TOP > > ハーブは西洋の漢方!医薬品としてのハーブを知る

ハーブは西洋の漢方!医薬品としてのハーブを知る

ハーブは西洋の漢方薬!ハーブの不思議な力に注目

一時期ハーブやアロマが大ブームとなり、最近は日本人の身近な生活アイテムの一つとして定着してきました。ハーブが流行りだした頃はどちらかというと、””健康””よりも””癒し””の面での効果や料理に使う””スパイス””を売りにしていましたが、実はハーブには健康面での効能も期待されています。

そもそもハーブの言葉の意味は「ハーブ=草」です。草なら何でもハーブに含まれるわけではありませんが、何らかの薬効を示す薬草やスパイスをまとめてハーブと呼びます。野菜や薬用効果のないお花は含まれません。

薬効がある草と言えば、東洋では漢方薬がありますよね。漢方の原料は草以外に動物からとったものなども含まれるのでハーブとは少し異なりますが、漢方とハーブには共通の植物がいくつも存在します。例えばシナモンやジンジャーなどは西洋ではハーブ、漢方では生薬として扱われます。

このようにハーブは日本の漢方と同じで、使い方一つで””癒し””の効果だけではなく、””健康””の面でも効果を得ることができます。西洋では風邪を引いた時や少し体調が悪い時にハーブを買ってお茶にして飲むことは、日常で極当たり前に、そして頻繁に行われています。

また漢方には東洋原産の植物が多いですが、ハーブには当然西洋原産の植物が多く、日本では得られない効能を持つ草もあります。香りが良いものも多く、ハーブには飲む楽しさもありますから、日本でも日常生活でうまく取り入れると、健康にも良く趣味としてもオススメです。

西洋では医薬品として利用されているハーブもある

日本では漢方が医薬品として用いられていますね。お医者さんが漢方を処方すれば、保険が適用され、安価で飲むことができます。一方西洋でも、ハーブが医薬品として使われている国があります。その動きはドイツが活発です。ドイツでは様々なハーブが医薬品として使われ、積極的に取り入れる様が見えます。

またヨーロッパでは複数の国が連合を作り、ヨーロッパの複数国を管轄とした、医薬品を取りまとめる省庁があります。そこでもいくつかのハーブが医薬品としての有用性を認められ、””薬””として一般に流通しています。

医薬品として海外で使われているハーブには、日本でも最近話題になっているものもあります。中でも””セントジョーンズ・ワート””や””赤葡萄の葉っぱ””、””ノコギリヤシ””は有名です。

セントジョーンズ・ワートはうつ病などの精神疾患に、赤葡萄の葉っぱは静脈瘤に、ノコギリヤシは前立腺肥大に効果を表すと言われています。またノコギリヤシは脱毛症の改善も期待されているので、男性は特に知っているハーブの一つかもしれませんね。

ただし医薬品として認められていても、そのハーブが全ての人に効くとは限りません。それは普通の薬も同じです。限りなく万人に効きやすい薬はあるものの、それが全員に効くとは限らないのです。

ハーブも普通の薬も、医療としての効能をなるべく得やすくするには、まずは自分の健康状態と体の特性を判断することが重要です。これはなかなか素人には判断が難しいので、特に持病がある方は医師に相談してみることをオススメします。

日本でも身近に使えるハーブと効能について

ハーブによっては日本で手に入れにくいものもあります。しかし今では物流が発達していますので、ポピュラーなハーブは手に入れやすくなりました。ここでは日本でも入手しやすく、使いやすいハーブについてご紹介します。

・カモミール

カミツレとも呼ぶ有名なハーブです。鎮静作用があり軽いイライラや不眠に用いられます。西洋では昔から女性の不調に使われてきたハーブです。香りが独特なのでブレンドティーがオススメ。

・ティーツリー

殺菌効果が強く、ティーツリーのオイルは真菌などに効果があるとされています。日本ではアロマオイルでの入手が手軽ですが、アロマではなくティーツリーオイルの販売もアリ。

・ラベンダー

これも日本では有名なハーブですね。香りがよく、ハーブティーとしても定番です。心地よい眠りとリラックス効果が期待されます。

・レモンバーム

名前の通りレモンの香りが爽やかな草です。自宅で育てている人もいるのではないでしょうか?神経症へのリラックス効果やアルツハイマー、外用としてヘルペスなどへの効果があるのではないか?とされています。

・セントジョーンズ・ワート

入手しやすくはないですが最近は日本向けに売る業者が増えました。セロトニンを増やす効果があるとされています。しかし副作用もあるので使用には注意が必要です。

・ローズヒップ

一時期ブームになったハーブです。酸っぱい味が特徴的で、ビタミンCやビタミンEが含有されていることから、美容に良いと言われています。

・ローズマリー

料理にも使われるハーブです。抗炎症効果、花粉症緩和などに効果があるとされています。覚醒作用があり、眠気覚ましとしても良いとか。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る