TOP > > 腰部脊柱管狭窄症の治療は手術しないと効果が現れないって本当?

腰部脊柱管狭窄症の治療は手術しないと効果が現れないって本当?

腰痛の原因は様々です。そのほとんどが心配のない腰痛、いわゆる筋肉疲労のようなものと言われています。しかし、ひとたび重度になると治療の難易度がぐっと上がってしまうのも特徴です。

腰部脊柱管狭窄症とは

耳慣れない病気ですが、文字通り腰の部分の脊柱管が狭窄してしまう病気です。その症状は腰痛、足のしびれ、ふらつき、脱力など。前かがみの状態が楽な姿勢であるのが特徴です。

残念ながら、殆どの人は加齢とともに背骨が変形してきてしまいます。この、背骨の変形が神経に触り症状をおこします。

背骨は「椎骨」という骨と「椎間板」という軟骨が上下交互に並んでいます。「椎骨」の大まかな構造は、体の前面にある“椎体”を支柱として、その後ろに中枢神経が通る“脊柱管”があり、“脊柱管”を背面から包むような形で“椎体”とつながっている“椎弓”とでできています。

背骨は、首からおしりまで一本に繋がり体を支えていて、上部は脳から下部は腰のあたりまで、背骨の中を中枢神経が通っています。

背骨を構成する“椎体”や“椎弓”などの骨が変形することによって、椎間板や靭帯などの周辺組織を歪ませ“脊柱管”を狭窄させてしまうのが「腰部脊柱管狭窄症」です。

“脊柱管”が狭窄してしまうと、中を通る中枢神経や末梢神経などの神経の束が、圧迫されたり、血行が悪くなったりといったような障害が起こり、痛みやしびれを引き起こします。

さらに、末梢神経からさらに末端へと向けて伸びる神経根が下半身へと向かっている為、重度になると足のしびれや痛みの症状となって伝わってしまうのです。その症状が「腰部脊柱管狭窄症」の特徴でもあります。

基本的な治療方法は“保存療法”です

まずは、保存療法から治療されるのが基本です。具体的には、痛みを取り除き、血流を促し、神経の働きを活性化させるといった治療が行われます。

薬物療法

注射や経口投与による投薬が行われます。消炎鎮痛剤、循環改善薬、ビタミン剤などが使われます。

ブロック療法

狭窄により圧迫されている部分の神経周辺に直接、注射により局所麻酔とステロイドを投与します。

理学療法

血行不良の改善の為に、赤外線療法、超音波療法、温熱療法が用いられます。また、コルセットなどを使用した装具療法、の他、牽引療法や、マッサージも有効です。

どうしても手術が必要な場合も

基本は保存療法ですが、やはり手術に踏み切らなくてはならない場合もあります。それは、保存療法で効果が見られない時です。

保存療法で症状が緩和されない場合、脊柱管内部の神経を圧迫している部分を除去する手術が必要になってきます。医師の指示に従い適切な治療法を選びましょう。

必要な手術療法をしないままでいると、神経の回復に支障が出てきてしまいます。さらに症状が進むと下肢の脱力や失禁などを起こす場合もありますので、重症化する前に整形外科を受診し、医師との相談の上ご自分に合った療法で治療しましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る