TOP > > 【テニスボールで腰痛が治った】類を見ない画期的な腰痛解消法

【テニスボールで腰痛が治った】類を見ない画期的な腰痛解消法

腰痛に悩む人はたくさんいます。厚生労働省の研究班の調査では、全国におよそ2,500万にも及ぶそうです。年代的には中高年の人が圧倒的に多く、40歳~60歳の人だけで全体の4割を占めるそうです。

腰痛は慢性化しやすく、その痛みで動くことが億劫になり、なおさら体を動かす事が億劫になり、さらに状態を悪くしている傾向があります。今回、この慢性腰痛にお悩みの方が、手軽に自分でできる腰痛解消法を紹介します。

腰痛の85%は原因不明

腰痛は、大きく分けると急性腰痛と慢性腰痛に分かれます。ぎっくり腰などの急性腰痛は、筋肉や粘膜の損傷や、腰椎関節の捻挫等によって、炎症を起こしている状態ですので、マッサージは不向きです。軽い場合は、治るまで腰を動かさないようにして治るのを待つか、酷い場合は病院にいきましょう。

慢性的な腰痛には、原因のはっきり特定されている腰痛と、原因不明の腰痛に分かれます。椎間板ヘルニアなどはっきりした病気が原因の場合は、病院で病気の治療を優先することが第一です。原因不明の腰痛は、特にはっきりした病気もないのに起こる、慢性的な腰痛をいいます。

原因不明といっても、全く原因が分からないというわけではなく、レントゲンやMRIを使った検査をしても、具体的な原因が判明しない場合です。そして驚くことに、腰痛全体の85%が、この原因不明の腰痛に悩まされているのです。実はこの原因の多くが、加齢による腰回りの筋肉の衰えや凝りによるものなのです。

現代社会の便利な生活が腰痛を生んでいる

一般的な慢性腰痛の原因は、運動不足と姿勢の悪さによるところが大きいと思います。現代社会は便利にはなりましたが、運動不足が慢性化しています。また、デスクワークでパソコンを使う仕事が多く、前かがみの姿勢で、腰に負担をかけた状態で1日中過ごす人が多くなっています。

このような腰に負担がいく生活が続くと、腰の筋肉の慢性的緊張と、加齢による筋肉の衰えなども加わって、慢性腰痛を引き起こします。

辛すぎる慢性腰痛が生活の質を著しく低下させる

慢性的に続く腰の痛みは、とても辛いですよね。また腰痛がひどくなると集中力にかけることになり、仕事の効率も落ちるだけでなく、生活全体の質も大きく下がってしまいます。30歳以上の人を対象にしたアンケート調査では、10年以上の長期間にわたり腰痛に悩まされている人が、66%にも上ったそうです。

また、「腰痛から解放されるなら、あなたはいくらお金を支払う事ができますか?」という問いかけに対して、平均で207万円、最高でなんと5億円という回答が出たそうです。本当に腰痛の辛さ、深刻さが分かりますね。

テニスボールを使った方法が効いた

辛い慢性腰痛に悩まれている方に朗報です。最近、テニスボールを使った腰痛解消法が、メディアでよく紹介されていますが、この方法が実に効くんです。実は私も1日のほとんどをパソコンに向かっていて動かないせいか、前から腰が痛くなり始めていました。

マッサージを受けたりすると良くなったりしたので、自宅にいて自分ひとりでできる良い方法がないかと探していたところでした。早速、試してみたところ、嘘のように痛みが軽くなりました。次にその方法を紹介します。

テニスボールを使った腰痛解消の方法

テニスボール2個を使って、腰痛のトリガーポイントにあて刺激することにより、腰痛を改善します。手順は下記になります。

準備作業

まず、テニスボール2個を用意します。なければゴルフボールや野球ボールでも代用できますが、大きさといい硬さといい、テニスボールが一番最適です。ない場合は高い物ではないので、ご購入をお勧めします。用意できたら、テニスボール2個を揃えて、ガムテープでぐるぐる巻きにして固定します。この2個のボールが指圧のポイントになります。

実際のやり方

まず、仰向けに寝ます。その次に、準備したテニスボール2個(ガムテープで固定されたもの)を、尾てい骨のこぶしひとつ分上、仙骨の部分にあてがいます。次に、ゆっくりと体重をかけた状態で、そのまま30秒から1分キープします。やるのはたったこれだけです。本当に簡単です。

でも、あくまでも動かさないでキープするだけです。体重をかけた状態で無理やりグリグリ動かすと、筋肉を痛めてしまう恐れがありますので、充分注意してくださいね。無理は禁物です。慢性腰痛に苦労されている方は、やってみる価値は十分あると思います。是非、挑戦してみてください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る