TOP > > ツボやウォーキングで腰痛予防!?予防方法を徹底紹介

ツボやウォーキングで腰痛予防!?予防方法を徹底紹介

腰痛を患うと、歩くたびに痛みを感じたりしますよね。そのため、日常生活を送るのにも苦労します。ですから、しっかり予防して腰痛にかからないように努めたいところです。そこで今回は、ツボやウォーキングなど、今すぐ始められる簡単な腰痛予防方法をご紹介します。

ウォーキングで腰痛予防!

腰痛予防には、ウォーキングがお勧めです。現代人は、運動不足に陥っている人が多いと言われています。運動不足は健康被害を引き起こす可能性がアップするため、警鐘を鳴らすドクターが多いです。

しかし、運動不足による弊害は、健康被害だけではありません。実は腰痛の原因にもなるのですよ。でもなぜ、運動不足になると腰痛を引き起こすのでしょうか?

それは運動不足になると筋力が衰えるからです。筋力が落ちる事で、腰を支える力が落ち、腰痛になってしまうのです。そのため適度な運動を行う必要があるのですが、激しい運動は逆に良くありません。

そこでお勧めしたいのが「ウォーキング」というわけなのです。特に水中ウォーキングを行うと、腰にかかる負担を軽減させつつ、必要な筋肉をつける事が出来ます。

腰痛に悩まされている方は、ウォーキングもしくは水中ウォーキングをお試しください。続けていく内に、腰痛知らずの健康な体に戻るかもしれませんよ!

ツボで腰痛予防!

腰痛予防には、ツボ押しもお勧めです。腰に痛みが出そうになったら、「後谿(こうけい)」と呼ばれる手のひらにあるツボを押してください。後谿は、小指側の感情線の端にあります。ツボ押しが初めてという方にも、とっても分かり易い場所に位置しているのです。

後谿は、4秒前後押して少し休憩し、また刺激するという方法でツボを刺激すると効果的です。ツボ押しの効果は全ての人に現れるわけではありませんが、効果が出ると実感する方も多いです。後谿は、手のひらにあり押しやすいですから、一度お試しください!

禁煙で腰痛予防!

喫煙が体に悪い事は、周知の事実です。でも、腰痛にも悪影響を及ぼす事をご存知でしょうか?実はたばこに含まれているニコチンには、椎間板に悪い事が分かってきています。椎間板を痛めてしまうと、ヘルニアなど激しい腰痛に見舞われる恐れがあります。ですから、禁煙する事が腰痛予防につながるのです。

突然禁煙というのが難しい場合は、少しずつタバコの本数を減らしたり、禁煙外来にかかって医学の力を借りると良いですよ。タバコが好きな方には少し酷ですが、腰痛予防のためにぜひ禁煙に挑戦してください!

このように、今すぐ始められる腰痛予防法は、意外にたくさんあります。またこれら以外にもストレスを溜めないようにしたり、バランスの良い食事を摂るようにすると、ますます効果的に腰痛予防が出来ます!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る