TOP > > 加齢で目の病気?もしや黄斑変性?今なら治療でクリアな視界に!

加齢で目の病気?もしや黄斑変性?今なら治療でクリアな視界に!

このページを訪れて下さった読者の皆さんの身近には、「いやあ歳は取りたくないね。もうすっかり目の方に来ているからね。前々から変だとは思ってきたけれど、いよいよ白内障かも知れないなあ」などと嘆く方がいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、高齢の方々の目の上に起こって来る病気について、分かり易くご説明してまいりたいと存じます。

白内障とは異なり、黄斑変性は手術で治る

その前に先ず、その症状が本当に白内障なのかどうか、確かめる必要がありそうです。そんな訳で早速ですが、先程の患者さんにお伺いしましょう。

茶色く見えるなら、白内障ではなく、黄斑変性かも知れない

先ず、その目の症状は、どんなものですか?光がまぶしいとか、目がかすむとか、そういうことですか?え?そうではないと?ではどんな状態なのですか?ええっ?物が茶色に見えるのですか?それなら多分ですが、白内障ではありませんよ。

これは「黄斑変性(おうはんへんせい)」の可能性が高いですね。そして、これは正確には、「加齢黄斑変性(英語名 Age-related Macular Degeneration 通称AMD)」と呼ばれる病気なのです。

患者数が多いのに、知名度が今一つの不思議

それにしても「オウハンヘンセイなんて、聞いたこともないよ」と言われる方、さぞかし多いと予想されます。それもその筈、白内障や緑内障であれば日常的に耳にしますが、黄斑変性なんて病名は、殆どの人は知らないに違いありません。

でも老後に黄斑変性を患う人は、実際には想像以上に多いのですよ。そういう背景があるのにも拘らず、何故黄斑変性の病名がこんなに一般化していないのか、逆に筆者にはそちらの方が不思議で仕方がない位なのです。そんな訳で、幸運にもこのページに巡り合って下さった皆さんには、是非ここで黄斑変性を知っていただきたいと、筆者は願っていますからね。

レンズが濁る白内障、血管がフィルムを塞ぐ加齢黄斑変性

そこで先ずは、白内障と加齢性黄斑変性の違い、この部分からご説明してまいりましょう。ただその前に、どちらの病も年齢の影響を受ける眼疾患として、共通項を持っているという点は、どうしてもご理解いただく必要はあります。

従いまして、本来ならば白内障にも加齢性の文字が付いても良い位なのですね。その上で、両者の相違点を端的に申し上げましょう。それは、白内障が「水晶体」が白く濁る病気であるのに対し、黄斑変性の方は「網膜」の中央の「黄斑」と呼ばれる部分に、本来は不要な筈の赤茶色の血管が出現する病気であるのです。

ところで、水晶体とはレンズの役割を果たす器官で、眼の中でも表面に近い部分に位置しています。具体的には、眼球の表面を覆う部分に角膜がありますが、その角膜の一つ奥に位置するのが、水晶体と呼ばれる器官なのです。

これとは異なり、網膜の方はフィルムの役割を務める器官ですから、当然の事ながら眼球の中でも一番奥に位置しています。従って、網膜には像が映し出される仕組みですから、更にはその信号を脳へ送る仕事が課せられているのです。

その網膜の中心に存在するのが、今回の変性が発症する部位である黄斑なのですね。当然の事ながら、眼の中でも表面に近いレンズが白濁する白内障と、眼の最も奥の、フィルムの中でも中央部分を赤い血管が塞ぐ黄斑変性とでは、似て非なる物と言うよりは、全然違う病気であると申し上げても過言ではないでしょう。

白内障より深刻?でも現代では治る「黄斑変性」

しかも、単なる像を通す部分に過ぎないレンズの濁りと比べたら、像が映し出される肝心な部分であるフィルムが血管で隠される状態になる訳です。勿論、白内障であれ黄斑変性であれ、あくまでも病である以上は、それぞれに苦しみは付いて回りますから、どちらがより苦しいか等と比較するのは、ある意味ナンセンスな行為かも知れません。

ただ、「通す」レンズ部分の疾患である白内障と、「映す」フィルム部分の疾患である黄斑変性を考えた場合、やはり黄斑変性の方が白内障よりも深刻でなないか、そんな気持ちに包まれるのも無理はないと思うのです。

実は、この黄斑変性は、昔から高齢者の失明原因として有名な病気だったのです。そして、ひと昔前では、この病気に罹ると、もう失明するしか方法がありませんでした。実際、不治の病と呼ばれていましたし、当時の医療技術では、手の施しようがなかったのですね。

