TOP > > 痛み止めを飲んではいけない?病気のサインを潰す薬の危険性

痛み止めを飲んではいけない?病気のサインを潰す薬の危険性

痛み止めの正体は「マヒさせるだけの気休め君」

あなたは普段どんな薬を飲んでいますか?病気になったときにお医者さんから一番処方されるのは、風邪薬ではないでしょうか。白い顆粒状のPLなんかが代表的だと思います。

その次に多いのは、痛み止めでしょうね。頭痛や生理痛など、慢性疾患といわれる症状を緩和するために、病院はもちろん、最近ではドラッグストアでも安価で購入することができるようになりました。ストレスフルな現代社会で、これらの痛み止めに頼ることは当たり前になっています。

しかし、痛みをただ薬で止めるのは、気休めにしかなりません。痛みというは、体が発している「異常」のサインです。「ここが悪くなってるよ!」「ちょっと壊れてるよ」と、体の各部署が変化を察知して警報を鳴らしている状態といえばわかりやすいでしょうか。

その声を、薬で黙殺してしまうとどうなるか。たとえば、筋肉痛になったときや腰痛のときなどには、湿布薬を患部に貼りますよね?湿布薬が何でできているか、ちゃんと調べた方はいるでしょうか?―そんなことなど気にしたこともない、という人がほとんどでしょう。

CMでは、皮膚の奥、筋肉の深部にまで届いて痛みを根元から消去するなんてうたわれていますが、その実態はただマヒさせているだけなのです。氷を腕なんかにじっと当てていると、その部分が何も感じなくなりますよね?そして、少したったら感覚が元に戻ってきます。

それと同じようなことを湿布薬はしているだけなのです。痛みを発する物質が出にくくなるようにしたり、麻酔薬に近い物質を塗布したり、現れる効果は様々ですが、共通して言えるのは、患部を治すわけではないということです。

お医者さんは身内には薬をけして飲ませないと聞いたことがあります。薬を処方する立場の人が、大切な家族には薬を勧めないというそのことが、薬の本当の効用を示していると思います。

痛み止めを飲み続けるとどうなるのか

病気を根本的に治療しないで、気休め程度に痛み止めを飲み続けるとどうなるのか。先ほども書きましたが、痛みというのは「病気のサイン」です。異常が起こっているからこそ、痛みという信号が出てくるわけで、何もないのであれば、そもそも痛みなんか発生しません。

たとえば、捻挫や打撲などで走りにくくなってしまった足に、痛み止めを飲んで無理やりランニングやジョギングなどを続けると、まず間違いなく足は壊れます。

捻挫というのは、骨と骨を支える靭帯が伸びてしまった状態ですが、無理に動けば、さらに靭帯の組織が伸びてしまったり、ひどい状態になると切れてしまって脱臼になったり。回復が遅くなるのはいうまでもありません。

頭痛薬も飲み続けると、だんだん効かなくなって、どんどん飲む量・頻度が増えていきます。頭痛は基本的に、皮下の毛細血管や、脳内の血流が悪くなることで痛みを生じます。

痛み止めを飲むことで、ただ単純に悪くなった箇所の血流をよくして、一時的に痛みが治まったとしても、「なぜ血流が悪くなったのか」という根本的な問題を解決しないと、再び痛みに襲われるでしょう。

食習慣に原因があったり、冷えが痛みをもたらしていたり、ストレスからくる痛みだったり、原因はいろいろ考えられます。そのひとつ一つを改善していき、本当に健康的な体をつくること以外に、痛みをとる方法はありません。

痛み止めを飲むことは、健康的な体をつくることを放棄して、その場しのぎの行動をしているだけのように感じます。まずは、体が発する声をきちんと聞くことから始めてみてはどうでしょう?

規則正しい生活を送ること、栄養バランスのとれた食事をとることなどで、慢性疾患と呼ばれる症状はわりと簡単に改善させることができます。少しずつでいいので、生活習慣のひずみを治していきましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る