TOP > > メラノーマ(悪性黒色腫)とホクロの決定的な3つの違い

メラノーマ(悪性黒色腫)とホクロの決定的な3つの違い

メラノーマ(悪性黒色腫)は、ホクロのガンと言われる事もあるほど、ホクロと間違われやすい病気です。しかし、メラノーマをホクロだと思って放っておくと、病状が悪化してしまいます。そこで今回は、メラノーマとホクロの決定的な違いを3つご紹介します!

メラノーマとホクロは大きさが違う!

1つ目のメラノーマとホクロの違いは、「大きさ」です。ホクロの場合、昔からある事が多く、また大きさもほとんど変わりません。しかし、メラノーマは突然でき、気が付いたらどんどん大きくなるという事も珍しくありません。

特に直径6㎜以上のホクロは、メラノーマの可能性が高いです。ホクロが大きくなっている方は、お近くの皮膚科などで、メラノーマに関してご相談ください。

メラノーマとホクロは形が違う!

2つ目のメラノーマとホクロの違いは、「形」です。初期の段階だと分かりにくいのですが、徐々にホクロとメラノーマは形が変わっていきます。

ホクロの形は、左右対称で綺麗な円形である事が多いです。それに対してメラノーマの場合は、左右が非対称となります。また、輪郭がぼやけているという特徴もあります。ホクロを良く観察して、左右非対称、輪郭がぼやけるという特徴がある場合は、病院で相談した方が安心ですよ。

初期段階のメラノーマは痛みがあるわけでもないので、ついつい放っておかれがちです。しかし、進行が速いガンとして知られており、気が付いた時には末期だったという事もあり得ます。ですから、少しでも「おかしい」と感じるところがあれば、皮膚科で相談した方が良いです。

メラノーマとホクロは色が違う!

3つ目のメラノーマとホクロの違いは、「色」です。一般的にホクロの色は、こげ茶色である事が多いです。しかしメラノーマの場合は、真っ黒であったり、赤っぽかったりします。ですから、ホクロの色が急に真っ黒になったり、赤っぽくなったりした方は、すぐに病院に行った方が良いです。

「ホクロくらいで病院に行くのは、大げさではないか?」と言う人がいらっしゃるかもしれません。しかし、万が一メラノーマであった場合は、早急な治療が必要です。治療が遅れてしまうと、転移して手の施しようがなくなるという事態も想定されます。ですから、早めに皮膚科にかかってください。

このように、メラノーマとホクロを見分けるポイントは、大きさ、形、色です。また、メラノーマは足の裏に特にできやすいと言われています。ですから、足の裏にホクロがある方は、特にこういった見分け方を参考にして、ご自身のホクロをご確認ください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る