TOP > > 噛み合わせの不調はどこで見てもらえるの?噛み合わせの受診の仕方

噛み合わせの不調はどこで見てもらえるの?噛み合わせの受診の仕方

何科で見てもらえる?噛み合わせの不調

“噛み合わせ”だけに歯科?と思いますが、虫歯や歯痛もないのに受診してよいのか迷ってしまいますね。口に関係したところで口腔外科という診療科目もあります。口腔外科は虫歯や歯周病意外の口腔に関連する病気や怪我を診療してもらえる機関ですので適当といえます。

また、噛み合わせの不都合を骨格の歪みと捉えると整形外科も妥当ですね。ここで挙げただけでも迷ってしまいますが、まずは歯科を受診してみましょう。

口腔外科の医師は歯科医師であることが殆どなので、歯科には口腔外科も扱っている場合が多くあります。診療科目に口腔外科を掲げている歯科を受診すると改善への近道になりますね。

専門医がいない実態

これらのうち、どの診療科目でも受診に適していますが、噛み合わせの不具合には専門医が極端に少ないのが事実です。専門医が少ないどころか、実のところ確固たる治療方法も見いだされていないのが現状です。

噛み合わせの不調は病気としての確立が成されていない為、その原因の特定、症状の種類や治療法までにも決まりがありません。

専門医がいない噛み合わせの症状ですが、それに対して症状や悩みを抱えている方は多く存在しますので、原因の究明や治療方法の確立が必要なジャンルと言えますね。

医療の世界は日進月歩といいます。噛み合わせの治療も同様に研究が進められていますので、将来的には噛み合わせと症状の因果関係が証明されることでしょう。

正式な病名はついていなくとも、診療科目に掲げている歯科等もありますので、噛み合わせの不調を抱えている方にとっては希望となっています。

不都合の種類で受診科目を選ぶ

物が食べづらい、片方で噛むくせがある、などといった不都合を感じていれば歯科、口腔外科の受診がおすすめです。

ここで注意しなくてはならないのが、歯列矯正との関係性です。歯の並びが悪いことが原因での症状でしたら治療の方向が歯列矯正となるでしょう。

しかし、歯列の問題か、顎関節か、あるいは骨格の歪みからくる症状かの見極めは慎重にみてもらう必要があります。

歯列矯正となった場合、歯を抜く処置がある可能性があるからです。一度抜いてしまった歯は二度と戻りませんので納得のいくまで診察を受けましょう。

肩こり、腰痛と症状が全身に及ぶならば、整形外科の受診がおすすめです。原因不明の痛みには対処療法が基本になってしまいますが、噛み合わせが悪く、どこか歪んだ感じがすることを伝えるのがポイントです。

全身の骨の歪みが原因の場合もありますので、整骨院で相談してみるのもよいですね。骨の位置を正したら頭痛、肩こりや腰痛だけではなく噛み合わせも良くなったという例もありますので効果的といえます。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る