TOP > > 妊婦さん必見!産後の腰痛や膝の痛みの簡単予防法はこれが一番

妊婦さん必見!産後の腰痛や膝の痛みの簡単予防法はこれが一番

産後に腰痛や膝の痛みが出やすい理由

女性は、出産が近づくと固定されていた骨盤が緩み始めます。これは、骨盤が広がって赤ちゃんが産まれるための産道が作られるためです。

この時期は、ホルモンの分泌の変化により股関節など体全体の関節などにも緩みが出てきます。ホルモンの変化は出産前から始まって、出産後もおよそ半年近くまで続きます。

それと同時に、産後は元に戻ろうとする働きもあります。しかし、半年過ぎるとこの働きも弱くなり、靭帯によって固定されてしまいます。

出産後は、授乳の時などに悪い姿勢をとったりする事などで体に歪みが生じ、そのまま放置しておくと、腰痛や膝の痛みが出る事があるのです。

出産後半年は要注意

したがって、出産後半年は最も歪みが生じやすい、危険な時期だというわけです。

この時期の誤った姿勢による歪みは、そのまま放置しておくと膝の痛みなどが出たりします。その他にも多くの不調が現れる事もあるので要注意です。

  • 腰痛
  • 股関節や膝の痛み
  • 足のむくみ
  • 骨盤に違和感がある
  • 頭痛やめまい
  • 肩や背中のこり

これらを、たいていの人は産後誰でもある症状だと思ってしまうため、これも不調を悪化させてしまう大きな原因です。

腰痛・膝の痛みの予防

腰痛・膝の痛みは、間違った姿勢で起こる事が非常に多いので、まず自分の姿勢を見直してみましょう。

とはいっても出産後の大変な時期に、姿勢を見直したり改善する余裕などほとんどありません。しかし、出産前から正しい姿勢を心がけるだけで、腰痛や膝の痛みなど多くの不調を予防する事が可能です。

普段から正しい姿勢を心がけたり、悪い姿勢をしない事を習慣にしておけば、産後の腰痛や膝の痛みを予防できます。

こんな姿勢はタブーです

横座りの姿勢

座った時に腰が大きく左右にカーブするので、腰のずれが起こります。多くの人は、産後のこの姿勢が原因で腰痛を起こしています。

足を組む

これは、普段から癖になっている人もいます。椅子に座った時に足を組まずにはいられない人は、早急に改善しましょう。

後ろに反り過ぎる

胸を張ると酸素が多く取り込まれるのでいいのですが、必要以上に反るのは逆効果です。特に、もともと腰痛がある場合は絶対にいけません。妊娠が進むにつれ自然に後ろに反り気味になっていくので、特に注意しましょう。

座椅子で簡単予防

座る時は、柔らか過ぎない一般的な座椅子を利用するようにします。80°前後の角度にし、直角にしないようにして、両足を45°曲げて座ります。この時、下腹に力を入れたり緩めたりすると、より効果的です。

また、お腹の出具合によって、座椅子の角度を変えていきます。

これは家でいつでも出来るので、とても便利です。テレビを見たり本を読んだりしながら、横座りなどの悪い姿勢が予防・改善できます。また、下腹を動かす事で腹筋も鍛えられます。

Aさんは初めてのお産の後、両ひざに痛みが出て、立ったり屈んだりが大変でした。原因は、授乳時の横座りで骨盤が歪み、足の長さの差が左右で10㎝以上あり、膝に痛みが出た事がわかりました。

二度目のお産の前から、座る時は座椅子、椅子に座る時は足を組まない、立っている時は腰を反らないよう気を付けたおかげで、授乳時も無意識に横座りしなくなり、膝はもちろん、腰痛も全く無かったそうです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る