TOP > > 足裏以外にも出来る?メラノーマに関する5つの疑問を徹底解明

足裏以外にも出来る?メラノーマに関する5つの疑問を徹底解明

メラノーマと言うと、足裏に出来るというイメージが強いです。でも、本当にメラノーマは足裏だけに出来るのでしょうか?そこで今回は、「足裏以外にもメラノーマが出来るのか?」という疑問を含む、メラノーマに関する質問を5つご紹介します!

Q:メラノーマは足裏以外にも出来る?

A:メラノーマは、足の裏に出来るというイメージが強いです。ただ実際は、どこにでも出来る可能性があります。しかし、メラノーマが特に出来やすい部位は、足裏、手のひら、爪の中などです。もしも突然、足裏や手のひら、爪の中などにホクロが出来た場合、それはメラノーマの可能性があります。

メラノーマは初期段階で発見出来れば、95%以上完治すると言われています。ホクロに異変を感じた方は、病院で相談する事をお勧めします。

Q:メラノーマの患者数はどれくらいいる?

A:日本でのメラノーマ患者さんは、毎年1500人~2000人程度だと言われています。割合としては、10万人に1人~2人ですので、それほど多くはありません。しかし、進行が速く死亡するリスクも高いと言われています。

一般的にメラノーマは60代~70代の患者さんが多いです。しかし、20代の若い世代でもメラノーマ患者さんはいますので、若いうちからしっかり予防して、メラノーマにならないように心がけて下さい!

Q:メラノーマはどうすれば予防出来る?

A:メラノーマの予防法として最も効果的な事は、「日焼け対策」です。メラノーマの原因は未解明ですが、紫外線が深くかかわっている事が指摘されています。ですから、紫外線になるべく触れないように生活する事がメラノーマ予防につながります。

特に紫外線が強い雪山や真夏の海に行く時には、強めの日焼け止めをしっかり塗って、紫外線をブロックして下さい。紫外線をしっかりブロックする事が、メラノーマ予防となります。

Q:突然ホクロが大きくなった時はメラノーマの疑いがある?

A:ホクロが突然大きくなった場合、メラノーマの可能性が濃厚です。特に5㎜以上の大きさになった場合は、要注意だと言われています。また、これ以外にもホクロの色が真っ黒になったり、赤っぽくなったりした時にも、メラノーマが疑われます。

もしも見覚えのないホクロが突然出来たり、ホクロが大きくなったり、色が変わったりした場合は、必ず病院で診察を受けて下さい。

Q:メラノーマの相談は何科が専門?

A:ホクロに異変を感じた場合、病院で相談した方が賢明です。しかし、メラノーマの疑いがある場合、何科を受診する事が正解なのでしょうか?

メラノーマの場合は、皮膚科や皮膚泌尿器科などが最適です。特に皮膚科の場合は、メラノーマに詳しい先生がいる事も多いです。ですから、誤診されるリスクも低いと考えられます。ですからメラノーマの疑いがある方は、皮膚科や皮膚泌尿器科などを受診して、ドクターにご相談ください。

以上がメラノーマに関する5つのQ&Aです。メラノーマは、発症頻度はそれほど高くありません。日本人の場合は、10万人中1人~2人程度です。

しかし、原因不明で誰がかかってもおかしくない病気です。ですから、あらかじめメラノーマの事を知っておくと、いざという時に役立つかもしれません。ぜひこのメラノーマに関するQ&Aを、お役立てください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る