TOP > 加齢黄斑変性

加齢黄斑変性症とは?症状、原因、治療法について

人間だれしも、年齢を重ねるごとにいろいろな健康面のトラブルが起こり始めます。その一切をシャットアウトするとなると、不可能ではないかもしれませんが、お金も時間も費やす神経もものすごく大きくなります。

ですから年齢と病気の関係で早いうちから意識しておきたいのが、年齢を重ねればいろいろと問題が現れるものなのだという事実と、その問題の表面化を遅らせること、そしてできるだけ早く体内で人知れずくぶっているその問題に気づいて対処することでしょう。

もちろんどんな病気でも、かかってしまうとそれはたいへんであることは間違いありませんが、目や耳といった、生活への支障がダイレクトにおよぶような疾患には、特に注意する必要があるといえるかもしれません。

加齢による疾患は多いですが、生活への支障をきたす意味で怖い病気のひとつに、「加齢黄斑変性(おうはんへんせい)症」と呼ばれる病気があります。病名に「加齢」が付されているほどですから、年齢とのかかわりは非常に強いと考えられます。

今回は、比較的失明率が高い加齢黄斑変性症についてお話していくことにします。

その症状、もしかして加齢黄斑変性かもしれない!?

インターネット技術の発達、その環境整備に伴って、目を酷使しなければならない現代人の目のトラブルの対象は、日本人だけ限ったことではありません。むしろ欧米では加齢黄斑変性による失明のリスクが日本よりも高いくらいです。

実際欧米圏では、失明の原因となりうる病気として加齢黄斑変性が最上位に入るほどですから、事態は非常に深刻です。しかし加齢黄斑変性が日本人にとって無関係な病気とはいえません。現在日本の成人の失明原因第4位が、加齢黄斑変性です。

それどころか、現在よりも多くの日本人高齢者が発症すると考えられているのが、加齢黄斑変性の今後の見通しです。やはりこれは、日本国内における高齢者数が増加していることと大きく関係しています。

目のトラブルで最も多い症状というと、真っ先に挙げられるのが「視力の低下」で、加齢黄斑変性も当然視力の低下を伴います。ただ、加齢黄斑変性の場合、そのメカニズムが少し特殊なのです。

まずは以下に、加齢黄斑変性症を定義しましょう。加齢黄斑変性症とは、

年齢を重ねるとともに網膜色素上皮の下に老廃物が蓄積しすることにより、直接あるいは間接的に黄斑部が障害される病気

のことを指します。とは言っても、ちょっとイメージしづらいですね、これだけでは。専門用語というか、ちょっと耳慣れないことばもあります。なじみのない目のパーツだけに少々難しく感じられます。そこで、以下の図を見てください。

目の構造
目の構造

網膜周辺部の構造
網膜周辺部の構造

「網膜」、「黄斑」といった、あまりなじみのないパーツは上記の「目の断面図」からイメージしていただけるかと思います。イメージしていただけたところで、病名にもある「黄斑」についてもう少しお話しておくことにします。

「黄斑」の役割と加齢黄斑変性の大まかなイメージとは?

「網膜」は、映像を映し出すスクリーンともカメラのフィルムとも言われますが、目の一番内側の膜状の網膜のちょうど中央部に位置しているのが、「黄斑」であることが、図からおわかりいただけると思います。

この網膜に映し出された映像が電気信号として間脳と呼ばれる脳の一部に送られ、その映像情報が処理されることによって、私たちがものを見ることができます。黄斑は、外部から入ってきた光が当たるところです。

つまり、水晶体をはじめとするレンズ状のパーツ(透光体と呼びます)の焦点となっているのが黄斑なのです。厳密にいえば、黄斑の中央に当たる中心窩(ちゅうしんか)と呼ばれる部分がレンズの焦点になります。

黄斑は、私たちの視力の大部分を担う重要なパーツです。ところが黄斑の大きさは、直径にするとわずか1.5mm~2mm程度しかありません(下図)。黄斑では非常にクリアな映像情報を獲得できますが、それ以外の部分では光を正常にキャッチできないのです。

黄斑と中心窩

それゆえ、非常に小さな黄斑に異常が起こってしまうと、著しく視力が低下し、最悪の場合失明に至ります。したがって、加齢黄斑変性が、冒頭でお話したような失明の原因となってしまう症例を数多く招くのです。

