TOP > > 口内炎にも効果を発揮!イソジンが効く意外な3つの症状

口内炎にも効果を発揮!イソジンが効く意外な3つの症状

うがい薬として有名なイソジン。そもそもイソジンって?

中身はポリビニルロドリドンとヨウ素の化合物ポビドンヨード系の外用薬で「イソジン」は、明治製菓が製造販売するその外用薬の登録商標です。ちなみに他社が製造販売している物は別の名前で、イソジンではありません。

意外と知らないイソジンの効能

ここで先ず、一番に挙げられるのはうがい薬としてのイソジン。喉の殺菌消毒を目的としており、その優れた殺菌力は、風邪やインフルエンザ等のウィルスの殺菌に効果を発揮します。

喉の殺菌以外の1つ目の効果は、口内の隅々まで洗浄殺菌出来るので口内炎の消毒も出来る事が最近では有名ですね。口の中には様々な雑菌が居ますから喉だけではなくこのうがい液で口内も良くブクブクと洗浄する事で口臭予防にも一役かいます。

2つ目の効果は、子供に多い水いぼ。これにもイソジンが効果的って知ってますか?しかし、この場合うがい薬ではなく消毒薬のイソジン液やイソジン軟膏もあるので、そちらを購入する方をおすすめしますが。

水いぼもウィルス感染で発症しますので、ポビドンヨードの殺菌作用が効くようで、患部にイソジン液を塗りウィルスを殺菌するのが効果的とされています。

但し、この場合お子様がアトピー性皮膚炎だったり皮膚の病気を発症している場合もあるので、自己判断で治療を始めず専門医にご相談してから行ってくださいね。

3つ目の効果は、なんと足の消臭。これからの暑い季節。特にご主人の足の蒸れ、臭い、たまりませんよね?方法は、直接イソジン液を足裏や足指の間などに塗ります。良く乾いてから靴下をはいて下さいね。

但し、イソジン液の色が靴下等に着く恐れもあるので白色は避けた方が良いですよ。また、かなり塗布後は乾燥するので塗り過ぎにはご注意を。

足の殺菌と言うと、あの水虫にも効果があるのでは?という事でイソジン液は水虫予防にも効果的です。水虫は白癬菌というカビ菌の一種が皮膚を侵食し炎症を起こす感染症なので、予防は菌の殺菌消毒と乾燥です。

そこで入浴時の足の洗浄にイソジン液を使うのはとても効果的です。炎症が酷くなる前に菌を元から消しましょう。但し、炎症が進行してしまい化膿したり酷くなったものは自己判断せず、皮膚科の診察を受けましょう。

意外と知らないイソジンの殺菌作用。上手に使って事前に予防出来る事があるのなら、是非活用してみたいですよね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る