TOP > 薬

薬の豆知識

薬とは、人の体や精神を蝕む病気に対して、治療や予防をするために用いる医薬品のことです。薬の処方には、専門的な知識を持った医者、薬剤師の許可が必要です。薬には、飲むタイプのもの、塗るタイプのもの、注射・点滴など、体に針を入れて注入するものがあります。

基本的には、人の健康維持のために使用されるのが「薬」ですが、使用方法によっては、体に危険な症状を起こしたり、重篤な症状に陥ることがあります。

こちらのカテゴリでは、「薬」の知識を深め、薬を使用するために知っておくべきこと、薬によるメリット、デメリットをご紹介しています。

薬についての豆知識

薬についての、ちょっと知っておくと便利なこと。正しく、きちんと、体にいい「薬」として作用してもらうために必要なことです。まずは、保管方法。あなたは、正しい保管方法を知っていますか?

その保管方法で大丈夫!?薬を正しく保管するための5つのポイント
薬を正しく使うには正しい保管から!薬の保管方法Do&Don’t

処方された薬の袋に「食間」と書いてありますが、食事をしている最中に飲むということ?水で飲むように言われたけれど、お茶でも問題ないんじゃないの?そんな、薬への疑問にお答えしています。
意外と知らない!?薬の上手な飲み方について5つの豆知識
大人だって薬はニガテ?錠剤の飲み方のコツを知って楽にゴクッと

薬で知っておくべきこと

病気となり、処方された薬を使用する場合、病院の指示、医者の指示だから・・・と、それを信じっきって、ただ飲み続けるというのは、危険です。自分の症状と、その薬の内容を、自分でもきちんと把握しましょう。

現在は、「お薬手帳」というものがありますので、記入が面倒だとしても、病院での処方薬はもちろん、薬局などで購入し、使用したお薬の名前、使用頻度なども、記入しておかれるといいでしょう。

自分が今、どういう症状で、どういう薬を飲んでいるのかを把握することによって、自分の体を守ることにつながります。薬は、健康維持のために必要なものではありますが、使い方によっては、「毒」にもなるものだからです。
・自分の薬のこと知ってる?
きちんと知っておきたい自分の服用薬の副作用の事
知っていますか?<痛み止め>にある腎障害のリスク

薬どうしの飲み合わせはもちろんですが、意外と知られていないのが、薬と食べ物との飲み合わせです。せっかく鎮痛剤を飲んだのに、食事でキャベツを摂取すると、その効果は激減してしまいます。効果が減るくらいならまだしも、薬と食物がその飲み合わせによって、危険な作用を起こす場合もあります。

どんな薬に、どんな食物がダメなのか?知ることは、大事なことです。
・飲み合わせが大事
キャベツで鎮痛剤の効果減弱?!意外と知らない薬と食品の飲み合わせ
お薬どうしだけじゃないの?知らないと危険!薬と食物の相互作用

薬によるメリット

薬によるメリットといえば、やはり「予防」が出来ることです。たとえば、風邪をひき始めたように感じる症状が出た場合(喉の痛みや咳症状など)に、早めに風邪薬を飲んでおけば、早い段階で、症状を抑えることが出来ます。

症状もないのに飲む必要はありませんが、どうしても仕事が休めない、子供がいて休む暇などない、という方には、早めに対処することで、予防が出来、ひどくなるのを防ぐことが出来ます。
風邪を引いても休めない人へ!風邪薬の上手な飲み方・選び方

薬によるデメリット

薬は、治療や予防のためには必要なものですが、自分勝手な判断での使用や、薬の乱用は、命に関わる危険な状況を作り出します。薬は使い方によっては、「毒」になる。

上記にも書きましたが、安易な考えで、薬を使用すると、自分の体に異常をきたすことになります。頭痛がするから、鎮痛剤を。咳が出るから、風邪薬を。と、自分の判断で飲むのは危険です。必ず医師に相談し、処方をしていただきましょう。
鎮痛剤と風邪薬、ダブル飲用は死亡フラグかも??!
風邪薬などの市販薬でドラッグ中毒に?!注意したい成分とその症状

薬は、「毒」になると先ほどから連続して書いていますが、薬には「依存性」があります。飲み続けると、その薬がなければ、体が対応しなくなることも多いのです。

その例のひとつが、「下剤」です。便秘は女性に多く、苦しい気持ちも分かりますが、すぐに下剤を飲むのではなく、食物繊維の多い食事を摂取し、適度な運動をして、「出す」努力もするべきです。

下剤に頼りすぎると、下剤がなければ、出ない体になってしまいます。あなたは、一生下剤を飲み続けるのですか?
飲まないと出ない!?下剤乱用のデメリットと危険性

病院での診察を受ける際、痛いから、と痛み止めを飲んで受診すると、医者はどこが、どの程度痛いのか?の判断をすることが出来ません。診察を受ける際には、薬は飲まずに受診しましょう。あなたが自分で、病気のサインを潰している可能性があります。
痛み止めを飲んではいけない?病気のサインを潰す薬の危険性

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る