用が起こる理由は薬が作用する場所に違いがあるからです。これも頭痛薬を例にして説明しようと思います。

頭痛薬による副作用の例

頭痛薬イラスト

頭痛薬は市販薬でもそれなりの効果が期待できますが、主成分によって副作用も異なります。痛み止めの多くはアスピリンを使用していますが、アスピリンは消炎鎮痛作用が高い反面、刺激が強いため胃痛を起こす事があります。

消炎鎮痛作用が頭痛の元に働きかけ痛みを鎮めるのが主作用、胃で溶けて吸収される時の刺激で起こる胃痛は副作用という事になります。

もう一つ市販の頭痛薬に多く使われているのがイブプロフェンです。イブプロフェンにも高い鎮痛作用があり、抗炎症作用が強く早く効く事でも知られています。早く効き胃への負担も少ないので、胃痛が気になる人にはイブプロフェンの方が向いているかもしれませんね。

ただしイブプロフェンには喘息を招く副作用があります。これは喘息持ちの人に対する副作用ですが、イブプロフェンが本来の目的とは違う場所に作用した時に、喘息の引き金となる可能性があるからなのです。

このように同じ頭痛薬でも、成分の違いで副作用の症状も変わります。市販薬でも副作用に関する事は注意書きに記載されていますので、服用する前には必ず目を通しておきましょう。

市販薬の多くは眠くなる成分が配合されていますが、病院で処方してもらう薬の中には眠くなる成分を含まないものもあるので、頼めば眠くならない薬を処方してもらえる場合もあります。

ものにもよるので一概にそうとは言えませんが、アレルギー症状を抑える薬は飲んでしばらくするとびっくりするくらいくしゃみや鼻水も止まりますが、猛烈な眠気に襲われます。症状によっては眠ったほうが楽になることもあるので、薬を服用する場合は自己判断よりも医師の指示に従ったほうが賢明と言えるケースが多いでしょう。

副作用には注意すべきものがある!3つのパターンを知っておこう

shutterstock_2066611512

薬には必ず何らかの副作用がある事は皆さんもなんとなく知っていると思いますが、副作用の原因にも種類があるのを知っていましたか?中には注意すべき副作用もありますので、知っておかなければならない!と言ってもいいでしょう。

これについては元々の体質、薬を服用した時の体調なども関係してきますが、特に薬の飲み方を間違えれば毒になる事もあり、副作用の出方も変わってくる事を知っておいてください。

  1. 薬の効き目が強く出てしまう
  2. 薬の成分でアレルギーを起こす
  3. 副作用が多数出てしまう

1.薬の効き目が強く出てしまう場合

薬の効き目が強く出すぎてしまう場合、考えられる原因としては正しく服用していない可能性が考えられます。

例えば頭痛薬を服用するのが食後となっているのに空腹時に飲んでしまうと、頭痛は治まっても胃への刺激が強くなるので胃痛を起こします。水で服用するところをお酒で飲んでしまえば、眠気が強く出てしまいます。

頭痛薬も水かぬるま湯で飲むのは基本的な事ですが、睡眠薬をお酒と一緒に飲んでしまうと、本来の眠りに導く作用が強く出すぎてしまい昏睡状態に陥る事があります。

この時食べた物を嘔吐して、吐瀉物が喉に詰まり窒息死するというリスクも高まります。

本来の作用が強く出てしまうのも薬の種類によってはとても危険です。薬の飲み方は医師の処方薬だけでなく、市販薬も正しく服用しましょう。

2.薬の成分でアレルギーを起こす場合

薬はいくつかの成分を使用した化合物です。人によってアレルゲンとなってしまう成分もありますので、この場合は副作用が重篤化しやすくなります。

これは体質など人により異なりますが、薬によるアレルギーの中には、アナフィラキシーショックやスティーブンス・ジョンソン症候群という命に関わる重篤な症状もあります。

薬によるアレルギーとして多いのは、

  • 発疹
  • かゆみ
  • 気管支喘息

などですが、関節痛や血液障害という一見薬の副作用とは思えないような症状を引き起こす例もあります。

薬を飲んでいつもとは何かが違うと感じた時は、念のため病院に行って診てもらうのが一番安心です。

一度でも薬によるアレルギーが起きた場合は、体内に抗体ができます。最初はアレルギーを起こしてもそれほど症状がひどくなかったとしても、薬物アレルギーは回を重ねるにつれて症状が重くなります。

