TOP > > 安静に座っているだけなのに腰が痛くなるのはなぜ?

安静に座っているだけなのに腰が痛くなるのはなぜ?

「中腰で作業を続ける」などという姿勢が腰に負担をかけてしまうことは、誰の目から見ても一目瞭然ですが、意外と不思議に思われるのが「普通にただ安静にイスに座っているだけで、腰痛になることがあるのはなぜか」という点です。

疲れがひどい人に「ちょっと座って休んでなさい」というような声かけが一般的になされるくらい、「座って安静にすること=体に対する負担が軽い」というイメージがあるのですが、そんな安静な姿勢でも、座っている時間が長時間に及ぶと腰痛を引き起こしてしまうことが多いですよね。それはなぜなのでしょう?

意外!?座り姿勢は立ち姿勢よりも腰への負担が大きい!

たとえ安静にしていても、イスに長時間座っているだけで、どうして腰痛が起こってしまうのかというと・・・その最大の理由はズバリ、「座り姿勢は立ち姿勢よりも腰への負担が大きいから」です。

たとえ背筋を伸ばしてきちんと座っていても、座り姿勢による腰椎への負担は、立ち姿勢の1.5倍近くになると言われています。そしてさらに、デスクワークによくある「前かがみの座り姿勢」となると、腰椎への負担は立ち姿勢の2倍近くにまでなってしまうのです!

ちなみに、ソファに座った際も、お尻がソファの座面に沈みすぎることによって、前かがみに近いような姿勢になってしまうため、これも腰椎への負担はかなり大きくなると考えられます。

ずっと立っているだけでも腰痛になりやすいのに、座り姿勢はさらにそれよりも負担が大きいとなると、「長時間座っていると、腰痛になるのは当たり前」とも言えますね。

「動かない」からこそ腰痛になりやすい!

座り姿勢が腰痛を招きやすいもうひとつの大きな理由として挙げられるのが、「立っている時に比べて、動かない」ということです。立ち姿勢の人の場合、自分でも無意識のうちに多少は移動したりしますが、イスに座っている場合は、イスの座面にどっかりと腰をすえているわけですから、ほとんど動きません。

この「動きのなさ」が筋肉を硬直させ、さらに「腰椎の特定の部分にずっと負荷をかけ続ける」という状態になりやすいのです。

時々は「立って、動く」を実践しよう!

長時間座ることによる腰痛の発生を防ぐためには、「ずっと座りっぱなしにせず、1時間に1回程度は立って、少しだけでも歩く」というようにするのがおすすめです。1時間に1回がどうしても無理なら、2時間に1回は「立って動く」という動作を入れましょう。

出社から昼食の間に1回、昼食から退社までの間に2~3回のトイレ休憩をはさめば、「2時間ごとの、立って動く動作」ぐらいはできるはずですよ。できることならトイレに行くだけではなく、背筋を伸ばすストレッチなどを軽くしておくのがおすすめです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る