つい最近まで我が国でも、視覚障害者手帳の交付原因疾患の中では、黄斑変性が第4位を占めていた位です。それによると、50代以上の約70万人が、加齢黄斑変性であるとの推測までもがなされているのです。でもご安心下さい。このページは皆さんを勇気づける為に、書かせていただいているからです。

そう、この病気は今では治るのですよ。もはや黄斑変性は、現代医学では治る病気として挙げられているのです。何よりも、この事実を黄斑変性に苦しむ皆さんに是非ぜひ知っていただき、救われる喜びに浸っていただきたいと、筆者が切に願っていることはご理解下さい。

黄斑変性手術で視力を取り戻した実例

勿論、治す為にはそれ相応の治療が必要になります。当然、手術の選択を迫られる場合にも、遠からず遭遇するでしょう。とは言え手術なんて、そう簡単に「受けます」なんていう決断はできませんよね。そこで、あくまでもご参考までに、筆者が取材した高齢者の体験談をご紹介してまいりましょう。

全てが茶色に見える気持ち悪さ

これは手術に見事成功し、無事に視力を取り戻した、黄斑変性の患者さんの話です。始めに…彼は70歳代の頃はともかく、80歳代が近づくにつれて、視野に入る物が全て茶色に見える現象に、来る日も来る日も悩み続けていました。

ここで「あれ?」と思って、違和感を持たれる方がいらっしゃるかも知れません。何故なら、医療機関によって公表されている黄斑変性の症状に、「物が茶色に見える」という項目は見かけないからです。

然しながら、筆者の取材に答えてくれた彼は、紛れもなく「物が茶色に見える」症状でありながら、眼科医師によって黄斑変性と診断されたのです。従って、体験談である以上、この話には真実から来る迫力があります。

しかし手術前、黄斑変性が進行する過程で、彼の落ち込む様子は明らかに深刻でした。そりゃ気持ち悪いでしょう?視界に入る物の全てが、濁った茶色に見えるのですから…誰だって想像しただけでも、その症状の不快さは身につまされます。

従って彼は、「もう自分の人生は終わりだ」とまで思い詰めて、持ち前の意地っ張りな性質は何処へ吹き飛んだのかと言う程、外出する度に肩を落とし、うなだれて歩く状態だったのです。

術後は透明な視界を取り戻した体験

ところがある時、彼は黄斑変性の手術を受けたのですが、それは筆者の側にとっては「もう受けたの?」と拍子抜けする程、あっけない行為だったとしか言い様がありません。事実、黄斑変性の手術は、日帰りで実施されるのが一般的です。

ただ、手術の詳細を聞いた時には、筆者も感動で胸が熱くなる程でした。と言うのは、実際に眼球を開けてみたら、年齢の高さと長年の放置が災いしたのか、想像以上の量の茶色の不純物が、それこそこびり付いていたからです。

従って、医師の側に立つならば、決して簡単な手術で終わる患者ではなかったのですね。でも眼科医師達は、そのこびり付いた茶色の大量の不純物を、時間をかけて根気強く全部取り除いてくれた、というのです。

従って、手術後の視力の快復は、劇的とも言うべき展開で訪れました。とは言え、細かな時間の流れに添って見た場合には、一日また一日と、それこそ薄紙をはぐように、眼が見える様になっていったのですね。

何故ならば、急に視界が明るく透明になった為に、眼がその見える状態に慣れる迄は、しばらくの間は安静が必要だったからです。それでもあっという間に、視界に入る物が全て透明で良く見える様になったのです。

この目の覚めるような視力の回復は、彼に若い頃と同じ元気と自信を運んで来ました。ただ、この体験談には但し書きが付きます。と言うのは、彼の場合は黄斑変性の中でも、黄斑前膜と呼ばれる良性の疾患だった為、成功したと言っても過言ではないからです。

実は、白内障より黄斑変性の方が、手術で回復する確率が高い

この様に、この黄斑変性の手術に成功し、視力を取り戻した患者さんは、黄斑変性を取り巻く眼病に関して、筆者に幾多の有益な情報を提供してくれました。

中でも印象的だったのは、「白内障は治すのは難しいよ。緑内障も治らない。でも黄斑変性は治るのだ」という言葉でした。それらを全部ご紹介しますと、「今は黄斑変性手術なんて、殆ど成功しているのではないか。何という手術かって?名も無い手術だ」との事でした。