一度でも薬でアレルギーを起こした事がある人は、市販薬なども安易に飲まず医師に相談しましょう。

3.副作用が多数出てしまう場合

現在は薬も改良されており副作用が多数出るというリスクも軽減されていますが、以前使われていた抗うつ剤に多く見られた副作用です。

抗うつ剤は脳の神経伝達物質をコントロールするのが主作用ですが、口に作用すると口や喉の渇き、腸に作用すると便秘や下痢という副作用が起きます。

薬を飲んだ直後に複数の作用が同時に出る事はほとんどありませんが、時間差があって副作用が何箇所かに出てしまうケースも確認されています。

これも薬が化合物である事が関係していますが、日常生活に支障が出てしまうような場合は医師に相談して薬の種類を変える事で対処できます。

知らずにやってしまう可能性が高い注意したい事3つ

青ざめる高齢者イラスト

薬の飲み方によっては主作用を邪魔したり、副作用をのリスクを高めたりする事もあります。意外と知らずにやっている事も多いので注意しましょう。

1.子供に薬を飲ませる時

市販薬や医師が処方する処方薬は、基本的に大人を対象にしています。子供に飲ませる場合は小児用か、大人の分量よりも少なくして飲ませます。

子供に大人の薬をそのまま飲ませるのはとても危険ですし、副作用のリスクも高まります。

2.高齢者が薬を飲む時

年齢を重ねるにつれて体の機能が低下していきます。これに伴い基礎代謝も低下して行くので、内臓の働きも低下します。

年齢とともに飲む薬の量や種類も増えていくなど他にも理由がありますが、高齢者は薬の成分を体外に排出するスピードが遅くなる事から、副作用のリスクが高くなります。

3.タバコとお酒

タバコを吸うと体内に活性酸素が増えます。活性酸素を退治するために代謝酵素を大量に消費しますから、その分薬を飲んだ時の吸収率が悪くなり、薬の効き目が十分に発揮されません。

お酒は肝臓で分解されますが、これは薬も同じです。毎日のように大量にお酒を飲む人は肝臓を酷使しているため機能が低下しがちです。肝臓でうまく吸収されないため、薬の効き目も悪くなってしまいます。

知っているようで知らない食材と薬とのNG

薬飲み合わせイラスト

薬の種類によっては食事にも注意しなければいけません。睡眠薬をアルコールで飲むと薬が強く作用してしまいますが、これ以外にもNGな組み合わせがいくつかあります。

降圧剤をグレープフルーツジュースで飲んではいけないというのはよく知られていますが、これは薬の効き目を強くするからです。実際に血圧が下がりすぎる事が確認されていますので注意しましょう。

薬は胃で溶けて吸収されるタイプもありますが、抗生物質や抗菌薬は胃への負担もある事から胃痛を起こす事があります。これも副作用ですがそれを和らげるために、牛乳を先に飲んでおき、それから薬を飲む事があります。

牛乳と一緒に飲んだ場合も同じですが、牛乳が胃に膜を作るので胃への負担は軽減されますが、薬の効き目も悪くなります。どうしても胃痛が気になるようなら、胃薬も一緒に処方してもらいましょう。

このように意外と知らずにやっている事が、実は薬の副作用の原因になったり、薬の効き目を邪魔してしまったりします。

薬には必ず何らかの副作用がありますが、正しく服用する事により副作用のリスクは軽減できます。

医師の処方薬は薬を受け取る時に説明がありますが、市販薬にも必ず説明書が入っていますので、飲んだらどんなリスクがあるのかを知るためにも、必ず目を通しておきましょう。

わからない場合は医師や薬剤師に質問して、自分が飲む薬にはどのような副作用があるのかを理解しておくと安心ですね。

毛が生えるという意外な副作用もある!現在では治療薬にもなっている

最後に、余談ですが副作用について面白い話をご紹介します。

今は抜け毛や薄毛に悩む男性にとっての救世主的存在となっているプロペシアやミノキシジルという治療薬がありますが、これらは元々は違う病気の治療薬として使われていたのです。

プロペシアは前立腺肥大の治療薬として開発され、ミノキシジルは高血圧の治療薬として開発されたものでした。ところがこれらの薬を服用していた患者に、多毛症という副作用が多く確認されたのです。

本来の主作用とは違う副作用に毛が生える、毛が増えるという症状が見られたのですが、逆にこの副作用を薄毛や抜け毛の治療に取り入れるという斬新な発想から、今では薄毛や抜け毛の治療薬としても使われるようになっています。

もちろん元々の目的となっている、高血圧の治療や前立腺肥大の治療薬としても現在も処方されています。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る