そして黄斑に異常が起こる原因となるのが、2番目の図の網膜と脈絡膜の間に挟まれた網膜色素上皮細胞でつくられる老廃物です。老廃物が黄斑に与える異常の種類によって、加齢黄斑変性はいくつかの種類に分類されます(詳細は後述)。

いきなり少し専門的な難しい話になってしまったかもしれませんが、以上を踏まえつつ加齢黄斑変性をわかりやすく言いなおすなら、次のように言えるでしょう。

加齢黄斑変性とは、加齢により網膜の中心部である黄斑に障害が生じ、見ようとするところが見えにくくなる病気

大まかにイメージするなら、上記のイメージで問題ありません。ちなみに、黄斑の「黄」の文字は、キサントフィルと呼ばれる黄色色素がたくさん含まれているため、黄斑が黄色っぽく見えることに由来します。

それでは、さらにいくつかにわかれる加齢黄斑変性の症状についてここからお話することにしましょう。

加齢黄斑変性の分類とそれぞれの症状は?

加齢黄斑変性には、大きく分けると2つのタイプがあります。原因が網膜色素上皮細胞にあるか、脈絡膜にあるかでその症状が異なります。前者のタイプを「萎縮(いしゅく)型」、後者のタイプを「滲出(しんしゅつ)型」とそれぞれ呼びます。

萎縮型は、網膜色素上皮細胞が徐々に萎縮していくことからこのように名付けられた病型です。網膜色素上皮細胞の萎縮が網膜に異常をおよぼします。萎縮型加齢黄斑変性は、病巣自体はそこまで大きくなりません(下図)。

眼底写真でみる網膜の萎縮巣

問題は、滲出型加齢黄斑変性のほうです。滲出型では、脈絡膜新生血管と呼ばれる不正な血管がつくられることが直接的な原因となる病型です。脈絡膜でつくられた新生血管は、網膜色素上皮の下側に潜り込むように生長します。

あるいは網膜と脈絡膜の間に侵入するように生長します。いずれにしても、新生血管は不正な血管なので、すぐに血管破壊が起こったり、血液を漏出させたりすることによって、網膜に重篤な障害を与えます。

凝結性の高い血液が網膜下に侵入すると、網膜浮腫と呼ばれる重篤な腫れや、網膜下液と呼ばれる組織液の貯留が起こります。その結果、網膜は非常に大きなダメージを受け、病巣も非常に大きくなりやすいのが特徴です(下図)。

眼底写真でみる網膜の出血

次に、加齢黄斑変性の症状についてお話していきます。加齢黄斑変性には、大きく分けると3つのタイプの症状があります。それぞれ「偏視症」と呼ばれるタイプ、「視力低下、中心暗点」、そして「色覚異常」という3タイプの症状です。

それぞれの症状について、以下の表にまとめます。

偏視症 網膜の腫れ、網膜液化などにより網膜(スクリーン、カメラのフィルム)が歪むと、歪んだままの映像情報が視神経から脳に送られ、視野も歪む。(下図1)
視力低下、中心暗転 上記の偏視症がさらに悪化すると、黄斑部(視界の中心部)の視力が完全にゼロになり、部分的な失明状態に陥る。加齢黄斑変性のように網膜異常による視力低下、中心暗点は突発性、急変性のものが多く、病型では萎縮型よりも血管新生が起こる滲出型のほうが進行は早く、重症化しやすい。(下図2)
色覚異常 さらに症状が進行すると、色の判別ができなくなる。この状況は失明のリスクが高まる危機的状況といえる。

加齢黄斑変性の症状偏視症と中心部の歪みと中心暗点

客観的なスタンスに徹して上記の画像をご覧いただくと、「へぇ・・・」という程度にとどまるかもしれませんが、主観に置き換えてご覧いただくと、加齢黄斑変性の症状がいかに恐ろしい症状であるかをご理解いただけるでしょう。

そして、お料理や車の運転ができなくなる、あるいは字が読めなくなってしまうかもしれないこの病気が失明率、失明原因ともに高く、なおかつ日本人にも急増しているということを思い返すと、恐怖心もさらに大きくなるのではないでしょうか。

であれば、なおさらこの病気は予防の意識が重要になります。予防をするためには、まずは加齢黄斑変性の本質的な原因をはっきりと知る必要があります。病気の原因を完全に排除することで、予防の精度が高まるからです。

ということで、まずは加齢黄斑変性の本質的な原因から検証していきたいと思います。

加齢黄斑変性の原因はいったい何?予防はできるの?

