TOP > > 長寿の秘密発見!女性の平均寿命が長い3つの理由!

長寿の秘密発見!女性の平均寿命が長い3つの理由!

女性は、平均寿命が長い事で知られています。日本では女性の方が男性よりも、3年~7年程度寿命が長いと言われています。ですから高齢者施設などでは、女性入居者の方が圧倒的に多いんですよ。

でもなぜ女性の方が、平均寿命が長いのでしょうか?男性と比べ、女性の方が平均寿命が長い事には、きちんとした理由があります。そこで今回は、女性の平均寿命が長い3つの理由をご紹介していきます!

生活習慣の違いが寿命の違い!?

まず1つ目の、女性の平均寿命が長い理由は、生活習慣にあると言われています。男性と女性を比較すると、女性の方が健康的な生活を送っている人が多いです。喫煙、飲酒、暴飲暴食、睡眠不足など健康被害をもたらす要因は様々あります。

一般的に男性の方が、喫煙率、飲酒率、暴飲暴食に走る人、睡眠時間が不足している人が多い傾向にあります。またそれに伴い、大きなストレスを抱えている人も多いです。

ストレスは、万病の元です。つまり女性は、男性と比較すると生活習慣の乱れが少なく、病気にかかるリスクが低いのです。その為、平均寿命も長くなっていると考えられています。

女性ホルモンの力で寿命がアップ!?

続いて2つ目の、女性の平均寿命が長い理由は、女性ホルモンにあると言われています。女性ホルモン(エストロゲン)には、中性脂肪やコレステロールを抑制する働きがあります。中性脂肪やコレステロールが高ければ動脈硬化を起こしやすくなります。

そして動脈硬化を起こすと、脳卒中や心筋梗塞のリスクがアップします。しかし女性は、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの働きによって、中性脂肪やコレステロール値が抑えられますので、脳卒中などの恐ろしい病にかかるリスクが低いのです。

脳卒中などの血管系疾患は、死をもたらすこともある恐ろしい病気です。つまり女性は、こういった死をもたらす恐ろしい病気にかかるリスクが低いので、男性と比べ女性の方が、平均寿命が長くなっているのです。

定期検診で寿命がアップ!?

最後に3つ目の、女性の平均寿命が長い理由は、病院受診率が高い事にあります。男性と比較すると、女性の方が病院に行く人が多いという調査結果があります。つまり、何らかの病気にかかっていても、早期発見早期治療が可能なのです。

やはり病気の発見は、早ければ早いほど完治の確率が高くなります。ですから、定期検診はとっても大切なんですよ。男性は仕事をしていますので、中々平日に病院に行くことが難しいのかもしれません。

しかし、忙しいからと体調不良をほったらかしにすると、病気が進行して重病化する可能性もあります。ですから、時間を見つけて定期検診や健康診断はしっかり受ける事が大切です。

このように、女性の平均寿命が長い理由は、生活習慣が乱れていない人が多い、女性ホルモンに守られている、定期検診などをきちんと受けているという点があげられます。男性も生活習慣を整えたり、定期検診をしっかり受けるなどすることで寿命がアップするかもしれません!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る