TOP > 悪性リンパ腫

悪性リンパ腫の脅威と向き合う

悪性リンパ腫という言葉はあまりいいものではないというのはなんとなくわかるかもしれません。しかし一般的な胃がんや肺がんなど、よくきくガンとはなにが違うのでしょうか。

悪性リンパ腫とは

一般的なガンは肺や胃などわかりやすいところにできるものですが、人間の体内には血液と同様にリンパ液というものが流れています。このリンパが流れている部分にできるものが悪性リンパ腫というものです。つまり全身にできる可能性があるガンなのです。

リンパ腫には基本的に良性というものはないとされているので、できるものはほぼ悪性リンパ腫です。あまり予後も良くないと言われているのは全身にできるために切除するような事ができないからです。

白血病も同じような形で治療を完全に終えるということが出来ません。たいていがん細胞がまだ残っているがとりあえずは回復するという、緩解と言う言葉を用いると言われています。再発するケースもあり、難しい病気です。

悪性リンパ腫の治療方法

悪性リンパ腫は全身にできるものであり、リンパのガンですから切除することが出来ないというのは説明したとおりです。ではどのように治療するかというと、今までは放射線治療を行う方法か、化学療法としての抗癌剤治療を行うかの二つしかありませんでした。しかし最近では新しい治療法がうみだされているようです。

・悪性リンパ腫の新しい治療法って?
ここまできた!治療困難といわれた悪性リンパ腫の最新治療

どの治療法が効果的か、体に負担がないかなどは医師との相談と判断によりますので一概には言えません。あまり予後も良くない病気ですので早期発見早期治療がやはり必要な病気であるのは間違いないでしょう。

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る