TOP > > 自転車をこいで腰痛改善!他の方法で改善しなかった人へオススメ

自転車をこいで腰痛改善!他の方法で改善しなかった人へオススメ

腰痛持ちの人がこれだけ多いということは、原因がひとつではないという証拠ですが、実に様々なタイプの痛みが腰にはあります。骨が原因の人、筋が張っている人、動かし過ぎた一過性の人・・・それぞれに合わせた痛み改善の運動法がありますが、今回ご紹介するのは自転車での予防法です。

どんな腰痛にも効く万能な運動はない

よく、「一瞬で腰痛が治った!」なんていう話を耳にすることも多いのですが、腰痛のタイプによって向いている改善法と向いていない方法があります。どんな腰痛でも一発で治る、という言葉を信じてあれこれやりすぎて逆に痛みが増す場合もありますから、改善法はよく吟味してから選びましょう。

腰痛のタイプとは?

改善法を選ぶ時に一番大事なのは、自分の痛みがどのタイプのものなのかを知ることです。

よくある、重い荷物を持った瞬間にグキッとなる一過性のものなのか、慢性的に痛むのか、何才頃から始まったのか、痛む時に連鎖して痛い場所があるか、右か、左か・・・。

これは素人判断では危険なので、一過性のもの以外は一度病院へ行って、骨や筋に原因がないかどうかよく診てもらう方が良いでしょう。

自転車を漕いで軽減する腰痛のタイプとは?

自転車というとママチャリのように上半身をまっすぐにして乗るタイプのものを想像する人もいるでしょうが、今回の自転車は、いわゆるロードバイク系で、上半身を前に倒して乗るタイプのものを指します。

これは、腰の痛みだけではなく、しびれを伴う、「脊椎管狭窄症」という症状を持つ人に向いた運動方法です。このタイプの人には、運動時には上半身をまっすぐにさせるよりも、少し前屈みの前傾姿勢をとる方が良いのです。

逆に前屈みになって痛みを感じるタイプの人にはオススメ出来ませんのでご注意下さい。

腰痛改善に効果が期待出来る自転車の選び方

先にご紹介していますが、今回の予防・改善に効果があるのは、いわゆるロードバイク系の自転車です。

このタイプの自転車は上半身を前に倒す前傾姿勢をとるために、脊椎管狭窄症による痛みとしびれを軽くしてくれます。痛みを軽くしたままで背筋や腹筋を鍛えることができ、骨まわりをしっかりと支えられるような体作りが出来ます。

ママチャリと呼ばれる普通のタイプの自転車を愛用してきた人は、それまでのインチを参考にして自分で選ぶのではなく、お店へ行って、体にきちんと合った大きさのものをプロに選んでもらう方が間違いがありません。

慣れている人達はかなりの前傾姿勢で路上を走っていますが、腰痛を持っている人は、最初からハンドルを下げるよりも高めにしておいた方が負担は少なくなります。どの高さが自分にはちょうど良いのかを、少しずつ下げながら調整してみて下さい。

そして、あまり本格的なロードバイクの場合には乗り心地よりも走る性能を優先している場合があります。クッション性が無さすぎると段差などの衝撃が腰にかかってきますから、振動への対策も考慮しましょう。

ギアも重くする必要はありませんので、軽めで脚をよく動かすように漕ぎましょう。重いペダルは負担をかけすぎるので、重めのペダルが好きな方は注意が必要です。

サドルの位置が低くても効果は薄れますので、またがって両足を地面につけた時に、両方ともつま先立ちになるくらいの高さを保ち、ペダルを回す時に脚がしっかり伸び縮み出来る余裕を作れる大きさが良いでしょう。

効果的な乗り方

自転車こぎで腰痛を改善した人の多くは、毎日少しずつ乗ることを心がけていると言います。適度な距離を毎日走り続けることが効果を高めるコツというわけですね。

どれほどの距離が適度かは個人差もありますが、自転車は必ず往復しますから、最初からあまり遠出をしないことも大事です。例えば通勤の一部を自転車に変えてみる、買い物を自転車で行くようにするなど軽めのところから始めて、慣れてきたら少しずつ距離を伸ばすようにしましょう。

そしてもうひとつ大事なことは、しばらく乗り続けた後で急にやめないことです。ある程度のリズムを持って続けていた運動を急にやめると、筋肉が突然落ち始めるので、腰痛はすぐに戻ってしまいかねません。

雨の日などは無理な外出をする必要はありませんが、天気が悪いほど歩いたり運動したりする機会が減りますから、あまり動かなかったな、と感じる日があれば、少しの時間を取って、軽くぐるりと走ってくると良いでしょう。

慣れるとどこまででも走れる気になるのが自転車です。ぜひ快適な走行を得て、楽しみながら腰痛改善を目指してみて下さいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る