TOP > > 早く治ってほしいから…赤ちゃんの薬の上手な飲ませ方、教えます

早く治ってほしいから…赤ちゃんの薬の上手な飲ませ方、教えます

赤ちゃんが風邪などで体調を崩して、薬を飲むことになった時、上手に飲ませられますか?なかなか飲んでくれなくて、途方に暮れているお母さんも多いのでは?言葉で言い聞かせることのできない赤ちゃんは、薬を飲ませようとしても、嫌がってしまって飲んでくれないことが多いもの。

ようやく薬を飲んでも吐き出してしまったり、ミルクや離乳食まで吐いてしまったりすることだってありますよね。心配な気持ちでいっぱいのお母さんは、早く薬を飲んでほしくて焦ってしまうけれど、素直に飲んでくれない…。薬を飲ませるだけでクタクタですよね。

今回は、そんな時にぜひ役立ててもらいたい、「赤ちゃんに上手に薬を飲んでもらう方法」をご紹介しましょう。

粉薬は練ってペースト状に

散薬やドライシロップ、細粒・顆粒などのような粉薬を赤ちゃんに飲ませる場合、大人が飲むようにはいきませんよね。このような薬は、粉のままではなく「ペースト」にするのがコツ。

①水分を加える

小皿などに粉薬を出し、ほんの少しだけ水分を加えて溶きます。水道の水などに抵抗のある場合は、母乳や麦茶などでもOK。1~2滴のごく少量で充分です。水分が多くなりすぎないように注意して、様子を見ながら。

②練ってペーストにする

清潔な手指で練ります。目安は、歯磨き粉くらいのやわらかさ。やわらかく練ってペースト状にまとめます。

③赤ちゃんの頬の内側に塗りつける

赤ちゃんのお口を開けて、頬の内側に塗るようにしてつけます。頬の内側の部分は味覚が鈍いところなので、多少苦味のある薬でも、赤ちゃんは嫌がりにくいんです。

③湯冷ましなどを飲ませる

頬の内側についた薬は、唾液などで自然に溶けていくので、赤ちゃんは無理なく飲み込むことができます。でも、薬の味が口に残ってしまって嫌がることも。そういう時には、湯冷ましや母乳などを少し飲ませて薬の味を消してあげましょう。

液状の薬は、スプーンやスポイトで

液状になっている薬は一見飲ませやすいようですが、口に入れても嫌がって吐き出してしまうことも多いもの。この場合、スプーンやスポイトなどを使ってササッと飲ませるのがコツです。

液状の薬を飲ませる場合、哺乳瓶で飲ませたくなりますが、なるべく避けたほうがいいでしょう。薬の嫌な思い出が赤ちゃんに残り、哺乳瓶そのものを嫌がって、普通のミルクも飲まなくなってしまうことがあります。

①ボトルをよく振って薬の成分を均一に

液状の薬は、飲ませる前には必ずボトルをよく振りましょう。薬の成分は底にたまってしまうことが多く、そのまま出しても成分が充分に出ていないことがあります。飲ませる前にはしっかり振って、薬の成分を均一にしておきましょう。

②量をはかる

ボトルを水平な場所に置いて、量を正確にはかりましょう。赤ちゃんの体は小さいので、特に正確にはかることが大切です。正面から目盛りを見て、きっちりはかってくださいね。

③スポイトやスプーンで飲ませる

液状の薬を飲ませる時は、スプーンやスポイトでサッと!がコツ。哺乳瓶に慣れている赤ちゃんであれば、哺乳瓶の乳首を吸わせておいて、素早くスプーンなどに差し替えると、うまくいくことが多いです。

スプーンを使う時に注意したいのは、一気に流し込まないこと。むせてしまったり吐き出したりして、かえって飲めないことが多いんです。何度かに分けて少しずつ飲ませましょう。

また、スポイトを使う場合、口に入れようとすると舌で押し出してしまうことがあります。そういう時には、口の端からそっとスポイトを差し入れて、舌に乗せないようにしながら頬の内側あたりに少しずつ垂らしましょう。

④湯冷ましなどを飲ませる

液状の薬も、粉薬と同じように薬の味を消してあげるほうが良いでしょう。湯冷ましや母乳などを飲ませます。

赤ちゃんが嫌がって暴れてしまう時には抱っこで固定

赤ちゃんが薬を嫌がって暴れてしまうこともあります。暴れている赤ちゃんにそのまま薬を飲ませたりスプーンなどを使ったりするのは危険!しっかり抱っこして固定しましょう。

①まず、抱っこの状態からスタート。赤ちゃんが足をバタバタさせないように、お母さんのももに赤ちゃんの膝の上の方をはさみましょう。

②手を動かしてしまわないよう、赤ちゃんの右腕を、お母さんの左の脇でしっかりとはさんでおきます。

③お母さんの左手で赤ちゃんの左手を握り、左の肘を曲げて赤ちゃんの頭を固定するようにします。

④こうするとお母さんの右手が空くので、練った粉薬を飲ませたり、スプーンやスポイトなどを使ったりすることができます。

赤ちゃんが薬を嫌がって飲んでくれないのは、お母さんにとっても辛いもの。でも、治るためにはしっかりと飲ませることが大切です。諦めないで、あの手この手で工夫しましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る