そして続けて、「手術する場合は、二日程度入院すれば済む。日帰り手術が多いのは、患者の回転を上げる為ではなく、入院設備の無い医院が手術するから。それでも三日も通院すれば完治する」とも教えてくれました。

いかにも白内障や緑内障では希望はないといわんばかりですが、それはあくまでも黄斑変性患者の側から見た言葉に過ぎません。同時に、このページ自体が黄斑変性を語る場所である以上、便宜上この病気を優位に立たせているのも、改めて申し上げるまでもない事です。

更には、当然の事ではありますが、世の中には実に様々な、相反する情報が乱れ飛んでいます。従って、世界中を見渡せば「黄斑変性よりも白内障や緑内障の方が治り易い」といった反対の情報や体験は、必ず存在するに違いないのです。

そんな訳で、もし緑内障や白内障の患者さんがこの記事をご覧になられた場合は、絶対にこの記事を真に受けて希望を捨てたりはしないで、意地でも白内障と緑内障に関する朗報を探し出して下さいね。

掃除欲を刺激されると、黄斑変性手術を受けたくなる

それにしても、例の黄斑変性の患者が、視力を取り戻した体験談には、筆者も本当に感動を覚えました。勿論、その感動は、眼科のお医者様の手術によって、一旦は失われた視力を取り戻させてもらった、その行為に対する感謝の気持ちであるのは言うまでもありません。

こびり付いたゴミを根こそぎ掃除する行為の心地良さ

ただ正直に告白すると、感動を覚えたのはもう一つ、別の部分に対してでもあるのです。実は、「こびり付いた不純物を、根こそぎ『こそげ落とす』」この掃除にも似た行為に対して、取りつかれるのにも似た感動を味わったからに他なりません。

そうです。ゴミを全部取り除いて、完璧に綺麗にするのです。こんなに気持ちの良い行為が、他にどれだけあるでしょうか?そう。黄斑変性で出現した血管は、単なるゴミに過ぎないんですよ。そのゴミを手術で除去する…当たり前の行為ではありませんか。

結局のところ、大切な眼を切り開かれると思うから、手術が怖いのに違いありません。そうではなくて、実は眼にこびり付いたゴミを捨てるのだと思えば、むしろ手術は受けない方が気持ち悪くて、とてもじゃないけれどこのまま放置なんてできない、誰だってそんな気持ちになるのではないでしょうか。

余計な物は全部除去したくなる人間の本能

ここで、場違いな例を挙げますが、皆さんは臍のゴマと称される垢がおへそに溜まっているのを発見した時、「汚い!全部ほじくり出してやる」という、得体の知れない本能に取りつかれませんか?言うまでもなく、耳垢等も溜まっている事実に気付いたら、もう気持ち悪くてどうしようもなく、放置して生活できる人は少ないでしょう。

それから、ここからは掃除とは無関係になりますが、手等に湿疹ができた際に発生する、それこそ虫眼鏡でないと見えない程0.5ミリ前後と微小な、それでいて次から次へと際限なく出現する水泡があります。

これを発見したら、手当たり次第に爪切りなどで潰さないと、気持ち悪くてとても落ち着いていられない、そんな不思議な人間が存在するものです。又、これに似た例ですが、宅急便や引越しの梱包の際に使用される、緩衝剤の一種である、「プチプチ」をご存じでしょうか?

そう、あのブツブツした突起が無数に並んだ、透明なシート状の物体ですね。あのプチプチを見てしまうと、全部をつぶさないと我慢できない、そんな人間は人類の大部分を占めるといっても大袈裟ではありませんよね。

こうした例から見えて来る事柄ですが、何故か人間には、ズラッと並んだ突起物や、ベッタリとこびり付いた汚れに対し、全部排除しないと気が済まなくなるという、根源的な本能が備わっているとしか思えません。

黄斑変性という茶色のゴミを一掃する快適さ

そうです。黄斑変性もこれと同じなのです。即ち、黄斑変性と診断された眼球の中で、一体何が起こっているのか、その真実を知ってしまった患者さんは、もう一刻も早く手術を受けずには、とても落ち着いてなどいられない、そんな精神状態になるに違いないのですね。

そう。もう一度繰り返しますが、黄斑変性の症状に於いては、眼の中に茶色のゴミが蓄積していると解釈して下さい。そうすると、黄斑変性の手術では、そのゴミが根こそぎ取り除かれるのだ、こう受け止められる訳ですね。だからこそ黄斑変性の手術を受ける事により、眼に映る物の全てが透明度を取り戻すのです。