上記でもすでに、加齢黄斑変性という病気の直接の原因については触れています。加齢黄斑変性には「萎縮型」、「滲出型」という2つの病型があって、それぞれこういう理由で起こりますよ・・・というお話を上でしました。

ただ、上記でしたお話は、加齢黄斑変性の本質的な原因ではなく、病気を発症するまでのプロセスというイメージに近いと思います。病気が起こるきっかけになっているのが、萎縮型であれば「網膜色素上皮の委縮」、滲出型であれば「新生血管の出現と生長」でした。

しかし本当に知りたい、知らなければならないのは、萎縮型であれば、なぜ網膜色素上皮が委縮しはじめるのか、そして滲出型であれば、なぜ血管新生が起こるのか、という部分に尽きます。

この部分が、実は加齢黄斑変性の最も本質的で重要な原因になってくるはずです。ところが残念ながら、このあたりの本質的な原因(メカニズム)は、まだよくわかっていない部分が多いようです。

ただ、どうもこういうことをすると加齢黄斑変性の原因になるのではないか、ああいうことをしていれば、加齢黄斑変性のリスクは小さいのではないか・・・といった、ある程度医学的、科学的な根拠のある仮説は立てられています。

このことについて、「加齢黄斑変性の予防」、そして「加齢黄斑変性を発症しやすい人」という2つのカテゴリーから分析してみたいと思います。

なぜ、そして誰に加齢黄斑変性が起こるのか

「加齢」黄斑変性というくらいですから、やっぱり加齢が最大の要因になることは間違いありません。では、なぜ加齢がそんな病気を引き起こすのかというと、たとえば生活習慣病の発症とも似通ったところがあります。

生活習慣病の場合、長年身体のいろいろな器官・部位を酷使してきたツケが、加齢によって表面化するケースが多いです。そのツケが目に現れたのが、加齢黄斑変性です・・・とは断言できませんが、それに近いものはあるでしょう。

加齢黄斑変性の発症原因のひとつに、網膜色素上皮細胞でつくられる老廃物が挙げられましたが、加齢によってそれまで少しずつ処理しきれないで残ってしまった老廃物が原因の一端であるとするならば、加齢によって発症することもうなずけます。

実際加齢黄斑変性は、「目の生活習慣病」といわれるほどです。それだけに、発症の明確なメカニズムは解明されていないものの、目にかかわる生活習慣が何らかのトリガーを触発して加齢黄斑変性を引き起こすと考えられます。

具体的な生活習慣でいうと、

  • 喫煙
  • 高脂肪の食事
  • 高血圧

などが考えられます。

以上の加齢黄斑変性の発症傾向を踏まえると、50歳以上の喫煙者、もしくは過去の継続した喫煙の経験があり、現在もしくは既往症に肥満、高血圧がある人(特に男性)の危険因子が高いといえそうです。

肥満や高血圧の原因のひとつに、「運動不足」なども挙げられますので、このように派生的な要因をピックアップしていくと、「50歳以上の男性」の多くは、加齢黄斑変性発症のリスクが高いと考えられるのです。

とはいえ、近年は健康意識の高まりが顕著で、喫煙者も減少傾向にあり、運動習慣を取り入れる男性も増えてきているといわれていますので、もしかしたらその傾向が加齢黄斑変性の打開策となるのかもしれません。

とすると、加齢黄斑変性の予防の可否についても、ある一定の結論が得られそうな気はしますよね。

▼関連記事
今、増加中の目の病気「加齢黄斑変性」になりやすいのはこんな人

加齢黄斑変性を予防するためには何をすべき?

