TOP > > 飲まないと出ない!?下剤乱用のデメリットと危険性

飲まないと出ない!?下剤乱用のデメリットと危険性

便秘気味だなと思った時、市販の下剤を飲んで解消するというのは1つの手段です。しかし、下剤には便秘解消のメリットだけでなく、間違った使い方による大きなデメリットや危険もあります。それを知った上で適切な時に正しく服用することが大切です。

適切な下剤の使用とメリット

下剤には即効性があり、本当に必要な時には有効な薬です。例えば便秘のせいでお腹が張って苦しかったり、食欲がない場合に一時的に下剤の助けを借りるのは適切な使い方と言えるでしょう。

便秘というデリケートな悩みだけに、病院へ行かなくてもドラッグストアで購入できるのも特に女性にとってはメリットといえるかも知れません。

不適切な下剤の使用とデメリット

市販薬の中には、腸を刺激して排便を促進するタイプの下剤がたくさんあります。こういった下剤は手軽に買うことができるものの、不適切な使用はデメリットが大きいのです。

ほかの薬でも言えることですが、やはり下剤も飲んでいるうちに耐性がついて効きづらくなってきます。もちろん1度や2度、使用したからといってそうなるわけではありません。

しかし、下剤は便をすっきりと出すことができたという感覚、食べ過ぎても出してしまえば痩せられるという感覚などから癖になってしまうことがあります。そうしてすぐ下剤に頼ってしまうようになると通常の量では排便できない状況になってきます。

特に腸を刺激して排便させるタイプのものを使い続けると、もともと備わっている腸の動きが悪くなります。すると、また便秘になり、下剤の量が増え…という悪循環に陥ってしまうのです。

下剤乱用の危険

下剤を使わないと排便できないという依存した状態になると、最後には腸の動きが完全にストップして排便が全くできなくなり、腸閉塞にまでなってしまうこともありえます。

また、ダイエット目的で便秘でもないのに下剤を使用し続けると、腸から出血し穴が開くなど深刻な状態になることがあります。下剤を飲み続けても結果的にはダイエットにはなりませんし、量が増えると費用もかかり、何も良いことはありません。

下剤はあくまでも必要な時に用量を守ってしようしなければ思わぬ危険を招きます。くれぐれも乱用しないようにし、食事や運動など生活習慣の改善でできる限り自然な排便を目指しましょう。つらい症状には自己判断で市販の下剤を使い続けず、病院での治療を選択することも必要です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る