徹底解説…黄斑変性を患った時、眼の中で起こっている現象

そこで、この気持ちに共感していただく為には、本当は眼球の断面図をお目にかければ、訴える力としてはこれ以上ない材料に違いありません。ただ、残念ながらこのサイトでは、図解はできない仕組みなのです。そこで、これから筆者が文章で表現しますので、皆さんの頭の中で眼球の断面図を連想して下さい。

網膜の外側の脈絡膜には血管がある

因みに、冒頭でご紹介した眼球の仕組みが白内障との違いに特化しているのに対し、以下でご説明する眼球の仕組みは、黄斑変性の仕組みに焦点を絞っていますので、少し内容が重複するとお感じになられるかも知れませんが、その点にはご理解をお願いしますね。

先ず、それでは黄斑変性の患者さんの眼球、簡単に言えば目玉ですが、顔の表面に見えている部分、あの白目と黒目と呼ばれ、コンタクトレンズを乗せる部分が「角膜」です。その一つ奥にあるのが「水晶体」と呼ばれる凸レンズ部分で、眼球の中を満たしているのが流動体で、これは硝子(ガラス)体と言われます。

そして、眼球の内側をグルリと取り囲む膜が「網膜」で、その網膜の中でも眼球の最も奥に位置する部分が、今回のテーマである「黄斑」なのですね。つまり眼球というのは、表から奥へ向かって見た場合、以下の順に並んでいる訳です。

1.角膜→眼球の中でも顏に表れた部分黒目と白目
2.水晶体→眼球の中で、角膜と硝子体の間にある部分凸レンズの役割
3.硝子体→眼球の中を満たす流動体
4.網膜→眼球の中でも最も奥にある部分フィルムの役割

ただ、正確に表現するならこれでは不十分で、実は網膜の下には脈絡膜と呼ばれる膜が張られているのですね。従ってこれを更にご説明しますと、網膜の外側にあり、強膜の内側にあるのが、この脈絡膜になるのです。よって、眼球壁を、外側から内側へ向かって見た場合、以下の順に並ぶ三枚の膜によって構成されているのですね。

  • 強膜
  • 脈絡膜
  • 網膜

その内、脈絡膜にはメラニン色素細胞と血管が張り巡らされています。

脈絡膜に出現した血管が、網膜の黄斑部を塞ぐ

そうです。脈絡膜とは血管があって当たり前の器官なのですね。そこで、冒頭のご説明を思い出していただきたいのですが、あの時「黄斑変性とは網膜の黄斑に、不要な血管が出現する病気」と申し上げました。ここで皆さん、「あっ」と驚きませんか?

そう。いくら何でも元々存在しもしない血管が、突然出現するなんてちょっと考えられませんよね?不要な血管が出現する器官は、実は網膜ではなくて、もう一枚外側に位置する、脈絡膜の方だったのです。勿論、網膜の方にも血管は通っていますが、ここではその問題は忘れて下さい。

ともかく、その脈絡膜に血管が現われた結果、脈絡膜の内側にある網膜、中でも網膜の中心の黄斑部が、血管で塞がれる状態になる、これが黄斑変性の症状に他ならないのです。しかしながら、脈絡膜に色素や血管が豊かに備わるのは、そこに必要な役割があるからであって、本来無駄な部分は身体には一つも存在しません。

何故なら、脈絡膜のこの構造が黒い膜となって光線を遮断し、瞳孔以外から侵入する光線を退けて、眼球の内部の暗さを一定に保っているからです。因みに、日本人を例に例えると、俗に言う目玉の中でも黒目と呼ばれる、茶色の円形の部分が虹彩であり、その虹彩の中心の黒い小型の円形の部分が瞳孔です。

何と、この瞳孔は光線が入る部分で、大きさを変化させながら光の量を調節しているのですが、その働きだけでは光線が制御しきれないからこそ、血管に富んだ脈絡膜が黒い色を帯びて、眼球内部の適度な暗さを維持しているのですね。更に付け加えるならば、脈絡膜は明暗の調節のみならず、眼球の栄養補給をも担当しているのです。

最新の黄斑変性手術を受ける選択肢

それでは何故、こんなにまで眼球の健康に貢献してくれる脈絡膜の血管が、黄斑変性とも言うべき病気の原因となるのでしょうか?

