TOP > 光視症

なぜかチカチカ!光が見える光視症

目に光があたっていると眩しいなと感じるのは普通ですが、目に光が直接的に当たっていないにもかかわらず、ピカピカ光ったようなものが見えることがあれば、それは光視症という目の病気にほかなりません。

光視症とは

通常、視界の中に何故か光のような物が見えるという場合、これは光視症という病気の可能性があります。飛蚊症という病気もありますが、この飛蚊症の場合は黒い蚊のようなものがみえるものですが、光視症は光が見えるような症状です。

どちらにせよこれは目の中の異常が引き起こしている病気とされています。いわゆる網膜剥離や、網膜の中に裂孔といって何らかの傷ができている時に起こります。誰でも起こりうる病気ですので油断しないほうがいいでしょう。

光視症の治療

光視症になたっとしても特に治療が必要ないことも多いです。飛蚊症と同じように、実際にはそこまで治療の必要がないことが多く、そのまま定期的な診察によって経過観察されることもあります。ただ、場合によってはレーザー治療などを施すことがあります。

レーザー治療などが必要になるのは裂孔が見つかった時や網膜剥離などが起こっていることが確認された時で、失明の可能性があるために早めの治療が行われます。それまでは定期的な診察を受けていれば特に問題はありません。

最近は目の悪い人も多いですし、メガネを掛けるときやコンタクトレンズを作るときに眼科に寄るという人も多いと思います。その時に一緒に定期的な検査をしてもらうといいでしょう。いつでも相談できる病院があると、気持ちも楽になるでしょう。

・青汁が目の健康に役立つ
視野に光が走る光視症は目の老化が原因!1日1杯の青汁が効果的?

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る