TOP > > きちんと知っておきたい自分の服用薬の副作用の事

きちんと知っておきたい自分の服用薬の副作用の事

自分の内服薬をちゃんと作用を理解して飲んでますか?

今年のはじめに、私は難病の特発性間質性肺炎という病気と診断され、4月から投薬治療が始まり、沢山の薬を服用するようになりました。

投薬治療を始める際、主治医に言われたのが「これから服用していく薬は効くかどうかまだわかりません。効果は個人によって違います。効けば今の状態を維持して行くことができるし、効かなければ別の薬を検討します。2週間入院してもらって状態を診ていきます。」

この時、薬の副作用について聞いてみた所「実際に薬が合うかどうかまだ分からないですが、先ずステロイド薬は服用すると食欲が出る人が多いので気をつけたいのが肥満と糖尿病です。後は頭痛があるとか何らかの身体の異常が生じたら直ぐ教えて下さい。」

「それともう一つ、明日から免疫抑制剤を服用しますがこれを始めるとグレープフルーツは摂取できなくなるのでどうしても食べたかったら今日中に食べておいてくださいね」と言われた。

4月の中旬から入院投薬治療が始まり、服用をしたのは、プレドニゾロン25mg(ステロイド薬)ネオーラル150mg(免疫抑制剤)。

免疫抑制剤を使用するため感染症に掛かりやすくなってしまうので予防薬としてバクタ配合剤(感染症治療薬)肺高血圧症の治療薬として、プロサイリン60μg。逆流性食道炎の治療薬でネキシウム20mgです。あと骨粗しょう症予防薬として週に1回服用するアレンドロン酸35mg。

以上の薬を毎食後に必要量を分けて看護師さんが病室に薬を届けてくれます。そして私が服用したのを必ず確認して行きます。

薬の効能と副作用を知っていると意外と薬は飲みやすく感じます

貰った薬の名前をメモし、看護師さんが居なくなってから病室のベッドの上でスマホを使いネット検索開始。それぞれの薬の効能と副作用について調べて行きました。

※プレドニゾロン25mg(5mg×5錠)

これがメインのお薬です。一般的にステロイドと言われるお薬で、様々な炎症やアレルギー性の病気の症状を改善する効能があります。私にとっては肺が硬化していく症状の改善と、その進行を制御する効果を期待しているそうです。

主な副作用は食欲増進・不眠・吐き気・下痢・生理不順・むくみ・ムーンフェイス・多毛・脱毛等です。強力な効能のある薬なので反面、重大な副作用は、感染症の増悪・糖尿病・骨粗鬆症・消化管潰瘍・心筋梗塞・緑内障・うつ状態等も報告されています。

※ネオーラル150mg(25mg×6錠)

臓器移植等の拒絶反応に対して使われる免疫抑制剤ですが、ステロイド薬の効能を高める為にあえて免疫力を抑えるのに服用します。

主な副作用は腎臓・肝臓・膵臓・造血器・代謝系、脳の障害や多毛が起きる可能性があります。日常での注意は免疫力を下げている為、風邪やインフルエンザなどの感染症に掛かりやすくなっているので予防をとにかく心がける必要があります。

気になるグレープフルーツとの関係は、グレープフルーツに含まれる成分の「フラノクマリン」が消化管の薬物代謝酵素(CYP3A4)を阻害し不活性化する事で薬の体内吸収量を高めてしまい薬の作用を増強してしまう。同じ柑橘系でもバレンシアオレンジ、レモン、みかん、かぼす等は、フラノクマリンは殆ど成分に無い。しかしスィーティー、ぼんたん、サワーオレンジにはグレープフルーツ同様含まれている。

※プロサイリン60μg(20μg×3錠)

血液中の血小板の作用を制御して血液凝固を抑え血管を拡張して血液の流れを良くする作用があります。肺高血圧症の治療、冷感の改善に用いられます。

主な副作用は頭痛・のぼせ・立ちくらみ・しびれ感・発汗・下痢等があります。出血傾向の人や、アスピリンを服用している人、月経中の人は用いない方が無難とも記載がありました。

※ネキシウム20mg(1錠)

胃酸の分泌を抑え胃・十二指腸潰瘍を治す働きをします。ステロイド治療時に起きる消化性潰瘍の制御、逆流性食道炎の症状緩和、ヘリコバクター・ピロリ菌感染症の除菌治療にも用いられます。副作用は下痢、肝機能の異常や血液検査の異常等です。

約2週間の投薬治療入院中、病状の抑制が認められたので無事に退院できました。逆に認められた副作用は、食欲増加とムーンフェイス。頭痛もありますが元々、片頭痛持ちであったためこれは副作用なのかどうかは分かりませんが、この程度で特に問題は無かったです。

退院後、在宅療養となり約3ヶ月、目立った副作用は多毛です。顔の産毛も含め身体全体の産毛が太く濃くなってきました。副作用ではありますがまつ毛が長く濃くなってきたのだけはちょっと嬉しくもあり、顔の産毛が髭化しないか怖い気もします。

これから長い付き合いになる薬の事、きちんと知って医師の指導通り正しく服用しすれば何か大きな副作用があったとしても対応できる筈です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る