どんな病気でもそうですが、根拠のある原因がわかっているなら、その原因をすべて排除すればパーフェクトに近い予防が可能になります。つまり、加齢黄斑変性を予防するためには、

  • 禁煙
  • 食生活の改善(高脂肪食や暴飲暴食の改善)
  • 高血圧の解消(塩分を控え、運動習慣を取り入れる)
  • といった基本的な生活習慣の改善が有効です。ただ、これはよく考えてみると、加齢黄斑変性ばかりでなく、極めて一般的な生活習慣病の予防にもオーバーラップしてきます。ただ、「目」というパーツのトラブルだけに、目特有の予防も考えたほうがよいでしょう。

    そのひとつに、「LEDライト(ブルーライト)」が挙げられます。LEDライトは、パソコンの画面やスマホ画面から発せられる波長が異なる波動を持つ光です。人間の目は、LEDライトの波長に適応するのが苦手な構造になっています。

    ですから、パソコンやスマホの画面と長時間継続的なにらめっこをすることによって、網膜に大きなダメージを負わせる要因になると考えられます。もちろんLEDライトによる目への弊害は、加齢黄斑変性ばかりではありません。

    ただ、加齢黄斑変性も、LEDライトの照射がひとつの原因となりうるとは考えられていますので、ブルーライトをカットするPCメガネ、スマホ眼鏡などを装着することによって、加齢黄斑変性の予防になる可能性は高いのです。

    食生活の面でも予防は十分可能です。まずは、目の健康といえば「ブルーベリー」を思いだす方も多いと思います。(特に北欧産)ブルーベリーに豊富に含まれているとされる「ルテイン」という成分が、加齢黄斑変性の予防に有効です。

    他にも、青魚やナッツ類に含まれる不飽和脂肪酸の一種「オメガ3脂肪酸」にも、加齢黄斑変性の予防に効果的であるといわれています。これらの栄養素や成分は、サプリメントから摂取することも、今では可能になっています。

    ルテインやオメガ3不飽和脂肪酸以外にも、高用量の抗酸化ビタミンと亜鉛を含有するサプリメントの摂取が予防効果を発揮します。今の時代は必要な栄養素をサプリメントから比較的簡単に摂取できるので、ぜひ積極的に使用していただきたいと思います。

    少し話がとっ散らかってしまったので、加齢黄斑変性の予防方法について、ここで改めてまとめておきます。

    加齢黄斑変性の予防のためにすべきこと

    • 禁煙、食生活改善など基本的な生活習慣の見直し
    • PCメガネ、スマホ眼鏡装着などによるLEDライト(ブルーライト)への対策
    • ルテイン、オメガ3不飽和脂肪酸、ビタミン、亜鉛などを補給できるサプリメントの利用

    しかしこれまで予防の知識がなかった、あるいはそもそも加齢黄斑変性に関する知識がなかった人は、もしかしたら病気の発症のリスクが高いかもしれません。万一加齢黄斑変性を発症したら、即座に治療を進める必要があります。

    ▼関連記事
    歪んで見えるときに疑われる目の病気「加齢黄斑変性」に効く食材

    万一加齢黄斑変性にかかってしまったらどうする!?

    ここまでいろいろ原因などについてお話してきましたが、加齢黄斑変性という病気は、基本的には「加齢」が最大の危険因子になります。今後ますます高齢化社会が進む日本においては、それだけ加齢黄斑変性にかかる人が増えることを意味します。

    しかも、パソコンやスマホの普及はもう「あって当たり前」のレベルまで進んでいますので、ひと昔前にくらべてもLEDライトの照射による目のダメージははるかに大きいといえます。つまり、誰にとっても加齢黄斑変性にかかるリスクはそれなりに高いことになるのです。

    視界が歪んだり視野に黒点ができたりする恐ろしい病気だけに、ほんとうに治療ができるのか心配になる患者さんも多いと思います。しかし加齢黄斑変性も他の病気同様、できるだけ早期に発見して治療を開始するのが最善の策になります。

    そこでここからは加齢黄斑変性の治療に関する情報も少し紹介していきたいと思います。ただし、現状では萎縮型の加齢黄斑変性に関しては、治療補法が見つかっていないため、萎縮型の治療方法については割愛します。

    滲出型加齢黄斑変性の治療方法とは?

