TOP > > 夏の胃は水びだし!疲れた胃をスッキリさせる、最適な胃腸薬の選び方

夏の胃は水びだし!疲れた胃をスッキリさせる、最適な胃腸薬の選び方

今年は猛暑のせいで例年以上に夏の疲れで困った方も多いはず。こんな季節、つらいのは体だけではありません。胃も悲鳴を上げています。とかく夏場は、冷たい飲み物を飲み過ぎてしまい、胃の中は水びだし状態になっているのです。

胃の中で水分が増えると胃酸が薄まり消化が悪くなるので、胃もたれや食欲不振などの症状が現れます。さらに暑さで自律神経の働きが鈍るので、胃が正常に働く機能自体も衰えるのです。まさに、夏は胃にとっても過酷な季節と言えます。

胃には体の状態が敏感に現れやすい!胃の不調は体からのSOS!

ストレスを感じた時に、胃が痛くなった経験はありませんか?よく「肝臓は沈黙の臓器、胃は饒舌な臓器である」と言われます。胃は、ちょっとした体調の変化にも敏感に反応するのです。

言い換えれば、体に起こった異常をすぐに感知し警告を発するとも言えます。もしかすると、その胃のトラブルはどこか体の不調のSOSサインかもしれないのです。

胃に現れやすいトラブルと胃薬の正しい選び方

胃に現れる症状も人それぞれです。まず、一番大切な事は、その原因は何か、心当たりを探してみることです。アルコールを過剰に飲んでいないか?暴飲暴食でないか?過剰なストレスはないか?など原因が何であるかを解決しない限り、一時的な対処療法にしかなりません。

その上で、一般的に多い症状と市販の胃薬などでどう対応すればよいか説明していきたいと思います。まず、胃もたれ(胃が重く感じられる不快感)や食欲不振の場合。原因の多くは、食べすぎや飲みすぎによることが多いのですが、胃の運動機能、消化機能が衰えている証拠です。

胃の中の食べ物が消化するのに時間がかかるので、胃もたれや食欲不振の症状が現れます。この場合は消化酵素が入った胃薬を選ぶと良いでしょう。

消化酵素にも色々ありますが、主なものとしては、リパーゼ(パンシロンやキャベジンなど)、ビオジアスターゼ(大田胃酸など)、タカジアスターゼ(第一三共胃腸薬など)などが昔からあり有名です。どれも食べ物の消化を促進します。

そして、胃痛(胃がシクシクまたはズキンズキンと痛む)や胸やけ(みぞおち、や食道のあたりが熱く感じられて酸味のある刺激が上がってくる不快感)の場合は、制酸剤の入った胃薬か、H2ブロッカーという薬を使います。制酸剤は、炭酸水素ナトリウムや水酸化マグネシウムなどが有名です。

だいたい有名な商品であれば入っている成分ですが、私なら「大田胃酸」をお奨めします。制酸成分の効き目が良く、消化薬や生薬がトータルで胃の働きを高めてくれます。

それに、どこの薬局でも大概手に入りますし、値段が安い割に良い処方だと思います。※ただし、あくまで私の個人的な意見ですから、薬剤師などと相談の上、ご自身の症状に合ったものをお選び下さい。

H2ブロッカーは、もともと病院で処方されていた薬を、薬局でも買うことができるようにした最新の胃薬です。制酸剤は効き目が短いという弱点があるのですが、H2ブロッカーは胃酸の分泌を元から止め、長時間(10時間位)効きめが持続するので、胃酸の出過ぎによる症状には効き目が高いのです。

これは、胃酸を出す機能そのものの働きを阻害するので、制酸成分より強力に効きます。ただし、間違って使えば、かえって症状が悪化する恐れもありますので、他の薬も服用している場合など、購入の際には必ず薬剤師などに相談が必要な薬です。

お奨めは漢方の胃腸薬!どの症状にも合わせて胃の働きを正常にしてくれます

胃の症状は直接的には、胃酸と胃の調子のバランスにあると言われます。胃酸が少なくても、胃の粘膜や、胃壁の働きが低下していれば、胃酸により胃がダメージを受けます。攻撃する胃酸と防御する胃の働きのバランスによって、胃が正常に働いているのです。

私が総合的にお奨めするなら、漢方の胃腸薬です。漢方薬であれば、胃の働きそのものを正常にするので、胃酸が出過ぎであれば、胃酸を抑制するように作用し、逆に胃酸が足りなければ、胃酸を多く出すように働くのです。つまり、胃がどういう状況かを、胃自身(変な言い方ですが)が判断して正常に戻すように働くのです。

また、即効性という点では、ドリンクタイプの胃腸内服液がお奨めです。飲みすぎや二日酔いの時にはドリンクタイプのものを飲めば、短時間でスッキリしますよ。

最後に、近年では、夜遅くまで仕事などをして、食事の時間が遅くなる「晩食化」の傾向があります。食べてすぐに寝ると胃酸が逆流したり、胃もたれを起こしやすくなりますので、あまり遅い夕食の習慣は改めたほうが良いようです。

ストレスを取り除く事も大切です。ストレスは胃に強いダメージを与えます。日頃の、生活習慣やストレスの解消に気を配り、大切な胃を守るようにいたしましょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る