脈絡膜に出現する血管は、不必要な存在の新生血管

その理由は、黄斑変性の原因となる血管は、本来存在する必要な血管ではなく、不必要な新生血管であるからに他なりません。そうです。脈絡膜は加齢に伴い、新しく血管を産み出してしまうのです。

そこで、先程の眼の頭の中の断面図を思い浮かべて欲しいのですが、この脈絡膜にできた新生血管と言うのは平面ではなく、横から見るとかなり膨れ上がっています。

邪魔な血管を取り除き、網膜に映る像を鮮明にする

実は今、筆者が目にしている図がまさにそうなのですが、それが仮に理解を容易にする目的で、意図的に膨らませて描かれたと解釈しても、やはり見ているだけで気持ちが悪くなって来るのです。

言うなれば、こんな赤茶色のモヤシか毛髪にも似た物体が、眼のフィルムにあたる部分をモジャモジャと覆って来るのですね。それはもはや覆うと言うよりは、「膜と膜の間に詰め込まれている」と表現した方が、より的を得ているかも知れません。

こんな変な物が網膜に敷き詰められたら、当然何を見ても茶色に染まる筈です。その上、膨れ上がったその物体の影響で、大切な網膜が浮き上がろうものなら、その膜に映る像が全て歪むのは当たり前で、視界の中央も欠ければ物がぼやけるのは当然です。

この様に、黄斑変性を起こした眼球の断面図には、見る者をして「もう手術で取り除くしかない」、そう実感させるだけの圧倒的な迫力があるのです。そうです。この際、思い切って、黄斑変性の手術を受けませんか?

もう視力が快復しても平行線でも、悪化するのではない限り、どちらでも良いのではありませんか?とにかく先ずは、このモジャモジャと敷き詰められた赤茶色の物体を、手術によって一本残らず根こそぎこそげ取って、生まれた時のままのキレイな眼になろうではありませんか!

こんな不気味な物体を、いつまでも眼の中に飼っておくなんて、それこそ限りなく愚かしい行為を続けている、と言われても仕方がありませんよ。

黄斑変性を直感で理解し、手術成功の確率に賭ける

勿論、筆者は何が何でも、黄斑変性の手術をお勧めするつもりで、この記事を書いているのではありません。何故なら世の中に、100%成功するなんていう手術は、一つとして存在しないからです。結局のところ、手術を受けるか受けないか、それは患者さんご自身が決断する以外になく、他の誰にもその代わりは務められないのです。

それでも、もし患者さんが、黄斑変性の症状や手術に対して、誤まった先入観を抱いているが故に、それが原因で手術に踏み切れないのであれば、やはり正確に黄斑変性を捉えていただき、快復するかも知れないという手術の可能性に、是非共賭けて欲しいと願っています。

最新の黄斑変性治療の手術以外の選択肢

とは言え、担当の医師から勧められもしないのに、自分の方から手術を頼む必要がないのは言うまでもありません。何故なら黄斑変性には、レーザーやサプリメントで回復する、そんなタイプも存在するからです。

と言うよりも、「加齢黄斑変性症は、眼病の中でもサプリメントの効果が期待できる点に於いては、唯一無二の病気である」、と定義しても過言ではないのです。

レーザーや薬剤で治せる黄斑変性

事実、加齢性黄斑変性症には、二種類があるのですね。最初にご説明した通り、黄斑に異常な血管が増加する症状が「ウェットタイプ」に分類されるのに対し、黄斑の内部に老廃物が蓄積する症状は「ドライタイプ」と呼ばれるのです。

この内、前者のウェットタイプですら、異常な新生血管をレーザーで焼き固めたり、これらの増殖を抑制する薬剤「抗VEGF抗体」(ルセンティス若しくはマクジェン)を投与する治療で、効果が期待されます。まして後者のドライタイプに至っては、進行が遅いのが理由で治療よりも、経過観察で済むとも言われている位です。

黄斑変性が治せるサプリの成分

それでは、黄斑変性に有効なサプリは、一体どんな成分なのでしょうか?その筆頭は何と言ってもルテインでしょう。あの眼に効くとされるブルーベリーのサプリメントに、よく一緒に含まれている有名な成分ですね。

この他、亜鉛やビタミンCも、黄斑変性には効き目があります。これ等の三種類の成分に共通するのが、抗酸化物質であるという点です。何故ならば、酸化現象こそが、あらゆる加齢性疾患の最大の元凶であるからです。当然の事ながら、抗酸化物質の摂取が、眼のみならず全身のアンチエイジングの基本となります。

黄斑変性は治せる時代に突入した

この様に現代では、黄斑変性はもはや不治の病ではなく、100%該当するかどうかはともかく、呆気なく治る病気といっても過言ではないのです。そうです。黄斑変性の患者の皆さん、どうか前向きに治療に取り組んで、以前の視力を取り戻して下さいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る