    滲出型加齢黄斑変性の治療方法はいくつか考えられます。いずれにしても、滲出型の最大かつ直接の原因である新生血管への対処(さらなる血管新生を食い止める)ことが治療の目的になります。それではさっそく治療方法を検証します。

    滲出型加齢黄斑変性の治療方法は大きく分けて4つ、「薬物療法」、「光線力学的療法」、「レーザー凝固」、そして「手術治療」です。単独ではなく、複数の治療方法を組み合わせて行うこともあります。

    薬物療法は、主に注射治療になります。網膜周辺部の血管新生を食い止めるための有効な薬を注射により投与します。新生血管が生長する原因のひとつに、「血管内皮増殖因子(vascular endothelial growth factor=VEGF)」が関係していると推測されます。

    VEGFを阻害するために有効な薬(マウジェン、ルセンティス、アイリーアの3種)を注射で注入します(下のイメージ図)。定期的な注射が必要になりますが、定期検診をしながら血管新生の状況を確かめつつ、注射の回数を調整します。

    硝子体内注射による薬物治療

    次に光学力学的療法ですが、これは一種のレーザー治療になります。レーシック手術のように、角膜などどこかを削るタイプのレーザー手術とは異なります。造影検査によって血管新生が起こっている患部にレーザー照射します。

    黄斑の中心窩付近にビスダインと呼ばれる特殊な薬剤(光感受性物質)を点滴してから、この部分にレーザー照射を行います。その効果により、脈絡膜新生血管(不正な血管)を焼き切るイメージになります。

    少し治療のイメージがわかりづらいと思いますので、以下の図をご覧ください。図のように脈絡新生血管がなくなることを目的とするのが、光学力学的療法による治療の最大の狙いです。

    光学力学的療法

    光学力学的療法では、治療後48時間は強い光を目に当てないなどの注意が必要になります。当然病院で治療についての厳密なガイダンスが行われることが多いです。主治医などによる注意事項は絶対に守ってください。

    次にレーザー凝固による治療ですが、この方法は、かなり出力が強いレーザーを照射して病巣の一部を破壊するタイプの治療です。それゆえ、破壊したい病巣の組織が黄斑部におよんでいる状態ではこの治療は採用されません。

    レーザー凝固治療も、光学力学的療法と同じくレーザーを当てて脈絡膜新生血管を焼く治療方法です。しかしレーザーの出力が強いため、黄斑から離れた部位にできた新生血管だけがターゲットになります。

    また、加齢黄斑変性を手術によって治療する方法がないわけではありません。というよりかつては手術が加齢黄斑変性治療の王道でした。しかし現在は、上記の治療のほうが重視され、手術を採用するケースは少なくなりました。

    いちおう手術による治療方法にも簡単に触れておきましょう。手術治療もやはり新生血管を除去することを最大の目的とします。場合によっては黄斑の位置を移動する手術も採用されました。

    しかし現在では、あくまでも薬物とレーザーが治療法の主力です。

    ▼関連記事
    加齢で目の病気?もしや黄斑変性?今なら治療でクリアな視界に!

    目の病気もやっぱり日ごろの心がけが大切!

    上記からも想像していただけると思いますが、加齢黄斑変性という病気は、かかってしまうとなかなかたいへんな、とても怖い病気です。注射、レーザー、手術など大掛かりな治療が必要になるというだけでも精神的負荷は大きいです。

    加齢黄斑変性の民間療法的な改善方法もいろいろと語られているようですが、原因の多くが血管新生にある病気なので、そういった民間療法による改善方法を全否定するわけではありませんが、そう簡単にはいかないでしょう。

    ちなみに新生血管は、いわゆる悪性新生物(がん細胞)が増殖する際にもつくられるかなり悪質な血管です。血管を自ら新生し、自分が増殖するための栄養やエネルギーを供給します。血管新生が起こる病気は非常に厄介なのです。

    ですから加齢黄斑変性の場合、「発症後の改善」という意識よりも「発症前に予防」の意識を高く持ち、万一発症したら「徹底した治療」をほどこすべきであると考えたほうがよいかもしれませんね。

    予防という意味では、上でもお話しましたが、生活習慣を改善すること、つまりは「日ごろの心がけ」が何よりも重要になります。あとは、サプリメントを活用したり、運動を取り入れたりすることが重要です。

    それと、上ではお話しませんでしたが、内臓や血液の検査と同様、目の定期検診も自主的に実施することで、加齢黄斑変性のリスクは大幅に軽減されるはずです。これまで生活習慣の乱れや目の酷使を自覚している人は、定期検診を受けましょう。

    あ、それと、スマホやPC向けのメガネを装着してLEDライト(ブルーライト)への対策も忘れずに!

    新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

    キャラクター紹介
    ページ上部に戻る