TOP > > 原因不明の恐ろしい病気「悪性黒色腫」!4つの方法でしっかり予防

原因不明の恐ろしい病気「悪性黒色腫」!4つの方法でしっかり予防

悪性黒色腫は、いまだに原因の解明がなされていない病気です。しかし、進行していくと死亡する可能性もあります。ですから、しっかり予防して、悪性黒色腫にかからないようにしたいですよね。そこで今回は、悪性黒色腫の4つの予防方法をご紹介します。

紫外線に浴びないようにする!

1つ目の悪性黒色腫の予防法は、「紫外線対策」です。悪性黒色腫の原因は不明な点が多いのですが、紫外線が関わっている事は間違いないようです。ですから、なるべく紫外線に浴びないように生活をしましょう。

真夏は紫外線対策をしている人が、とっても多いです。日焼け止めを塗ったり、日傘をさしたり、肌の露出を控えたりする人を良く見かけます。しかし、紫外線が降り注いでいるのは、真夏だけではありません。

紫外線は、1年を通して毎日地上に降り注いでいます。ですから、日が照っていない曇りの日や雨の日、雪の日などもしっかり紫外線対策を行って下さい。

また、男性は日焼けに無頓着な人も多いです。しかし、男性だからと言って日焼け止めをさぼっていると、悪性黒色腫にかかるリスクがアップするかもしれません。ですから、男女問わず、毎日の日焼け止め対策を忘れずに続けて下さい。

刺激しないように気をつける!

2つ目の悪性黒色腫予防法は、悪性黒色腫が疑われる場所を「刺激しないようにする」という事です。例えば悪性黒色腫が疑われる場所を洗う際には、ゴシゴシ洗うのではなく、泡で優しく包み込むように洗う事がポイントとなります。

刺激すると、症状を悪化させるなどの恐れがあります。ですから、なるべく手で触ったり刺激したりしないようにして下さい。

体に出来たホクロをチェックする!

3つ目の悪性黒色腫予防法は、「ホクロのチェック」です。今までなかったホクロが出来たり、ホクロが急激に大きくなった時には、悪性黒色腫が疑われます。ですから、日ごろからホクロの状態をチェックしておく事が予防につながります。

もしも見慣れないホクロが急にでき、どんどん大きくなっている場合は、皮膚科に行って診察を受けた方が安心です。悪性黒色腫は、初期段階で発見出来ればほとんどの方が完治します。

しかし、進行の早いガンとしても知られており、発見が遅れると死につながる事も珍しくありません。ですから、日ごろから体に出来たホクロを良くチェックしておきましょう!

病院で診てもらう!

4つ目の悪性黒色腫の予防方法は、「病院で診てもらう事」です。悪性黒色腫は、初期の段階ではホクロとほとんど見分けがつきません。素人目には全く同じに映る事も多々あります。しかし、足の裏など悪性黒色腫が出来やすい部位に急にホクロが出来た時や、ホクロがどんどん大きくなってしまった時には、皮膚科で診てもらって下さい。

ただのホクロであれば安心ですし、悪性黒色腫でしたら早く治療に取り掛かる事が出来ます。ですから、気になるホクロを見つけた時には直ぐに皮膚科を受診しましょう。

このように、悪性黒色腫を予防するためには、紫外線対策、刺激しない、ホクロをチェックする、病院で診てもらうという方法があります。悪性黒色腫は、進行が速いガンとして有名です。ですから、しっかり予防して悪性黒色腫にかからないようにしましょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る